ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2021年03月19日 14時19分 公開

カバンの中で勢いよく発火、発煙 リチウムイオン電池の事故、国民生活センターが再現動画で注意喚起

国民生活センターがリチウムイオン電池や充電器の発煙、発火事故の再現動画を公開した。日常生活に潜む危険な状況をサーモグラフィの画像付きで動画にした。

[ITmedia]

 国民生活センターは3月18日、増加傾向にあるリチウムイオン電池や充電器の発煙、発火事故について注意喚起するため、事故の再現テストを動画にして公開した。

マネキンが持つカバンの中でモバイルバッテリーが勢いよく発火、発煙した様子
充電端子に導電性の異物(砕いたシャープペンシルの芯)が混入、端子部の温度が急上昇した様子
寝具の中で熱くなるモバイルバッテリーの様子

 モバイルバッテリーの充電端子に導電性の異物(砕いたシャープペンシルの芯)が混入して短時間で温度が急上昇する様子、充電しながら動画を連続再生しているスマートフォンが寝具の中で熱くなる様子など日常生活に潜む危険な状況をサーモグラフィの画像付きで動画にした。

 動画の最後はマネキンが持つカバンの中でモバイルバッテリーを熱暴走させるテスト。勢いよく発火、発煙する様子が見てとれる。

 消費者センターは、1)充電中に異常を感じたら直ちに使用を中止する、2)リチウムイオン電池が膨張したら使用しない、3)適切な充電器を使う、4)使用中や充電中は発熱することを認識する、5)製造・販売元や仕様が不明確な商品を購入しない、を注意点として挙げた。

 東京消防庁が2020年9月に発行した「令和2年版 火災の実態」によると、リチウムイオン電池関連の製品からの火災は年々増加しているという。国民生活センターにも「充電端子が発熱、発煙した」「リチウムイオン電池が膨張した」といた相談が継続的に寄せられており、中には充電中に爆発し、火災になった事例もあった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.