ITmedia NEWS > セキュリティ >
セキュリティ・ホットトピックス
ニュース
» 2022年07月11日 14時00分 公開

読売新聞オンラインで個人情報漏えいか 最大7441件

読売新聞オンラインの会員情報管理システムが不正アクセス被害を受け、最大7441件の会員情報が漏えいした可能性がある。

[ITmedia]

 読売新聞社は7月8日、Webメディア「読売新聞オンライン」の会員情報管理システムが不正なアクセスを受け、最大7441件の会員情報が漏えいした可能性があるとして謝罪した。同社は外部サービスなどから流出したログイン情報を流用したパスワードリスト型攻撃とみている。

photo 情報漏えいの経緯と詳細

 不正アクセスがあったのは6月25〜27日と7月2〜4日。期間中にアカウントにログインし、個人情報を閲覧された読売IDは7441件。そのうち不正ログインが疑われるものは2070件としている。閲覧された可能性がある情報は氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレスなど。クレジットカード情報は含まれない。

 再発防止に向けては「今後、同様の事象が発生しないよう、より一層のセキュリティ強化に努めてまいります」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.