ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年07月21日 20時13分 公開

ウイイレは「eFootball」に 秋に基本プレイ無料で登場

コナミデジタルエンタテインメントは「ウイニングイレブン」を「eFootball」に改称し、秋に新たなスタートを切ると発表した。

[ITmedia]

 コナミデジタルエンタテインメントは7月21日、サッカーゲーム「ウイニングイレブン」(ウイイレ)を「eFootball」に改称し、秋に新たなスタートを切ると発表した。「世界最大のeスポーツプラットフォームへと進化する」としている。

公式動画より © Konami Digital Entertainment

 フィールド上にある「全て」を再現するため、サッカーゲームエンジンを刷新した。新たなアニメーションシステムを構築し、操作も見直した。

 例えばリアルな1対1の駆け引きを実現するため、ピッチ上で選手が行う膨大な動きを全てアニメーション化。選手のスピードやボールの位置など状況に応じて適切な瞬間を再生する「モーションマッチング」という技術で緊張感と納得感のある1対1が実現したという。

 eFootballという名称は現行タイトル「eFootball ウイニングイレブン2021」やウイイレの公式eスポーツ大会の名称として使用してきたもの。ゲームエンジンの刷新を機にタイトルを変えて新たなスタートを切るとしている。

機能追加のロードマップを公開。冬には全てのデバイス間で対戦できるようになる

 新タイトル「eFootball 2021」は秋に登場する見通し。PlayStation 5、Xbox Series X/Sといった新世代のゲーム機を始め、PS4やXbox One、Windows PC(Steam)、iOS、Androidなど多くのプラットフォームに対応する。

 基本プレイは無料。冬には全てのデバイス間で対戦できるようにしてeスポーツ大会を開催するという。

 ウイニングイレブンは1995年発売のPlayStation用ソフト「Jリーグ実況ウイニングイレブン」に始まるサッカーゲームのシリーズ。実在するチームでのプレイなどで人気となり、シリーズ累計販売本数は1億1000万本を超えた(20年時点)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.