ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年08月04日 07時11分 公開

Twitter、「ラベル付け」に異議申し立てできる機能のテストを日本などで開始

Twitterは、センシティブな内容だとしてラベル付けしたツイートの投稿者が異議申し立てできるようにするテストを開始した。対象はメキシコ、米国、日本の一部のユーザーだ。

[ITmedia]

 米Twitterは8月3日(現地時間)、ツイートに「ラベル付け」されたユーザーが異議申し立てできる機能のテストをメキシコ、米国、日本で開始したと発表した。


 ラベル付けは、ツイートに「センシティブなメディア」が含まれているとTwitterが判断した場合に行う。ラベルが付いていても、そのラベルをクリックすればツイートを表示できる。

 label 1 ラベルの例

 センシティブなメディアとは、過度にグロテスク、暴力的、または成人向けコンテンツを含むメディアを指す(関連するTwitterのヘルプセンター)。

 label 2 ラベル付けの説明

 テストでは、ラベルを付けられたツイートのツイート自体(Webのみ)あるいはラベルから申し立てできる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.