ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2021年10月28日 12時28分 公開

「声を出さない応援」できてる? 巨人戦で測定 OKI、東京ドームで実験

[ITmedia]

 沖電気工業(OKI)は10月28日、「声を出さない応援」が求められている会場で、実際にどの程度、歓声が抑えられていたかを定量的に把握する実証実験を、東京ドームで今年4月と7月に行われたプロ野球読売ジャイアンツ戦で行ったと発表した。

画像 ニュースリリースより

 東京ドームの観客席にマイクアレイを3台設置。試合中の会場全体の音を収録し、その音響データを分析した。

 マイクアレイの指向性をビームフォーミング技術で制御し、会場全体の音から、歓声以外の音(打球音や場内アナウンス)を分離。歓声以外の音を約15dB抑制することで、歓声音のレベル測定に成功した。歓声レベルの推移も測定できた。

 同社はこの技術について、コロナ禍におけるイベントでの「声を出さない応援」の実効性を示す指標の一つとしての活用を目指し、さらに検証を進める。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.