ニュース
» 2012年05月17日 12時37分 公開

スーパーカブ50がフルモデルチェンジ――燃費はリッター110キロ

装備を充実、使い勝手を向上しながら価格を下げて求めやすくした。エンジンは低・中回転域重視のトルク特性ながら、最高出力は上がっている。

[Business Media 誠]

 本田技研工業は、原付一種の「スーパーカブ50」をフルモデルチェンジして5月25日に発売する。開発コンセプトは「ニューベーシックカブ」とし、装備を充実しながら求めやすい価格を目指した。価格は18万7950円。

ホンダ スーパーカブ50 パールハーベストグリーン(出典:本田技研工業、画像をクリックすると拡大します)

 空冷4ストロークOHC単気筒エンジンは、低・中回転域を重視したトルク特性(最大トルクは3.8ニュートンメートル/5500rpm)としながら、最高出力は2.7キロワット(3.7馬力)/7500rpmと、従来モデルより0.2キロワット向上した。ほかにも、バッテリーが完全に放電した場合でも、キックで始動できるシステムなどを採用する。

 また、発進と変速で独立したクラッチ機構を備えた2段クラッチシステムと4速ミッションにより、変速ショックを軽減しスムーズな走りを実現する。燃費は、リッター110.0キロ(時速30キロ定地走行テスト値)、燃料タンクは従来モデルより0.7リットル大きい4.3リットルとし、給油の頻度を少なくするとともに航続距離を伸ばしている。

ホンダホンダ スマートブルーメタリックとバージンベージュ(出典:本田技研工業、画像をクリックすると拡大します)

 さらに、スーパーカブ110で採用した角断面パイプのバックボーンフレームを新たに採用して高い剛性を確保。ホイールベースを延長したことで荷物積載時の安定性も高めている。デザイン面でもスーパーカブ110のものを踏襲し、シンプルさを保ちつつも、直線と曲面を融合した存在感と力強さを表現した。ヘッドライトには視認性と被視認性に優れる角型マルチリフレクターを、リア側は水平基調のテールランプを装着する。

 ボディサイズは1915×700×1050ミリ(全長×全幅×全高)、シート高は735ミリ。ボディカラーにはスマートブルーメタリック、バージンベージュ、パールバリュアブルブルー、パールハーベストグリーン、パールプロキオンブラックの5色を用意する。

ホンダホンダ パールバリュアブルブルーとパールプロキオンブラック(出典:本田技研工業、画像をクリックすると拡大します)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -