ニュース
» 2013年04月24日 11時30分 公開

あの洪水から1年半:G-SHOCKのふるさとを訪ねる――カシオタイ工場フォトレポート (6/6)

[永山昌克,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

 ここで作られた時計は、日本や北米、ヨーロッパに直接出荷されるほか、中国シンセンの物流倉庫を経由して、中国や中東、南米など全世界に供給されている。G-SHOCKの裏面に「THAILAND」の文字があれば、このタイ・チョクチャイ工場(または旧ナワナコン工場)で製造されたということだ。

出来上がった製品の倉庫。ここから世界各地に向けて出荷される
ここではG-SHOCKを中心に約550のモデルが生産されている

 一歩工場の外に出れば、降り注ぐ太陽と青空、そしてのどかな農村の風景。そんな場所で最先端テクノロジーを満載したG-SHOCKが作られているのは、ちょっと不思議な感覚だった。次回は、カシオタイ工場の工場長のインタビューを掲載する。

前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -