ニュース
» 2010年10月04日 11時31分 UPDATE

3分LifeHacking:赤外線リモコンの動作をデジカメでチェックする

赤外線リモコンから信号が出ているかどうかは、デジカメを使えば手軽にチェックできる。

[kizuki,Business Media 誠]
st_dc01.jpg デジカメはもちろんケータイカメラでもOK。試した限りではiPhoneのそれは感度がそこそこ高いようで、送信部の点灯がはっきりと見える

 テレビやエアコンなどのリモコンの反応が、いまいちよくない場合がある。電池が消耗しているのか、それとも故障なのか、いまいち確証がもてない。わざわざ電池を取り替えてみてそれらを確認するというのは、ちょっと面倒だ。かといって送信部を覗き込んだところで、赤外線が肉眼で見えるわけはない。

 こうした場合、リモコンがきちんと信号を発しているのかどうかを確認するための手軽な方法がある。それはデジカメを通してリモコンの送信部を見るという方法だ。

 リモコンが発する信号は赤外線なので、人間の眼では見えない。しかしデジカメの撮像素子は赤外線をきちんと読み取るので、ボタンを押すたびにリモコンの送信部が点灯する様子が、液晶画面を通じて見られるというわけだ。わざわざ写真を撮らなくとも液晶画面上で確認できる手軽さもいい。


st_dc02.jpgst_dc03.jpg リモコンの送信部。ふだんは信号を発していても目に見えない。デジカメを経由すれば信号を発している様子を確認できる。電池の残量によって光り方の強弱が異なるので、電池の残量チェックにも使えそうだ

 と、実用的な切り口をメインに紹介したが、実のところ「デジカメを使えばリモコンの発光が見られる」というだけで、ちょっとした話のタネになる。カラオケボックスに行った際などに、リモコンとケータイカメラを使って赤外線が出ている様子を周りに見せるとウケるかもしれない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -