ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2022年10月31日 12時28分 公開

液晶で光の広がり方を変える“自由な照明”、ジャパンディスプレイが量産へ 「照明の世界に革新」

ジャパンディスプレイは31日、液晶技術を使って照明の光を制御する「LumiFree」の量産技術を確立したと発表した。2023年4月に量産を始める。

[ITmedia]

 ジャパンディスプレイ(東京都港区)は10月31日、液晶技術を使って照明の光を制御する液晶材料「LumiFree」の量産技術を確立したと発表した。2023年4月に量産を始める。

トキコーポレーションが23年4月に発売する「LumiFree」採用製品

 新開発の液晶材料を光源LEDの前方に設置。電気制御で屈折率を変えることで透過する光を操る。縦/横の2軸で光の広がり方を制御できるため、これまでは不可能だった縦長や横長、楕円といった明かりを作り出せるという。

 ユーザーは機器を導入した後にスマートフォンアプリなどから操作して配光特性を変更できる。ジャパンディスプレイは「これまで、導入後には困難だった配光特性の制御を可能にした。照明の世界に革新をもたらす」としている。

 LumiFree採用製品は装飾照明の開発製造を手掛けるトキコーポレーション(東京都大田区)が23年4月に発売する予定だ。

「LumiFree」の仕組み
光の広がり方(配光特性)は縦/横の2軸で制御できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.