連載
» 2012年11月02日 12時20分 UPDATE

ハチロクに乗って、12時間・500キロの旅(前編):地元の人しか知らない? うどん県のオススメスポットを聞いてきた (1/7)

“うどん県”に行って、地元の人にオススメのスポットを聞く――。そんな使命(?)を受け、会社のT嬢と一緒に現地へ。さて、どんなところを紹介してくれたのだろうか。

[土肥義則,Business Media 誠]

 ボクはいま、瀬戸大橋の下にある「瀬戸大橋記念公園」にいる。なぜ、そんなところに? と思われるだろうが、これにはワケがあるのだ。

――週末、トヨタの86(ハチロク)に乗って、“うどん県”(香川県)に行ってきますね。

 会社の中でそんな会話をしていたところ、T嬢が食いついてきたのだ。

 「えーっ、いいなあ〜、ワタシも連れて行ってくださいよ。ねね、お願い。ワタシ、うどん県の近くに住んでいたので、いろいろと詳しいんですよ」

 それは心強い。で、どこに住んでいたの? 徳島? 愛媛? と聞いたところ「隣の県ですよ」との返事。なんだか怪しいと思って、問い詰めてみると、小さな声で「兵庫県……」。淡路島であればまだ“隣り”ともいえなくないが、兵庫県の宝塚市だとか。香川県高松市から直線距離にして約130キロに位置する。決して“近い”とは言えない。

 「もうワタシのお腹はうどんになっちゃいましたー。待ち合わせはどこにします? レンタカーを大阪で借りる? じゃあ、そのレンタカー屋さんで」

 とかなり強引に、T嬢は“同伴”を決めてしまったのだ。

yd_dori1.jpg 瀬戸大橋のふもとにある「瀬戸大橋記念公園」。ここから旅がスタートした
       1|2|3|4|5|6|7 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ