レビュー
» 2012年09月21日 08時00分 公開

ボルボのSUV「XC60 T5 R-DESIGN」、スポーティな味付けを試す試乗インプレッション(1/5 ページ)

現在、ボルボの全車種の中で、最も売れているモデルが何かご存じだろうか。世界中でベストセラーになったモデルは、何とミドルサイズSUVの「XC60」なのだ。

[吉村哲樹,Business Media 誠]

 現在、ボルボの全車種の中で、最も売れているモデルが何かご存じだろうか。ちなみに、2011年に日本国内で最も売れたのは、ミドルサイズセダンの「S60」と「V60」だ。

 しかし世界市場に目を転じてみると、最も新規販売台数が多かったのはモデルは、何とミドルサイズSUVの「XC60」。日本では見かけることが少ないモデルだけに、少し意外な気もするが、XC60は実はボルボが誇るベストセラーモデルなのである。

 今回は「XC60 T5 R-DESIGN」に試乗する機会を得たので、以降でその乗り味をレポートしてみたい。果たして、ボルボのSUVモデルとは一体どんなキャラクターのクルマに仕上がっており、スポーツモデルにはどのような走りの味付けが施されているのだろうか?

XC60 T5 R-DESIGN XC60 T5 R-DESIGN(写真提供:ボルボ・カーズ・ジャパン)

全世界で最も売れているボルボ車はSUVモデルの「XC60」

 ボルボがラインアップするSUVモデルには、XC60のほかに「XC70」と「XC90」という2つの上位モデルが存在する。これらの中で、XC60は最もコンパクトなモデルという位置付けになっているが、それ以上にエクステリアデザインのコンセプトが他のSUVモデルとは明確に異なる。

 XC70とXC90は、明らかに「ステーションワゴンのSUV化」というイメージでデザインされているのに対して、XC60のルックスはクーペモデルをSUVと融合させたような、非常にスマートで流麗なデザインに仕上がっている。「実用性のXC70/XC90、スペシャリティ性のXC60」といったような棲み分けになるだろうか。

XC60 T5 R-DESIGNXC60 T5 R-DESIGN

 ちなみに、日本国内で販売されるXC60には、2種類のエンジンを搭載したグレードが存在する。1つが、3リッター直列6気筒エンジン+インタークーラー付ターボを搭載した4WDモデル「XC60 T6 AWD」。

 そしてもう1つが、2リッター直列4気筒エンジン+インタークーラー付ターボにFFのドライブトレインを組み合わせた「XC60 T5」だ(モデル名は“T5”だが、エンジンは5気筒ではなく4気筒)。

 さらにXC60 T6 AWDには、スポーツモデル「XC60 T6 AWD R-DESIGN」というグレードも存在する。ちなみに「R-DESIGN」は、ボルボの他車種にもラインアップされるスポーツグレードに付けられる名称で、スポーツサスペンションや、専用のインテリア/エクステリアパーツが装着される。

XC60 T5 R-DESIGNXC60 T5 R-DESIGN

 2012年8月17日、ボルボはXC60の2リッターエンジン+FFモデルにもこのR-DESIGN仕様グレードを追加し「XC60 T5 R-DESIGN」として販売を開始したのだ。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -