ニュース
» 2008年06月25日 19時19分 UPDATE

仕事耕具:ファックス、コピーも両面で ブラザー工業のカラーレーザー複合機など6種

ブラザー工業は、SOHOや小規模オフィス向けのプリンタ/複合機シリーズ「ジャスティオ」の新モデルを発表した。カラー両面でプリント、ファックス、コピーができる「MFC-9840CDW」など計6機種ある。

[杉本吏,ITmedia]

 ブラザー工業は6月25日、SOHOや小規模オフィス向けのプリンタ/複合機シリーズ「ジャスティオ」の新モデル6機種を発表した。7月上旬から順次発売し、オープンプライスで実売価格は2万2000円から。Windows Vista/XP/XP Professional x64/Server 2003/2000と、MacOS X(10.2.4以降)で使用できる。

カラー両面でプリント、ファックス、コピーができる「9840CDW」

ts_1.jpgts_2.jpg 自動両面プリント機能を搭載したMFC-9840CDW(左)とHL-4050CDN(右)

 カラーレーザー複合機「MFC-9840CDW」、カラープリンタ「HL-4050CDN」は、ブラザー工業のカラーレーザー製品として初めて、自動両面プリント機能を搭載している。複合機の9840CDWは、受信したファックスの両面プリント、両面コピー、ADF(Auto Document Feeder)による自動両面スキャンが可能だ。

 いずれも印刷速度は毎分モノクロ20枚、カラー20枚で、有線/無線LAN(無線LANはMFC-7840CDWのみ)によるネットワーク接続のほか、USBメモリのダイレクトプリントやPictBridgeに対応している。加えて、HL-4050CDNはIEEE1284(双方向パラレルインタフェース)も備える。

ADFを搭載し、有線/無線LANに対応した「MFC-7840W」

ts_3.jpgts_4.jpg

ts_5.jpgts_6.jpg 左上から時計回りに「MFC-7840W」「MFC-7340」「DCP-7030」「DCP-7040」

 MFC-7840Wをはじめとする4機種は、高さ305ミリ(DCP-7030は257ミリ)のコンパクトなモノクロレーザー複合機。MFC-7840WはADFや無線LANなどの機能を搭載しながら、実売価格は5万円を切っており、コストパフォーマンスが高いという。

 印刷速度は毎分モノクロ21枚。給紙や排紙、トナーカートリッジの交換など、すべての操作を前面で行える「フロントオペレーション」を採用している。 

製品名 搭載機能 印刷速度
(毎分)
ADF ネットワーク接続 サイズ
(幅×奥行き×高さ)
重さ 発売 実売価格
MFC-9840CDW プリント・ファックス・コピー・スキャン(すべてカラー両面) モノクロ20枚/カラー20枚 有線/無線LAN 530×539×520ミリ 38キロ 8月上旬 13万円
HL-4050CDN プリント(カラー両面) モノクロ20枚/カラー20枚 × 有線LAN 423 × 474 × 319ミリ 28.8キロ 8月上旬 6万円
MFC-7840W プリント(モノクロ)・ファックス・コピー・スキャン モノクロ21枚 有線/無線LAN 428×397×305ミリ 11.1キロ 7月下旬 4万5000円
MFC-7340 プリント(モノクロ)・ファックス・コピー・スキャン モノクロ21枚 なし※ 428×397×305ミリ 11.1キロ 7月上旬 3万5000円
DCP-7040 プリント(モノクロ)・コピー・スキャン モノクロ21枚 なし 428×397×305ミリ 11.1キロ 7月上旬 2万6000円
DCP-7030 プリント(モノクロ)・コピー・スキャン モノクロ21枚 × なし 428×397×257ミリ 9.9キロ 7月上旬 2万2000円

※初出では「有線LAN」での接続が可能となっておりましたが、実際はできません。お詫びして訂正いたします。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -