キーワードを探す
検索

「コンサート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

コンサートやスポーツの試合会場近くでチケットを高額転売する「ダフ屋」が姿を消した。背景には転売の主戦場がネットに移ったことがある。警視庁は転売すると違法となる「特定興行入場券」の普及を図り、ネットでの不正転売撲滅を目指している。

()

コンサートやスポーツ観戦などのチケットの不正転売を防止するため、警視庁は音楽団体やプロ野球球団などと「チケットの適正な流通に関する協定書」を締結した。「各団体と連携し、違法な転売の注意喚起を行っていきたい」としている。

()

世界有数のオーケストラ、ロンドン交響楽団(LSO)が活動の使命の一つとして教育プログラムに積極的に取り組んでいる。その教材集を含むアプリケーションの日本語版がWeb上で初公開され、東京都内の中学校などでさっそく授業に活用された。音楽家も演奏だけでなく、教育を通じて地域に貢献する時代。オンラインでならコロナ禍で演奏会が難しい状況でも成果と貢献が期待される。

()

日本マイクロソフトはコラボレーションツール「Microsoft Teams ライブイベント」とMixed Reality(複合現実)技術である「HoloLens 2」を活用し、見学者目線の工場見学をリアルタイムで遠隔地に配信する「おうちで工場見学を楽しもう!!リモート社会科見学」を開催。2020年6月27日には第1弾となるキリンビバレッジ湘南工場、同年6月28日にはJAL羽田整備工場において実施した。

()

サイバーエージェントが、音楽ユニット「EXILE」などが所属する芸能事務所LDH JAPANと合弁会社「CyberLDH」を設立した。新会社はLDH JAPAN所属アーティストのコンサート映像や、メンバーが生出演するWeb番組を配信する動画サービス「CL」を運営する。会長はLDH JAPANの森雅貴CEO、社長はサイバーエージェントの藤田晋社長が務める。

()

「セキュリティ環境が必要な部屋の入退室」「イベントやコンサート会場での本人確認」「空港の出入国管理」――このようなイメージが強い「顔認証」システムだが、実は利用シーンが広がってきているという。主な用途や今後の顔認証システムの可能性について、NECの担当者にITmedia ビジネスオンラインの記者が話を聞いた。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る