コラム
» 2010年01月25日 07時30分 UPDATE

Appleの特別イベント、タブレット以外にも期待するもの (1/2)

Appleが間もなくタブレットマシンを発表すると予想されているが、ほかにも新版iPhone OSやiTunes Storeの刷新など、Appleに発表してほしいものは幾つかある。

[Don Reisinger,eWEEK]
eWEEK

 長らく待った末、Appleはついに新しい「創造物」を披露する記者発表会を開くことを明らかにした。同社の「iSlate」は長い間うわさになっていたため、識者らは、このイベントでスティーブ・ジョブズ氏がタブレットを発表すると主張している。

 その可能性は高い。Appleのタブレットは何カ月も前から話題になっていた。新しいパズルのピースが毎週増え、AppleがこのイベントでiSlateを発表すると信じる人は増えていった。

 iSlateは画期的な製品となる可能性があるが、多くの人がAppleの今後に期待しているのはそれだけではない。それを踏まえて、1月27日の記者発表会でAppleに発表してほしいものをまとめることにした。iSlateから新版iPhone OSまで、確かにAppleのイベントで見たいものは幾つかある。

 では早速見てみよう。

1. iSlate

 これは明白だ。iSlateはわれわれ皆が待ち望んでいたものだ。多くの報道で取り上げられていた機能が全部あるかどうかかまだ分からない。だがAppleがついにこのデバイスを発表するのなら、今年のビッグな出来事の1つになるのは確実だ。そして、Apple、Hewlett-Packard(HP)などのメーカーの間でタブレットの覇権をめぐる戦いが始まることにもなる。

2. 新版iPhone OS

 今こそiPhone OSの新バージョンが登場するときだ。Appleがバージョン3.0をリリースした後、ライバルたちは追い上げてきた。今やほとんどのタッチ対応デバイスはマルチタスクや改良されたユーザーインタフェースなどを備えている。Appleが市場での優位を保ちたいのなら、後れを取らないようにしなければならない。だからといって、ソフトの全面刷新は必ずしも必要というわけではない。だが、これからもユーザーを満足させたいのなら、マルチタスク機能を追加して、アプリ管理を改良する必要がある。

3. iTunes Store刷新

 iTunes Storeのカタログは古くなってきているし、肥大化もしている。映画、テレビ番組、アプリにより、同ストアは驚異的なペースで拡大してきた。そのため、使いにくくなりつつある。これは、Appleにとって今後問題になる恐れがある。iTunes Storeは急速に、業績に大きく貢献する要素の1つになりつつあるからだ。Appleが同ストアをどんなふうに刷新するのかは誰にも分からないが、まずはアプリをもっと探しやすくするべきだ。そんな単純な改善で、はるかに魅力的になるだろう。

4. 新型iMac

 うわさがすべて本当なら、Appleは今後、自社のハードウェアをマルチタッチで固めるつもりだ。タブレットを別にすると、iMac以上にタッチが深く影響するものはない。iMacはタッチ機能には最適に思える。基本的なコンピューティング機能を必要とするホームユーザー向けに設計されているからだ。Appleにとっては残念だが、HPは同じ分野で競合するオールインワンPCを投入しており、最近では同社のデバイスは多数の点でiMacに勝っている。フルマルチタッチのiMacをリリースする以上の対抗手段があるだろうか?

       1|2 次のページへ

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -