コラム
» 2010年03月12日 15時53分 UPDATE

AppleはHPのタブレットを警戒すべき――その理由は (1/2)

AppleのiPadに続き、HPのSlateなどのライバルもタブレット市場に乗り込んでくる。特にSlateはデザインもいいし、Flashもサポートする。手強い敵になるかもしれない。

[Don Reisinger,eWEEK]
eWEEK

 AppleのiPadの発売まで1カ月を切った今、消費者はタッチスクリーン分野に新たに登場するこの製品を待ちわびている。iPadは電子書籍リーダー、App Storeへのアクセスなど素晴らしい機能を備えており、基本的には大きなiPod touchだ。価格は499ドルからと手ごろなので、かなり話題になるはずだ。

 だがこの市場に参入するのはAppleだけではない。Hewlett-Packard(HP)を筆頭に、競合他社も乗り込んでくる。HPが投入するSlateは、Apple相手に健闘できるかもしれないただ1つのライバルのように思える。Slateは、iPadにはない機能を幾つか備えている。その上、消費者が信頼できる企業がバックに付いている。簡単に言えば、Slateは警戒するべき相手ということだ。Appleは消費者へのSlateの訴求力を心配しておくべきだ。

 その理由を以下に挙げる。

1. Slateは見た目がいい

 iPadの魅力の1つはデザインだ。Appleの「消費者の目に訴えかける製品を作るデザイナー」としての能力を反映している。だがHPもSlateで同じことをやっている。確かにデザインは非常に似ているが、そんなことを誰が気にするだろうか? HPのSlateはiPadと同じくらい消費者に訴求する。今回ばかりは、Appleが簡単に製品のデザインで勝つということはないだろう。これは新鮮だ。

2. Windowsが載る

 HP SlateはWindows 7を搭載して発売される。これは極めて重要な特徴だ。iPadの問題の1つは、フル機能のOSを搭載しない点にある。このため機能が制限され、iPadはポータブルコンピュータというよりも大きなiPod touchになってしまっている。Appleはそれを目指しているのかもしれないが。ただ、ユーザーが基本的なコンピュータ作業にフル機能OSを使いたいと思うかどうかは今のところ分からない。

3. Flashのサポート

 iPadの話になると必ず、Adobe Flashとの互換性が本当に必要かどうかという疑問が持ち上がるようだ。わたしは必要だと思う。有名なWebサイトの多くはFlashを使っている。多くのWebビデオにもFlashは使われている。どんなにFlashを嫌っている人がいても、この技術はWebの必要悪であり、タブレットはこれをサポートする必要がある。SlateはFlashをサポートしている。つまりSlate上でWebサイトが動作するということだ。iPadはFlashをサポートしていない

4. 2番目だからこそ

 通常、一番最初ではなく2番目に市場に参入するとなると、企業にとっては不利になる。だが今回の場合、2番目ということがHPにプラスに働くかもしれない。AppleはiPadの機能を公開し、手の内を見せているため、HPは設計段階にまで戻ってSlateを改良し、iPadにはない機能を加えることができる。参入が遅いおかげで、SlateはiPadにある機能とない機能をすべて備えるかもしれない

       1|2 次のページへ

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -