ニュース
» 2009年09月17日 18時02分 UPDATE

仕事耕具:エプソンのカラーインクジェット複合機「カラリオ」、無線LAN標準対応モデルなど6機種

セイコーエプソンは、複合機/プリンタブランド「カラリオ」シリーズの新製品6機種を発表した。無線LAN標準対応モデルを3機種をそろえ、実勢価格は1万円台前半〜3万円台後半の見込み。

[杉本吏,Business Media 誠]

 セイコーエプソンは9月17日、「カラリオ」シリーズの新製品として、SOHOや家庭向けのA4カラーインクジェット複合機5機種と、A4カラーインクジェットプリンタ1機種を発表した。9月25日から順次発売し、実勢価格は1万円台前半〜3万円台後半となる見込み。

ts_902.jpgts_802.jpgts_702.jpg 左から「EP-902A」「EP-802A」「EP-702A」

ts_502.jpgts_402.jpgts_302.jpg 左から「PX-502A」「PX-402A」「EP-302」

 「EP-902A」「EP-802A」「EP-702A」「PX-502A」「PX-402A」は、プリンタ/スキャナ/コピー機能を搭載したインクジェット複合機。中でもEP-902A/EP-802A/PX-502Aは無線LANによるネットワーク接続に対応しており、ワンタッチで無線LANを設定できるAOSS、WPSといった規格にも対応している。

 インクにはエプソン純正の顔料インク「つよインク 200X」を全色に採用した。「普通紙でも鮮やかにプリントでき、裏写りもしにくく、水にもにじみにくい」という。また、カラーノイズを低減させるノイズ除去や、人物の肌荒れやシミを目立たなくする美肌機能などを利用できるソフト「E-Photo」も同梱した。

 「EP-302」はプリントのみの単機能モデルで、450×289×187ミリと卓上に設置できるコンパクトサイズ。複合機5機種と同じく「E-Photo」が付属し、CD/DVDのレーベルプリントにも対応する。また、無線LAN機能をオプションとして用意している。

 エプソンは、「家庭内では、無線LAN搭載のノートPCやゲーム機などが普及してきており、今後さらに拡大が予測される。プリンタもどこからでも気軽に使えるよう、無線LAN搭載モデルを拡大した」としている。

機種 実勢価格 印刷時間
(A4/写真用紙1枚あたり)
大きさ
(幅×奥行き×高さ)
重さ ネットワーク
EP-902A 3万円台後半 約53秒 466×385×198ミリ 約10.5キロ 有線/無線LAN対応
EP-802A 3万円台前半 約53秒 446×385×150ミリ 約9.0キロ 有線/無線LAN対応
EP-702A 2万円台前半 約1分29秒 450×386×195ミリ 約8.4キロ 有線LAN対応
(オプションで無線LAN対応)
PX-502A 1万円台後半 約2分24秒 450×342×182ミリ 約6.1キロ 有線/無線LAN対応
PX-402A 1万円台前半 約4分57秒 434×327×185ミリ 約4.6キロ 非対応
EP-302 1万円台中盤 約1分29秒 450×289×187ミリ 約5.5キロ 有線LAN対応
(オプションで無線LAN対応)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ