コラム
» 2008年06月18日 09時25分 UPDATE

Firefox 3 Download Dayで思い出す――IE 3

IE 3はMicrosoftの対Netscapeブラウザ戦争の真の始まりだった。そして今、新たなブラウザ戦争が起きている。

[Joe Wilcox,eWEEK]
eWEEK

 6月17日、MozillaはFirefoxをリリースし、24時間最多ダウンロード記録を目指す。Download Dayは素晴らしいマーケティング戦略だ。成功すればなお良い。本稿掲載時点で143万3334人――米国では23万8440人――がFirefoxをダウンロードすると誓っている。記録的な数だろうか?

 4月30日、コールドプレイはシングル「Violet Hill」で24時間中に60万ダウンロードを記録した。このシングルはDRM(デジタル権利管理)フリーで1週間提供された。ソフトウェアではないが、目覚ましい数だ。

 MozillaはFirefox 2のリリース日に200万ダウンロードの記録を達成した。MicrosoftのInternet Explorer(IE)7はリリースから3日で300万ダウンロードを記録した。

 FirefoxのDownload Dayは、わたしには別のものを思い起こさせる。1996年8月13日のIE 3のリリースだ。ダウンロード数は1週間で100万件行かなかったが、ダイヤルアップ接続だったことや、インターネットを使っている人が少なかったことを考えるとすごい数だ。MicrosoftはIE 3を大々的に立ち上げた。提携や割引――ISP各社、Webサイト、Wall Street Journalなどの新聞の――はIE 3がブラウザ戦争でNetscapeを追い抜く後押しとなった。わたしはこのときWSJを購読し、約12年経った今も購読を続けている。

 いち早くダウンロードした人たちは「わたしはInternet Explorer 3をダウンロードしました」といった言葉が書かれた日付入りTシャツをタダでもらった。わたしも何年かダウンロードTシャツを着ていた――妻がぞうきんにしようと決めるまで。ハァ。

 IE 3はMicrosoftのNetscapeとのブラウザ戦争の真の始まりだった。わたしはIE 4が出るまでNetscape Communicatorにお金を払っていた。IE 4はついに、Netscapeと同レベルの機能とパフォーマンスに達したのだ。

 ブラウザ戦争はひどいものだった。MicrosoftとNetscapeはプロプライエタリなHTML拡張という不愉快な戦いを繰り広げたからだ。わたしは1996〜1997年まで手作業でコードを書いていた。拡張機能が違うということは、片方のブラウザに合わせて書式を書くということだ。CSSやDOCTYPEのようなタグは、デザイナーが特定のブラウザに合わせてコードを書く役に立った。特にIE 6の変な癖に対処するには便利だった。

 新たなブラウザ戦争が起きており、不快さも戻ってきているようだ。まず、多数の優れたブラウザの開発が進んでいる。IE 8、Mozilla 3、Opera 9.5、Safari 3.1。IE 8は8月に公開β版が登場する予定だ

 このためMicrosoftはほかの主要ブラウザよりも次のDownload Dayが遅れることになる。今後のエントリでIE 8を取り上げるつもりだが、早くもその開発の方向性が心配だ。IE 8の進展を見ていて、Windows Vistaの既視感を感じたことが何度もある。Microsoftは、IEの間違った標準を正すためにアプリケーションとWebサイトを壊そうとしているように思える。Windows Vistaがセキュリティを直すためにアプリケーションを壊したように。

 IE 8の苦難はFirefoxにとっての幸運だ。ところで、3はマジックナンバーだろうか? それについては、正式版Firefox 3を使ってみたらもっと言うことが出てくるだろう。

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -