キーワードを探す
検索

「容疑者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード
最新記事一覧

「刺さなければ、自分が殺されていた」。元農林水産事務次官の熊沢英昭容疑者(76)=殺人未遂容疑で逮捕=は、引きこもり状態だった長男で無職の英一郎さん(44)を殺害した理由をこう供述した。長期化した引きこもりは、支える側の家族が体力や経済的、精神的な限界を迎え、出口が見えなくなるケースも多いという。

()

産経新聞が高齢の親と中高年のひきこもる子の現状を取り上げた連載「8050の実像 中高年ひきこもり61万人」(5月14〜16日付朝刊)の掲載後、読者から相談先に悩むお便りが複数寄せられた。岩崎隆一容疑者は長期間にわたり、ひきこもり状態だったとされる。自宅にひきこもってきた当事者や家族はどこに助けを求めればいいのか。専門家に聞いた。

()

川崎市多摩区の殺傷事件をめぐっては、岩崎隆一容疑者(51)が児童らを襲った直後に自殺したことから、無関係な人を道連れにした「拡大自殺」だったとの見方も出ている。孤立感や絶望感を深めた末の無差別殺傷事件は繰り返されてきた。理不尽な悲劇の連鎖はどう生み出されるのか。

()

江戸川区の公園で許可なく夜間にドローンを飛ばしたなどとして、警視庁葛西署は、航空法違反と偽造有印私文書行使の疑いで、自称解体工の加賀隆司容疑者を逮捕した。調べに対し、容疑を認めた上で、「広い場所では飛ばせると思っていた」と供述しているという。ドローンの無許可飛行容疑での逮捕は都内で初めて。

()

秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまが通われるお茶の水女子大付属中学校の机に刃物が置かれた事件で、2本のナイフを槍(やり)状にした手製の刃物が、新約聖書や人気アニメに登場する「ロンギヌスの槍」に似ていると注目されている。警視庁に建造物侵入容疑で逮捕された容疑者は、天皇制を批判する供述をしているが、刃物の形状にも意味があるのか。

()

Wikileaks創設者、ジュリアン・アサンジ容疑者が11日、英当局に逮捕された。身柄引き渡しを求める米国のメディアは、同容疑者の姿勢を「ジャーナリズムではない」と糾弾。一方、“共謀”が疑われているロシアの高官は「逮捕は報道の自由に反する」と英米を批判しているが、露メディアの見方は露政府の主張に冷ややかだ。

()

日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(65)の弁護団が9日公開した、ゴーン容疑者がオマーンの販売代理店に日産資金を不正に支出したとして会社法違反(特別背任)容疑で再逮捕される前日に撮影した動画。日産自動車の現経営陣を痛烈に批判する一方、事件の詳細については語らなかった。

()

無限ループプログラムのURLを掲示板に書き込んだ3人が不正指令電磁的記録供用未遂の疑いで摘発された事件で、被疑者の弁護士費用を集める寄付の募集を日本ハッカー協会が始めた。「弁護士を付けることができれば、不起訴処分にさせたり裁判で無罪の判決を得ることも可能」とみている。現金のほか仮想通貨での寄付も可能だ。

()

3月29日に109シネマズ名古屋で開幕する「爆音映画祭」で上映予定の「シン・ゴジラ」は予定通り上映。麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたピエール瀧容疑者が出演しているが、「作品自体は誰もが楽しめるエンターテイメント作品であることから予定通り上映することにした」という。

()

コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕された電気グルーヴのメンバーで、俳優のピエール瀧容疑者(51)。その衝撃は収まる気配がない。出演映画などの撮り直しをはじめ、電気グルーヴが所属するソニーミュージックレーベルズでは、CDや映像作品の出荷停止と店頭からの回収、デジタル配信の中止を発表した。瀧容疑者が登場するゲームも発売や配信を中止。だが、そこは絶大な人気を誇っていた人物。オークションサイトなどでは早くも奇妙な現象が起き始めている。

()

昨年11月から行方不明となっていた菊池捺未(なつみ)さんが茨城県内で遺体で見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された無職、広瀬晃一容疑者が、海外の会社が運営する携帯電話の通信アプリで菊池さんと知り合ったとみられることが2日、捜査関係者への取材で分かった。

()

2カ月余り前から行方不明になっていた日本薬科大1年、菊池捺未(なつみ)さんの遺体が見つかった。菊池さんはゆかりのない土地に住む広瀬晃一容疑者とインターネット上で接点を持ち、初めて会った直後に事件に巻き込まれた可能性が高い。

()

ポーランド情報当局は今月11日、中国通信機器大手「華為技術」(ファーウェイ)の現地社員2人をスパイ容疑で逮捕したと発表した。その中の1人は、華為技術の現地法人責任者の王偉晶容疑者である。この事態にどう対処するかが注目される中で、逮捕発表の翌日、華為技術はさっさとこの2人の社員を解雇した。

()

前会長のカルロス・ゴーン容疑者が逮捕された日産自動車にとって、今年は事件の要因となったコーポレートガバナンス(企業統治)の改革が最大の課題となる。月内に、既に設置した「ガバナンス改善特別委員会」で議論を本格化させる。6月下旬の定時株主総会で経営刷新や組織的な手当てを正式に決める方向で検討しているが、筆頭株主の仏ルノーは早期の臨時総会開催を求めており、調整が必要だ。

()

東京地検特捜部は10日、日産自動車の有価証券報告書に役員報酬を約50億円少なく記載したとして、前会長のカルロス・ゴーン容疑者と前代表取締役、グレゴリー・ケリー容疑者、法人としての日産を金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪で起訴した。

()
関連キーワード
キーワードを探す
ページトップに戻る