連載
» 2014年08月29日 08時00分 UPDATE

ここが知りたいGmail:Gmailでラベル付きのメールだけを一発表示する

Gmailには「フォルダ」という概念はありませんが、ラベルで仕分けたメールだけを表示して、目的のものを探しやすくすることができます。

[まつもとあつし,Business Media 誠]

連載「ここが知りたいGmail」について

これまでの社内業務システムをGoogleが提供するGoogle Appsに移行して、メールもGmailで管理するという企業が増えています。Gmailには高度な検索やラベルによる振り分け機能などがありますが、従来型のメールソフトと使い方や作法が異なるため使いづらいと感じる人も多いようです。本連載ではGmail特有の作法について解説していきます。


ラベルの付いたメールを一覧表示

 受信トレイにメールがたまってくると、ラベルで目印を付けたメールでもあっても探すのは大変です。Gmailではラベルを付けたメールだけを一覧表示して、目的のメールを探しやすくすることができます。

 なお、フォルダに分類しないGmailでは、1つのアイテム(メール)につき複数のラベルを付けられますから(参考:フォルダのないGmail どうやって分類したらいいの?)、例えば「金谷ゼミ」「旅行」と2つのラベルを付けたメールがある場合、どちらのラベルを開いてもそのメールが表示されるというメリットがあります。

 (1)一覧表示させたいラベル名をラベルリストからクリックする
 ラベル付きのメールが一覧表示される。なお、選択したラベルのメールを一覧表示している状態ではそのラベル名が非表示になり、ほかのラベル(図の中では「受信トレイ」)名が表示される。メールからラベルを削除したい場合は、メールにチェックを入れ[ラベルを削除]をクリックすれば良い

作成したラベルは編集・削除できる

 一度作ったラベルでも、より適した名前に変更する必要が出てきたり、後にいらなくなることがあるかもしれません。そのような場合でも簡単に調整できます。ただし、削除したラベルは元に戻せないので、作業には注意が必要です。

 ラベルリストでラベルの▼をクリックし、表示されるラベルオプションからAを選べばラベル名の変更が、Bを選べばラベルの削除ができる。ラベルを削除しても、そのラベルの付いていたメールが削除されるわけではない

著者紹介:まつもとあつし

ay_dhu00.jpg

 ジャーナリスト・プロデューサー。『できるポケット+ Gmail 改訂版』(インプレスジャパン)著者。ASCII.jpにて「メディア維新を行く」、ダ・ヴィンチNEWSにて「まつもとあつしのそれゆけ! 電子書籍」連載中。著書に『スマート読書入門』(技術評論社)、『スマートデバイスが生む商機』(インプレスジャパン)『生き残るメディア死ぬメディア』(アスキー新書)など。

 取材・執筆と並行して東京大学大学院博士課程でコンテンツやメディアの学際研究を進めている。DCM(デジタルコンテンツマネジメント)修士。Twitterのアカウントは@a_matsumoto。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ