ニュース
» 2012年11月16日 12時00分 公開

想像を超える「当たり前体験」を提供する、東京ディズニーリゾートの力あなたの知らないディズニー駄話(3/7 ページ)

[宮田健,Business Media 誠]

ディズニーホテルのリゾート感

 今回、宿泊したのは、東京ディズニーランドが「リゾート」に生まれ変わったときにオープンした「ディズニーアンバサダーホテル」。このホテルは1930年代の米国をイメージし、各国の大使(アンバサダー)をもてなすようにという思いが込められている。140のショップとレストランを持つ「イクスピアリ」につながる、立派なホテルだ。ディズニーのホテルというとキャラクター満載の子供向けというイメージを持つかもしれないが、落ち着いた雰囲気で高級感あふれるスペースとなっている。

ホテルの部屋の中は高級なイメージ。落ち着きのある中に多数のディズニーキャラクターが隠れている

 東京ディズニーリゾートにはディズニーアンバサダーホテルのほかにも、JR京葉線からよく見える一番新しい「東京ディズニーランドホテル」、そしてパークに隣接し、東京ディズニーシーの一部となっている「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」の3つのホテルがある。どのホテルもそれぞれのテーマを持っており、むしろキャラクター色は押さえられている感もある。これらがリゾートを形作っている。

ディズニーアンバサダーホテル外観

(c)Disney

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -