Special
» 2020年10月08日 10時00分 公開

エネルギーのデジタル化をけん引:ファーウェイが日本で初のデジタルエネルギー製品の巡回展、注目の新製品を一挙公開

ファーウェイが日本で初となるデジタルエネルギー業界向け新製品の巡回展を開催。ソーラー・蓄電からUPS・バッテリー製品まで、注目のファーウェイ製品についてその機能や特徴を直接確かめられる貴重な機会だ。

[PR/スマートジャパン]
PR

 ファーウェイは現在、日本全国でデジタルエネルギー業界向け新製品の巡回展示会を開催しています。最新の住宅用蓄電ソリューション、次世代の自家消費者向けソリューション、モジュール式のスマートデータセンターおよびUPSソリューション、ブレードサイト電源ソリューションなど、豊富な通信インフラやエネルギー業界向け製品を展示するとともに、専門スタッフがその機能や特徴について直接説明を行います。

 その技術とソリューションが業界やメディアの注目を集めているファーウェイ。今回の巡回展示会では、各製品・技術の紹介だけでなく、エネルギーのデジタル化に向けた未来の動向、そしてお客様の抱える課題や要望を直接お聞きする場となることも期待しています。ぜひこの機会にご来場ください。

巡回展示会日程
場所 日時
名古屋 2020年10月23日(金)
福島 2020年10月28日(水)〜29日(木)(仙台開催は福島に変更)
東京 2020年11月5日(木)〜6日(金)
(図1)巡回展示会のテーマは「エネルギーのデジタル化をリードし、グリーンでインテリジェントな世界を構築する」

世界の主流となりつつある太陽光発電を、先進的な技術でリードする

 ファーウェイ デジタルパワー事業部の張巍巍(ジャン・ウェイ)は、「世界は、ビッグデータ、人工知能、産業用インターネット、新エネルギーを利用したモビリティなど、急速な産業構造の変化とデジタル経済に向けた社会変革が加速しています」と説明します。

 こうした社会変革が進むなか、デジタル化が進む社会を支えるインフラであるエネルギーも、再生可能エネルギーや蓄電池といった分散電源の導入拡大など、大きな構造変化に直面しています。そうしたなかでファーウェイは、独自のデジタル・エネルギー技術とパワー・エレクトロニクス技術を組み合わせた高度なエネルギー管理ソリューションを提供し、エネルギー産業のデジタル化とグリーンでスマートな世界の構築を支援します。

 世界では太陽光発電が新エネルギー開発の主流となりつつあります。ファーウェイは太陽光発電分野のデジタル技術とAI技術の融合という、先進的な取り組みにいち早く着手した企業です。実際に、AI搭載の追尾架台アルゴリズム、スマートIV診断、フレンドリーな系統連系アルゴリズム、AFCI(アーク故障回路即断)などの先進技術を開発し、発電所の能力の最大化や高度なO&Mの構築、均等化発電コスト(LCOE)の低減を支援しています。

 また、AIを活用した太陽光発電システムは、その役割が再定義され、各種機器のセンシング、コネクテッド、インテリジェントを備えたIoTシステムへと進化します。巡回展ではこうしたAIによる太陽光発電の再定義についても紹介します。

高効率エネルギーに特化した「オールシナリオ」ソリューションで通信事業顧客のニュービジネスを支援 

 次世代通信は従来より数十倍のピークデータレートを持つ一方、その消費電力は数倍になります。そのため、通信事業者はアンテナへのエネルギー供給やエネルギー消費量などの面で、大きな課題に直面することになります。

 こうした課題に対して、ファーウェイは「シンプル・インテリジェント・グリーン」なサイトエネルギーターゲットネットワーク構築アプローチを提案。あらゆる状況に対応可能なオールシナリオソリューションで、通信事業者のE2E(End to End)のTCO(Total Cost of Ownership)を削減できるよう支援します。

オンデマンドで高効率なUPSソリューションを提供

 データセンターの大規模化が進むことにより、事業者は建設期間の長期化や冷却に必要な消費電力量の増加、メンテナンスコストの増大といった課題に直面しています。

 これらの課題に対処するため、ファーウェイは「シンプル、グリーン、インテリジェント、セキュア」をコアバリュー機能とする次世代UPSソリューションを提案。完全なモジュール化設計、電源と配電の最適なマッチング、リチウム電池の活用、O&Mコストの削減などを実現しており、ワット単位当たりで高いコンピューティングパワーを得られる、コストパフォーマンスの高いデータセンターの迅速な立ち上げを可能にしています。

 ファーウェイのエネルギーソリューションは、2020年第1四半期までに2730億kWhの電力を節約し、2億2000万本の植林に相当する1.7億トンのCO2排出量削減に貢献しています。その特徴・機能を、この機会にぜひ一度ご覧ください。ご来場をお待ちしております。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:華為技術日本株式会社/ファーウェイ・ジャパン
アイティメディア営業企画/制作:スマートジャパン 編集部/掲載内容有効期限:2020年11月7日

関連記事

ICT業界のリーディングカンパニー、HUAWEI(ファーウェイ)は太陽光発電用パワーコンディショナーの分野でも世界トップクラスの実績を誇る。日本においても、その影響力は増すばかりだ。スマートソーラー事業部本部長の張巍巍(ジャン ウェイ)氏に、市場の見通しと“次の一手”を聞いた。

HUAWEI(ファーウェイ)が、日本の太陽光発電市場の可能性に挑む。その新型パワーコンディショナは、低圧太陽光発電所の収益性を劇的に高めるものになるという。新FIT価格に対応し日本独自のニーズに応える、圧倒的ポテンシャルを秘めた“次世代ソリューション”が登場した。

英国の国際調査機関Wood Mackenzieが、2019年における太陽光発電用パワコンの世界シェアに関する調査結果を公表。グローバル出荷量のトップはファーウェイで、5年連続でトップシェアの座を堅持している。

太陽光発電所のO&M(オペレーション&メンテナンス)とアセットマネジメントにおいて、国内トップクラスの受託実績を誇るオリックス・リニューアブルエナジー・マネジメント。同社は、なぜファーウェイを選ぶのか── 実質O&Mコストの削減に挑み続ける、戦略責任者の百合田和久氏に聞いた。