ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年07月20日 18時10分 公開

Apple純正の「MagSafeバッテリーパック」を試す(1/2 ページ)

iPhone 12の背中にちょこんとくっついて充電できる純正バッテリーパックを詳細レビューした。

[ITmedia]

 Appleが発売を開始した、iPhone 12シリーズ用MagSafe接続対応バッテリー「MagSafeバッテリーパック」を試してみた。

photo Apple MagSafeバッテリーパック

 iPhone 12 mini、iPhone 12、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxの背面に吸着させ、最大5W出力で充電可能だ。バッテリー容量は1460mAh(7.62V/11.13Wh)。価格は1万1800円(税込)だ。

photo Apple MagSafeバッテリーパック

 iPhone 12 mini本体のバッテリー容量は2227mAh、iPhone 12本体のバッテリー容量は2775mAh、iPhone 12 Pro本体のバッテリー容量は2775mAh、iPhone 12 Pro Max本体のバッテリー容量は3687mAhなので、約35〜65%のバッテリー駆動時間を延ばせる事になる。

 Apple MagSafeバッテリーパック本体の重さは115g。

photo Apple MagSafeバッテリーパック

 iPhone 11 Pro Smart Battery Caseは99g、iPhone 11 Pro Max Smart Battery Caseは120gだったので、ケースがない分軽くなったわけではないようだ。

 iPhone 12 ProにMagSafeバッテリーパックを接続してみた。

photo iPhone 12 Pro:MagSafeバッテリーパック

 Smart Battery Case仕様ではなくなったため、簡単に装着、脱着できるようになった。

 すでに他社から発売されてるMagSafe対応バッテリーの方が安いので、充電するだけならApple純正でなければいけない理由はない。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.