ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年08月26日 20時31分 公開

「今までのやり方は通用しない」 ウイイレ改め「eFootball」はボール周辺5mが進化

コナミが秋にリリースするサッカーゲーム「eFootball 2021」のプレイ動画を公開。新しい操作や改良のポイントを紹介した。

[ITmedia]

 コナミデジタルエンタテインメントは8月26日、秋にリリースするサッカーゲーム「eFootball 2021」のプレイ動画を公開した。1対1の駆け引きなど「ボール周辺5mの進化」をテーマに新しい操作や改良のポイントを紹介。「eFootballに今までのやり方は通用しない」としている。

「eFootball 2021」ではボールタッチの強弱を自在に操れる

 イニエスタ選手とピケ選手をアドバイザーに迎え、現実のサッカーの1対1の場面を徹底的に分析した。ゲーム中はボールや選手の移動速度、体の向き、フィジカル能力などがリアルタイムに評価され、選手の動きに影響を及ぼす。

 ボールの蹴り出しとスピードはアナログ操作でコントロールできるため、足元での相手を誘うようなタッチやスペースへの鋭い蹴り出しも。PS5ではハプティックフィードバックとアダプティブトリガーに対応し、ボールタッチや体のぶつかり合いなども感じ取れるという。

 トラップ時やドリブル中の動きも自由度が上がる。間合いとタイミングによるディフェンダーとの駆け引きを楽しめる。

相手のパスを奪った

 ディフェンスでは相手のパスやシュートを読んでブロックする操作を追加。また現実のサッカーで重要な体を使ったディフェンスを再現するため、フィジカルがウリのディフェンダーが活躍するという。

 動画ではリリース後のアップデートにも触れた。例えばパスやシュート時に強いキックを可能にする操作を追加する予定。鋭いクロスボールや高速の低弾道パス、ライジングシュートなどが発動する。ただし力を込めたキックには時間が掛かるため、いかにフリーな状況を作るかがポイントになるという。

 eFootball 2021は基本プレイ無料。秋からPlayStation 4/5、Xbox Series X/S、Xbox One、Windows PC(Steam)、iOS、Androidに向けてリリースする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.