トップ10
» 2008年10月14日 22時54分 UPDATE

Biz.ID Weekly Top10:12時13分の人生を振り返る

日々の仕事にちょっと役立つ「Bizアプリ」に追加した新作アプリ「人生メーターくん」は、自分の人生をプログレスバーで表示してくれる。筆者もさっそく使ってみたのだが――。

[杉本吏,ITmedia]

 先週のBiz.IDアクセスランキング第1位は、「悪筆がすぐ直る11の技」。筆者も先日友人の結婚式に行ってきたのだが、記帳の際に1人だけ字が汚かったりするのはけっこうかっこ悪かったりするので、なんだか妙に緊張してしまった。契約書へのサインや冠婚葬祭時の袋への名前記入など、ここぞというときにさらさらっと美しい字を書くためにも、ぜひ参考にしてみてほしい。

 第2位には、コクヨS&Tの「2冊を1冊にまとめられるカバーノート」がランクイン。ゴムバンドが付いていたり、表紙がポケットになっていて筆記具や付せんなどを収納できたりする点が魅力的な製品だ。用途別の2冊をまとめたり、使い切りそうなノートと新しいノートを常に2冊持ち歩いたりと、色々と使い方も工夫できそう。

 さて本日、日々の仕事にちょっと役立つWebアプリ集「Bizアプリ」に新作2つを追加した。ミーティングなどの日程調整に苦労しているビジネスパーソン向けの「調整テキストくん」と、ここらで人生を振り返って、いっちょ今後の作戦でも立ててみるか――という人向けの「人生メーターくん」だ。

 さしあたりミーティングの日程調整も飲み会の幹事をする予定もない筆者だが、今後の人生のことは気になる。というか単純に、自分の人生メーターって見てみたいではないか。というわけで年齢と性別を入力し、さっそく人生メーターくんに算出させてみた。

ts_top1.jpgts_top2.jpg

 その結果、筆者の人生は現在29パーセントを経過しており、1日の時間に例えると12時13分に当たることが判明した。物心付いたときから今まで、そこそこに喜び、ほどほどに怒り、それなりに哀しみ、まあまあに楽しんできたつもりだが、なんだ、まだ昼飯を食べ始めたとこではないか。「笑っていいとも!」が始まったとこではないか。タモさんと客が「いい天気っすねー」「そーですねー!」とかやってるとこではないか。いや、まだあの掛け合いやってるのかなぁ。最近見てないから知らないけど。

 話がおかしな方向に逸れていったが、とにかく、筆者の人生はまだまだ先が長い(はず)ということが実感できた。仕事人生に至っては、なんとまだ4パーセントしか経過していない。隣の先輩記者に「ぼく、まだいいとも始まったばかりでした」と報告したら怪訝な目で見られたが、そんな先輩記者の人生だって、1日で言えばまだまだ15時のおやつを食べるくらいの時間なのである。

 こんな感じで、年齢の離れた部下や上司とのトークにも花が咲く(?)かもしれない人生メーターくん。筆者のように「タモさんが」「おやつが」などと言っているだけではあまり意味はないが、自分の人生の大体の残り時間を把握して、長期的な計画を立てたい人には役に立つのではないかと思う。同時公開の調整テキストくんや、これまでに公開したアプリと合わせて、有効活用してほしい。

 なお、前回のアプリ公開から実に2カ月半ぶりの公開となってしまったBizアプリだが、決して、決して忘れていたわけではない。開発者が足りなかったわけでも、いいアイデアが浮かばなかったわけでも、たぶん、ない(小声)。ただし、アイデアとアプリ製作者は常に募集しているので、どしどし応募してきてほしい!(大声)。なお、次回の新作アプリは今月末にリリース予定。お楽しみに!

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ