コラム
» 2013年11月18日 10時00分 UPDATE

楽しく働いて、楽しく生きよう:Eightのキャンペーンで名刺を一気にデータ化してきた (1/2)

お店に行くと無料で大量の名刺をスキャンしてくれるキャンペーン「名刺ハックス@渋谷」に行ってきた。Eightを使っている人にもこれからEightを使おうと思っている人にもオススメだ。

[三河賢文,Business Media 誠]
誠ブログ

 先日書いた通り、現在私は名刺管理に「Eight」というアプリを使用している。名刺交換をしたら、その日のうちにスマートフォンで名刺を撮影。するとEightの運営元であるSansanのスタッフが、撮影された画像データを見ながら手入力で名刺情報を登録してくれる優れものだ。

 ちなみに撮影が少し斜めになったり、名刺以外の背景が写真に含まれてしまっても大丈夫。情報登録の際に、丁寧にも画像加工までしてくれる。実際にやってみれば分かるが、名刺の撮影は結構難しい……。再撮影を繰り返す時間はもったいないので、個人的には非常にうれしいサービスだ。

渋谷のコワーキングスペースの“熱い”キャンペーン!

 さて、今回はそんなEightを利用している人、もしくは「利用してみようかな?」と思っている人に必見のキャンペーンを紹介したい。それが、「名刺ハックス@渋谷」だ。

shk_sansan01.jpg

他のキャンペーン実施場所

 このキャンペーンの存在を知って、その翌日にはすっ飛んでいった私。Eightは実際に使っていて非常に便利なサービスだと感じている。

オシャレ空間でくつろぎながら

 今回私が行ったのは、アップルストア渋谷からほど近い「Connecting the Dots」。

shk_mi01.jpg

 とても落ち着いた雰囲気で、これまで訪れたことのあるコワーキングスペースの中でも好きな場所だ。以前、誠 Biz.IDの連載「Re:Work!」でも取材したことがあるのだが、女性でも訪れやすいオシャレな空間になっている。

shk_mi02.jpg

 中に入ってみると、入口からすぐ左手にコーナーを発見。スキャナとタブレット、Bluetoothキーボードの置かれたEight専用のデスクがあった。

 ちなみにこのキャンペーン、機材が各コワーキングスペースで貸し出されているだけでなく、名刺データの読取りは何枚でも無料。必要なのは、滞在時間分のスペース利用料のみ。機材は広いデスクに置かれているので、仕事でもしながら並行してデータ化するなんてこともできそうだ。

 早速名刺の読取りをしてみた。

タッチ&セットで速攻スキャン!

 専用デスクに座ったら、まずはタブレットを操作して自分のEightアカウントにログインする。

shk_mi03.jpg

 入力はBluetoothキーボードを使って行う。担当者によると、ここで「アカウントとパスワードを忘れた……」という人が多いようなので、事前に確認しておくことをオススメする。

shk_mi04.jpg

 アカウントにログインできたら、スキャナに名刺をセット。裏表を気を付けておけば、セットする向きは気にしなくて良い。1枚1枚確認しなくて済むので、ありがたい。

 実は今回キャンペーンで使用している「Eight Scan」というソフト、スキャナを利用して名刺をEightに登録できるものなのだが、β版が無償提供されている。対応している機種、富士通のScanSnapシリーズとのこと。そのため、「渋谷遠いよ! 行けないよ!」という人でも、ScanSnapを持っていればぜひアプリをダウンロードして使ってみてほしい。私も帰宅後、すぐにインストールした。

shk_mi05.jpg

 名刺がセットできたら、再び操作はタブレットへ。「スキャン」をタップすれば、あとは自動的にセットした名刺の読取りが始まる。コーヒーでも飲んで待とう。

shk_mi06.jpg

 と、思ったら。読取り早っ!! 30枚程をセットしたのだが、あっという間にスキャナから吐き出されてきた。恐るべしEight、恐るべしScanSnap。コーヒーを飲む時間も、トイレに行く時間もなかった。

shk_mi07.jpg

 読み取った名刺情報は、すぐにタブレット上に表示された。ちなみにスキャンは、全て自動的に“両面読取り”となっていた。最近は、裏面にさまざまな情報を記載している名刺が多いので、助かる。

 タブレット上では、すぐに画像編集が可能。例えば縦型の名刺が誤って横向きにスキャンされていても、ワンタップですぐに正しく修正できるわけだ。マウス操作にも対応しているが、こうしら操作はタッチパネルのほうが相性良さそうだ。その辺も考えてタブレット&Bluetoothキーボードを用意しているのかもしれない。

shk_mi08.jpg

 確認&修正を終えたら、サーバへ送信。もし続けて追加登録したい名刺があれば、連続してスキャンしてからサーバへ送信することも可能だ。あとはもう、Eightに名刺情報が登録されるのを待つだけ。ここまで10分程あれば完了です。ちょっとした空き時間でも、利用できるスムーズさだった。

       1|2 次のページへ
Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ