ニュース
» 2012年04月20日 12時59分 公開

ホンダ、軽二輪スクーター「PCX150」を発売――ゆとりある動力性能と環境性能を両立

原付二種スクーターの「PCX」をベースに、スクーター用グローバルエンジン「eSP」シリーズの150ccエンジンを搭載。価格は32万9700円。

[Business Media 誠]

 本田技研工業は、軽二輪スクーター「PCX150」を6月7日に発売する。原付二種スクーターの「PCX」をベースに新開発したもので、価格は32万9700円。

PCX PCX150(出典:本田技研工業、画像をクリックすると拡大します)

PCXの“コンパクトなサイズ”と“お求めやすい価格”はそのままに

 エンジンは、スクーター用グローバルエンジン「eSP」シリーズの150cc水冷4ストローク単気筒OHCエンジンを搭載。このエンジンは耐久性と静粛性、燃費性能を高めたもので、徹底的な低フリクション化によりリッター49キロ(時速60キロ定地走行テスト値)を実現した。また、アイドリングストップシステムも搭載する。最高出力は9.9キロワット(13馬力)/8500rpm、最大トルクは14ニュートンメートル/5500rpm。

 フロントフェイスは、ウインカー一体型の大型ヘッドライトが特徴。前・後輪には14インチアルミホイールを採用する。フロントブレーキは、小型・軽量の3ポットキャリパーを装着したディスクブレーキで、後輪ブレーキを操作するだけで前輪にも制動力が配分するコンビブレーキを標準装備する。

 ボディサイズは1915×740×1090ミリ、シート高は760ミリ、車両重量は129キロ。シート下に25リットル、フロントカウル内側に1.5リットルの収納を用意する。ボディカラーは、パールヒマラヤズホワイトとミレニアムレッドの2色を用意する。

PCXPCX (出典:本田技研工業、画像をクリックすると拡大します)

 PCX150は、「原付二種スクーターPCXの“コンパクトなサイズ”と“お求めやすい価格”はそのままに、“ゆとりある動力性能と環境性能の両立”をキーワードに開発」(同社)したという。

関連キーワード

本田技研工業 | スクーター | バイク | 燃費


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -