ニュース
» 2009年01月21日 17時00分 UPDATE

仕事耕具:トリプルマイクで感度3倍 ソニーのICレコーダー「ICD-SX900」

ソニーは、新開発の「トリプルマイク構造」を採用したICレコーダー「ICD-SX900」「ICD-SX800」を発売する。従来機種に比べてノイズレベルは約3分の1に低減し、感度は約3倍に向上したという。

[杉本吏,ITmedia]

 ソニーは、新開発の「トリプルマイク構造」を採用したICレコーダー「ICD-SX900」「ICD-SX800」を2月21日に発売する。オープン価格だが、実勢価格はICD-SX900が2万5000円前後、ICD-SX800が2万円前後の見込み。

ts_sony1.jpg 容量4GバイトのICD-SX900(左)と容量2GバイトのICD-SX800(右)

ts_sony2a.jpg

 マイクユニットに、新開発の「トリプルマイク構造」を採用した。左右にはステレオマイクを、センターには指向性マイクを搭載。従来機種の「SX-88」「SX-78」は本体埋め込み型マイクだったが、新機種では独立型マイクとなり、ノイズレベルを約3分の1に低減させながらも感度が約3倍に向上したという。

 録音フォーマットでは、SXシリーズとして初めてMP3に対応。CD音質(16ビット/44.1kHz)のリニアPCMと、圧縮率が高いという独自形式のLPECでも録音できる。再生フォーマットはMP3/リニアPCM/LPECに加え、WMAにも対応する。

 録音モードは、従来の「口述」「会議」「マニュアル」に加え、「高感度」「音楽」の2モードを新たに搭載した。「高感度モード」は、広い会場など音源から距離が遠い場合の録音に適しており、「音楽モード」は楽器の音を忠実に録音するため、生演奏などを違和感なく録音できる。

 このほか、エアコンやプロジェクタのファンノイズを低減するローカットフィルターや、早聞き/遅聞き再生機能、録音スタート時の5秒前から録音を開始するプリレコーディング機能なども備える。

 ICD-SX900は容量4Gバイト、ICD-SX800は容量2Gバイトで、その他のスペックは同じ。電源には単四形乾電池2本を使用し、USB充電にも対応する。サイズは31.3×15.4×130.0ミリ(幅×奥行き×高さ)、重さは約75グラム(電池含む)。野外での風切り音を低減するウィンドスクリーンや、設置面を少なくして振動ノイズを低減するスタンドなどが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -