連載
» 2014年12月01日 05時00分 UPDATE

「働く意味」がわからない君へ:「何回転職しても、人間関係に苦しみます」

「この職場はダメだ」と、転職を繰り返す人がいます。しかし、問題は自分自身にあるのです。

[諸富祥彦,Business Media 誠]

連載:「働く意味」がわからない君へ について

ks_book_hatarakuimi190.png

本連載は、諸富祥彦著、書籍『「働く意味」がわからない君へ ビクトール・フランクルが教えてくれる大切なこと 』(日本実業出版社)から一部抜粋・編集しています。

 「希望の職業に就けていない」
 「今の部署ではやる気が起きない」
 「上司が評価してくれない」
 「失敗するのが怖くて動けない」

本書は、このようなビジネスパーソンが抱きがちな48の悩みに、ビクトール・フランクルの言葉と彼が創始したロゴセラピーの考え方をもとに答えます。

ロゴセラピーとは、フロイトの「精神分析」、アドラーの「個人心理学」に続く3つめの潮流として位置付けられている“生きる意味”の発見を援助する心理療法です。

「あなたには、あなたにしかできない使命がある」。『夜と霧』の著者であり、人生の意味を見つめ続けたフランクルが贈る運命のメッセージです。

日々の仕事に「意味」を見い出し、「使命感」を感じて取り組むためのヒントが詰まった一冊です。


人間関係がうまくいかないと、「この職場はダメだ」と、すぐに転職を考えてしまいます。けれども、転職先でも毎回、同じような人間関係の問題に苦しめられます。

 何回転職しても、いつも同じ問題につまずく人がいます。とくに、どの職場でも、毎回同じような人間関係のトラブルに苦しめられる人が少なくありません。

 冷静に考えると、自分自身に問題があることは明白なのに、なかなかそれを直視することができないからです。

 いつも「この企業は問題がある」「まったくマシな人間がいない」と職場環境に原因を求めて、環境を変えれば何とかなると考え、転職を続けるのです。

 しかし、それでは自分自身の問題は一向に解決しないので、問題を先送りにするだけです。

 まずは、どの職場でも同じような人間関係のトラブルに苦しめられていること。このつらい事実を直視し、それを認めることからしか、何も始まりません。

 フランクルは言います。

事実の前で目を閉じても、事実それ自体をとり除くことにはならない。
(『意味への意志――ロゴセラピイの基礎と適用』)

不幸に対して身を背けたり、自らを麻痺させたりする人間は何らの問題も解決することができず、不幸を世界から排除することはできない。
『死と愛』

 なかなか手厳しい言葉です。

 しかし、現実から目をそむけている限り、問題は何も解決しません。

 まずは、事実を事実として直視すること。それが大切なのです。

自分が成長している実感が得られない君へ

現実をあるがままに認めること。そこからしか、何も始まりません。


関連キーワード

仕事 | 人生 | 考え方


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ