ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年08月25日 17時29分 公開

「10分でお届け」 宅配専用スーパー「ダークストア」日本開業、専業ベンチャーが都内に

配送専用のスーパー「ダークストア」が都内にオープンした。「注文から10分以内で届ける」という。専業のベンチャー企業による初出店だ。

[ITmedia]

 欧米などで広まっている、配送専用のスーパー「ダークストア」が8月25日、東京都目黒区にオープンした。専業のベンチャー企業OniGO(渋谷区)が運営する店舗で、食料品や生活用品を、半径1キロ以内のエリアに「注文から10分以内で届ける」という。年内に都内で25店舗の出店を目指す。

photophoto OniGoのアプリイメージ

 店舗名は、社名と同じ「OniGO」。野菜や生鮮食品、菓子、調味料、トイレットペーパー、キッチン用品、洗濯用品などを扱う。

 専用のスマートフォンアプリから注文を受け付け、10分以内に配達員が自転車で届ける。営業時間は午前10時〜午後10時で年中無休。宅配料金は300円(税込、初回のみ無料)。

 アプリはAndroid/iOSに対応。6月の創業から2カ月で、Android/iOSアプリ、社内システムをフルスクラッチで開発したという。1号店は「感度の高い人たちが集う街」(同社)として学芸大学エリアに開業した。

 廃業した実店舗などを物流拠点にし、客を店舗に入れない配送専用スーパーは、「ダークストア」と呼ばれて欧米などで増えている。OniGOは「コロナ禍でのネット注文による宅配サービスが定着し、日本でもダークストアの需要が見込まれる」ため参入したという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.