ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「ニュースリリース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

考えたい「言葉のセキュリティ」
“お手製”の用語集で組織を守れるか? テキストコンテンツに潜む怖いリスク
業務文書や契約書、申請書、プレスリリースなど、企業活動には多くの文書が伴う。だが、事業の拡大にばかり目を向け、こうした基本的なものをおろそかにすると足をすくわれる可能性がある。(2019/6/25)

今日のリサーチ:
「平成最後」「令和」他、改元関連プレスリリース数がハロウィーン関連の2.7倍に――PR TIMES調査
「平成最後」「令和記念」など改元関連のプレスリリースは1カ月間で1168本に到達しました(2019年5月1日正午時点)。(2019/5/1)

「池袋暴走、加害者の息子はクボタ執行役員」デマ拡散 クボタ「親戚関係等はない」
池袋の暴走事故で、車を運転していた飯塚幸三さんの息子がクボタの役員だといううわさがネットで拡散。クボタはプレスリリースでうわさを否定し、息子と名指しされた同社役員について「親戚関係等はない」と説明した。(2019/4/23)

ITはみ出しコラム:
AmazonとGoogleの動画サービス締め出し合戦が終結 そして新たな競争が始まる?
ユーザー不在の動画サービス締め出し合戦を続けてきたAmazonとGoogleが、ついに終戦宣言ともいえるプレスリリースを出しました。新たなライバル台頭の予兆もあり、ケンカどころじゃなくなったのかもしれません。(2019/4/21)

コンテンツ作成から配信まで広報担当者がセルフサービスでできる:
RICOH THETAを活用して360度カメラの画像をプレスリリースに リコーとPR TIMESが提携
「RICOH THETA」で撮影した360度の画像をプレスリリースに埋め込んで誰もが配信できるサービスを提供。(2019/3/26)

頭脳放談:
第226回 5G時代にArmが狙うサーバ市場
Armが自らサーバ向けプロセッサのプラットフォームを発表した。なぜ今、サーバ向けプロセッサなのか、その背景をプレスリリースから筆者が読み解く。(2019/3/26)

RPAロボがプレスリリース記事を自動作成 工数を8割削減――AI専門メディア「AINOW」、記事掲載プロセスにRPAを導入
ディップが運営するAI専門のキュレーションメディア「AINOW」は、プレスリリース掲載プロセスにRPAを導入。記事内容をフォームに入力すると、RPAロボットが掲載用の記事を自動作成する。下書き記事の作成から公開まで、従来は1記事につき30分程度かかっていたが、5分程度に短縮できたという。(2019/1/17)

ファーウェイが声明 「製品に余計なものが見つかった」報道は「事実無根」と否定
ファーウェイ・ジャパンが12月14日、「製品のセキュリティ上の懸念に関する根拠のない報道について」と題したプレスリリースを発表した。「製品に余計なものが見つかった」とする報道は「事実無根」と否定。日本の製品は厳格な試験に合格していると反論した。(2018/12/15)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
“見せ球”の製品に引っ掛からないために知っておきたいこと
メーカーが用意する製品ラインアップの末席には、ニュースリリースなどで見出しとなるためだけに追加された、実用性無視・価格重視のローエンドモデルが存在することがある。こうした「見せ球」を見抜けずに買ってしまう人は、実は少なくない。どのようにすればこれらを見抜き、回避できるのだろうか。(2018/11/29)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
「プロセッサIPを出せばいい」時代の終了、Armはどう対処するか
Armは2018年5月から6月にかけて多くのプレスリリースを出している。それらを俯瞰してみると、もう単純に「プロセッサIPだけを提供していればいい」という時代ではないことがよく分かる。その時代にArmはどう対処しようとしているのか。(2018/7/13)

閲覧行動を学習して求められるプレスリリースをレコメンド:
人工知能で記者が欲しい情報を表示、PR TIMESが「リリースAI受信」を提供開始
PR TIMESは、同社が手掛けるプレスリリース配信サービス「PR TIMES」に、人工知能(AI)を活用した新しい情報収集の機能「リリースAI受信」β版を搭載した。 (2018/3/13)

山市良のうぃんどうず日記(120):
WindowsとOfficeのサポートポリシーがまたまた変更?――次期Office「Office 2019」のサポートは……
かつて、Microsoftは新たな製品や戦略を発表する際にはプレスリリースを出していましたが、数年前からはブログで重要な情報がアナウンスされるようになりました。それも、広報のように一本化されたものではなく、チームごとにあるたくさんのブログの1つであることも珍しくありません。2018年2月初め、そうしたブログの1つでWindowsとOfficeの次期バージョンやサポートポリシーに関する重要なアナウンスが行われました。(2018/2/20)

ビデオリサーチ、「『ホンネテレビ』視聴者207万人」リリース取り下げ トップページで謝罪
ビデオリサーチは、元SMAPの3人が出演したAbemaTV「ホンネテレビ」の視聴者数が207万人だったと推計したニュースリリースを取り下げた。「AbemaTVの視聴人数を適切に表現する上で不十分と判断した」という。(2017/12/4)

東急電鉄、ネットで拾った写真を広報資料に無断使用 撮影者の指摘で差し替え
東急電鉄は、一般個人が撮影・ブログで公開していた写真を、無断でプレスリリースに掲載していたことが発覚した。(2017/10/13)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ニュースリリース(NR)が白状する企業の本質――良いNRはその在り方を表す
ニュースリリース作成力強化は、広報力のみならず、経営力強化にもつながる。(2017/6/15)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
あなたが電車内で失った“忘れ物”の運命
梅雨入りを控えて、ということだろうか。阪急電鉄と相模鉄道が、乗客の忘れ物に関するプレスリリースを出した。阪急電鉄は傘の保管期間を短縮するという告知、相模鉄道は2016年度の忘れ物件数が過去最多になったという報告だった。持ち主は忘れていても、忘れ物を預かる側はいろいろ手間がかかる。(2017/6/9)

アドネットワークとインフルエンサーネットワークでターゲットに効率的に配信:
ニュースリリースに体験動画、サイバーエージェント子会社が新サービス
サイバー・バズは、動画を活用したニュースリリース配信サービス「PRChannel」を、2017年3月13日より提供開始した。(2017/3/13)

利用できる素材総数は1500万点超:
PR TIMESがピクスタと業務提携、「PIXTA」の画像をプレスリリースに利用可能に
プレスリリース配信サービスを運営するPR TIMESは、ストックフォトサービスを運営するピクスタとの業務提携を発表した。(2016/9/9)

IDF 2016:
独自HMDからドローンまで――Intelの「IDF 2016」基調講演まとめ
Intelの年次開発者会議「IDF 2016」で発表されたことを簡単にまとめる。RealSense搭載のMR HMDやドローン、Ubuntu搭載のキャンディバーサイズのガジェットなどが披露された。詳細はリンク先の関連記事(あるいはプレスリリース)へのリンクを参照されたい。(2016/8/17)

アディダスやビームスも採用:
VRコンテンツを埋め込んだプレスリリース配信、PR TIMESが実現
PR TIMESは2016年3月29日、VRサービスを運営するLIFE STYLEと事業提携し、VRコンテンツをプレスリリースに埋め込むことができる新機能をリリースしたと発表した。(2016/3/30)

“VR”で企業の情報発信は変わる? PR TIMESのプレスリリース配信サービスがVRコンテンツに対応
プレスリリース配信サービスのPR TIMESが、プレスリリースにVRコンテンツを貼り付けられるサービスを開始する。(2016/3/29)

頭脳放談:
第184回 Intelの新プロセッサー「Skylake」は5億台の買い替え需要がターゲット?
Intelから第6世代Coreプロセッサー「Skylake(開発コード名)」が発表された。魅力的な機能が詰まった高性能なプロセッサーだが、もはやそれがパソコンを買い替える動機にはなりそうにない。ニュースリリースを見ると、Intelのターゲットは5年前のパソコンの買い替えのようである。(2015/9/29)

スタートアップ企業を応援:
PR TIMES、「THE BRIDGE」と提携 テクノロジー系スタートアップのプレスリリース紹介始める
PR TIMESが運営するプレスリリース配信サービス「PR TIMES」は2月16日、国内テクノロジー系スタートアップに関するニュースや情報を扱うニュースメディア「THE BRIDGE」と業務提携したことを発表した。(2015/2/16)

「はてなブックマーク」10周年 国内ソーシャルブックマークの先駆け
はてなブックマークが10周年を迎えた。サービス公開時のニュースリリースがはてブのホットエントリに上がっており、ユーザーから「おめでとう」と祝福のコメントが寄せられている。(2015/2/10)

クラウドソーシングを活用:
プラップジャパンとランサーズ、「クラウドソーシングPR」を提供開始
総合PR代理店のプラップジャパンと、日本最大級のクラウドソーシングサービスを運営するランサーズは1月27日、クラウドソーシング上でニュースリリースの作成/配信業務を可能にする「クラウドソーシングPR」の提供を開始した。(2015/1/27)

IT用語解説系マンガ:食べ超(46):
コードより先に書くものがある。プレスリリース駆動開発
世界創造において、神はまず「光あれ」と言いました。同じ原理です(分かりますね?)。(2014/4/3)

PR Newswireに不正アクセス、企業のプレスリリースが悪用される恐れ
PR Newswireが大手企業の重大な発表に利用されていることを考えると、未発表のプレスリリースが悪用されたりする可能性はあるとセキュリティ企業は指摘している。(2013/10/18)

ソーシャル、モバイル、ビッグデータ:
新しい顧客価値の創造をもたらす3つの新技術――IBM Customer Experience Labの印チーム
米IBMは現地時間2013年9月12日、今年3月に開設したIBM Customer Experience Labの研究成果を同社プレスリリースにして発表した。この研究成果は、同研究所のインドのチームによって発表されたもの。(2013/9/18)

アイティメディア、FAXでのプレスリリース受付を完全終了
Business Media 誠など、アイティメディアの各媒体は、9月1日にFAXでのプレスリリース受付を終了した。理由はペーパーレス化の促進で、今後はメールでの受信に統一する方針。(2013/9/2)

Googleのガイドライン違反?:
デジタルプレスリリースでできること/できなくなること
先月末Googleは、リンクプログラムを大きく更新した。変更されたのは、デジタルプレスリリースやブログのゲスト投稿/記事に関すること。プレスリリースを最適化する12の方法を確認しておこう。(2013/8/22)

米書店団体ABA、Amazonの商慣習にもっと批判の声を上げるよう会員書店を喚起
米書店団体が会員書店に対し、雇用喪失、電子書籍市場での独占、不当な節税行為などの論点からAmazonに批判の声を上げるよう促すプレスリリースを発表。(2013/8/12)

日本通信のプレスリリースが「本来あり得ない理由で」話題に
ネット住民は新しいおもちゃを見つけたようです。(2013/6/14)

福島県須賀川市が「M78星雲 光の国」と姉妹提携 ウルトラの父もプレスリリースでお知らせ※ただしウルトラ文字
父のプレスリリースがよ、読めない。(2013/4/16)

無断転載問題で終了した「LINEナビ(非公式)」 プレスリリースも打つような「本気」サービスだった
ネット上にあるLINE関連記事を無断転載していたサービス「LINEナビ(非公式)」が終了。「総合的に判断した結果」という。(2013/4/4)

「私の最後のお遊びに使い果たそうと」 童夢オーナー、グループ会社売却理由をあまりに率直につづる
「その売却益を投入して私の最後のお遊びに使い果たそうと」「『あー、楽しい人生だった』と満たされた気持ちでリタイアする予定です」レーシングカーで知られる童夢のオーナーがニュースリリースで率直に語っている。(2013/3/18)

駅の営業開始が遅れた原因「二度寝」 JRのプレスリリースが他人事とは思えない件
二度寝なら仕方ないよ……!(2012/10/31)

3DSに新型? 1.5倍の大画面で今夏発売の報道 任天堂は否定
日経新聞がニンテンドー3DSの新型発表について報道。しかし任天堂は即座にニュースリリースでこれを否定した。(2012/6/5)

杉山淳一の時事日想:
鉄道からバス転換で浮かび上がる、ローカル線の現実
JR東日本は岩泉線のバス転換方針を発表した。鉄道復旧を望む地元は落胆し、やがて反発へ向かうだろう。プレスリリースにはローカル鉄道の厳しい現実を示しているが、奇跡の復活はあるのだろうか。(2012/4/13)

ワイヤレス給電技術 Wireless Power Consortium(WPC):
独自モードを備えたIDTのQi規格準拠IC、それが意味することは何か?
Wireless Power ConsortiumのQi規格に準拠したワイヤレス給電用コントローラICを製品化したIDT。同社がワイヤレス給電市場に参入した背景や、同社の第1弾製品が意味することを、製品説明会やプレスリリースの内容から読み解いてみよう。(2012/3/15)

新サービスはプレスリリースから考える
「ウケる」「価値のある」「拡がる」企画かどうかを判断するための重要ポイントとは何なのか。そうした企画に仕上げるための工夫を、Facebookで人気を集めたブログ記事から考える。(2012/2/10)

Stratforの顧客リスト流出は誰の仕業? Anonymous名の声明相次ぐ
「米民間情報機関Stratforの情報を流出させたのはAnonymousではない」とするプレスリリースと、「そのリリースを出したのはAnonymousではない」とするプレスリリースが公開された。(2011/12/28)

新製品の選考展示情報なども配信 「ソニー製品情報 公式アプリ」
ソニー製品のプレスリリース情報や新製品の先行展示情報などを閲覧できる「ソニー製品情報 公式アプリ」がAndroidマーケットに登場。「きになるリスト」で製品の発売日や価格を確認できるほか、「きになる度」を判定する仕組みなども用意する。(2011/12/21)

「大政奉還のプレスリリース」を元に記事を書いてみた
ブログメディア「WARAPAPPA」に載っている「大政奉還のプレスリリース」がネットで話題になっているので、それを元に記者が記事を書いてみました。(2011/8/1)

誠 Weekly Access Top10(2010年8月28日〜9月3日):
セコムのプレスリリースがすごい
Business Media 誠編集部に送られてきた、セコムからのプレスリリース。一見、真面目な内容のようにも思えたのだが、よくよく見るとその中には恐ろしい陰謀が隠されていたのであった(やや誇張)。(2010/9/9)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
テレビを使って1000万人にPRできれば売り上げがあがる!
大好きな相手にラブレターを書くように、プレスリリースを書く。テクニックを身につければ商品ヒットにつなげられる。(2010/6/10)

相場英雄の時事日想:
「一切ない」から「ご賢察ください」まで、プレスリリースの名・迷コメント
行政や企業などからメディア向けに、毎日膨大な量のプレスリリースが配られている。しかし発するコメント内容が、「分かりにくい」といったケースも多い。今回の時事日想は、ちょっと変わったプレスリリースを紹介する。(2010/4/1)

ブロガー向けにニュースリリース配信 News2u、アジャイルメディアと連携
News2uは、アジャイルメディアのサービスに登録したブロガー向けに、企業がニュースリリースを配信できるサービスを始める。(2009/9/16)

ニュースリリースをTumblrで配信 News2u、携帯サイトも公開
PR代行サービスのNews2uは、企業のニュースリリースをTumblrでも配信する。(2009/7/9)

日本IBM、Twitterでニュースリリース告知
日本IBMがTwitterを始めた。同社が発表したニュースリリースのタイトルとURLを更新している。(2009/7/6)

「DellがAndroidミニノート提供」の憶測流れる
憶測の発端となったのは、Bsquareという企業の「Dellの新しいAndroid NetbookにFlash Liteを移植する」というプレスリリースだった。(2009/5/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。