ニュース
» 2010年03月09日 19時37分 UPDATE

3分LifeHacking:USBメモリ:容量4Gバイトのはずが250Mバイトの時に「SDフォーマッター」!

USBメモリをフォーマットしたら、容量が少なくなってしまった経験はありませんか? そんなときはパナソニックが無料配布している「SDフォーマッター 2.0」を試してみましょう。

[傍島康雄,ライフハッカー[日本版]]

 USBメモリに、話題のChromium OSなんかをインストールしてひとしきり楽しんだ後、メモリとして使おうとしてWindowsでフォーマットすると、容量がずいぶん少なくなってしまった。なんて経験ありませんか? 例えば、容量4Gバイトのはずが、250Mバイトくらいの容量しか使えない。といった感じです。

 「まっ。使えるから良いか」なんて諦めず、パナソニックが配布している「SDフォーマッター 2.0」(Windowsのみ対応)を一度試してみて下さい。

ts_sdf2.jpg

 SDフォーマッター2.0は、SDカードをフォーマットする用途で配布されていますが、私(傍島)が確認した限りでは、USBメモリをフォーマットしても問題ないようです(全て確認してわけではないので、使用する場合は、自己責任でお願いします)。

 やっぱり心配だ! という方は、PCに装着した時に飛び出しが少ない小型のUSBメモリの中身は、microSDとUSBカードリーダーとの組み合わせという事もあるので、お持ちのUSBメモリをよく観察してみて下さい。私(傍島)は、コレに該当していました。

 さて、このソフト、使い方はいたってシンプルです。

 起動して[フォーマット]をクリックするだけです。容量が正しく認識されていない場合は、[オプション設定]の[論理サイズ調整]をON、中身をさっぱりと消去した場合は、[完全消去設定]をONにして下さい。

 最後、繰り返しになりますが、全てのUSBメモリで確認したわけではないので、USBメモリをフォーマットする時は、自己責任でお願いします。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -