大切なメールには星を付けよう――Gmailの「スター」の使い方ここが知りたいGmail

毎日届く膨大なメールから大切なものをすぐに見つけるのは大変です。そんなときはGmailの「スター」機能を使いましょう。

» 2014年07月25日 11時00分 公開
[まつもとあつしBusiness Media 誠]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

連載「ここが知りたいGmail」について

これまでの社内業務システムをGoogleが提供するGoogle Appsに移行して、メールもGmailで管理するという企業が増えています。Gmailには高度な検索やラベルによる振り分け機能などがありますが、従来型のメールソフトと使い方や作法が異なるため使いづらいと感じる人も多いようです。本連載ではGmail特有の作法について解説していきます。


スターを付けて重要なメールを分かりやすく

 あとで読み返したいものや返信しなければならないメールに、目印として付けられる「スター」という機能がGmailにはあります。

 (1)受信トレイの重要なメールの星マークをクリックすると、スターに色が付く。間違えてしまった場合やスターを外したい場合は再度クリックする

スターを付けたメールだけを表示するには

 重要なメールにスターを付けておけば、スター付きのメールだけを一覧表示することもできます。

 (2)[スター付き]をクリックすれば、スター付きのメールだけが一覧表示される

 メルマガのようにさっと目を通すだけでよいメールもあれば、返信しなければならないメール、じっくり読まなければならないメールもあります。それらのメールに目印としてスターを付けておきましょう。

 目印を付けておけば見落とすことがありませんし、用が済んだ時点で外すこともできますので、うまく活用すればGmailをToDoリストとして使うこともできます。

著者紹介:まつもとあつし

 ジャーナリスト・プロデューサー。『できるポケット+ Gmail 改訂版』(インプレスジャパン)著者。ASCII.jpにて「メディア維新を行く」、ダ・ヴィンチNEWSにて「まつもとあつしのそれゆけ! 電子書籍」連載中。著書に『スマート読書入門』(技術評論社)、『スマートデバイスが生む商機』(インプレスジャパン)『生き残るメディア死ぬメディア』(アスキー新書)など。

 取材・執筆と並行して東京大学大学院博士課程でコンテンツやメディアの学際研究を進めている。DCM(デジタルコンテンツマネジメント)修士。Twitterのアカウントは@a_matsumoto。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR