ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「考え方」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「考え方」に関する情報が集まったページです。

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
ゼロトラストで目指すのは、快適に、安心して、楽しく働ける職場を支えるIT基盤――日清食品グループの挑戦
コロナ禍以前より取り組んでいる在宅勤務を支えるIT施策の前提となる日清食品グループのゼロトラストセキュリティ。その考え方、取り組みの現状、さらに目指すその先について紹介する。(2021/1/19)

製造マネジメントニュース:
「日本企業は革新を推進する組織文化やDXへの意欲が低い」アジアとの比較調査
日本マイクロソフトは、アジア太平洋地域と日本企業のイノベーションに対する考え方の比較調査結果を発表した。「危機に強い事業運営には、イノベーション文化が不可欠」と考える経営者の割合は、アジア太平洋地域では98%、日本は69%だった。(2021/1/18)

買い物のスタイルも明らかに:
18〜20歳が望む「生活スタイル」ランキング 「自分磨きやチャレンジ」を押しのけて上位に入ったのは?
18〜20歳の男女600人に「若者のライフスタイルに関するアンケート調査」を実施。悩んでいること、望む生活スタイル、買い物への考え方などが明らかになった。(2021/1/11)

AI・機械学習の数学入門:
[AI・機械学習の数学]機械学習でよく使われる「ベイズの定理」を理解する
確率と統計の基本を踏まえた上で、スパムフィルターをはじめとして幅広く利用されているベイズの定理の考え方や応用について見ていく。(2021/1/7)

事例で学ぶスキル向上と再教育の意義【後編】
社員を第一に考えない会社が「DX」を語るな――シュナイダーが考えるDXの進め方
DX推進は競合他社との戦いに必要だ――こうした考え方は間違いではないが、より重要な視点を見落としてはいないか。重電メーカーSchneider Electricが重視するのが「従業員ファースト」の視点だ。(2021/1/7)

調査で判明:
「首都圏に配属されたら地元に帰れない」 転勤のない企業を希望する学生がコロナ禍で増加?
就職情報大手の学情が学生を対象に「転勤」に関するアンケートを実施。コロナ禍で転勤に対する考え方はどう変化したのか。(2021/1/6)

Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYO ONLINE:
日立の考えるニューノーマルのパラダイムシフトとQoLを高めるビル空間の創造
コロナ禍でクローズアップされた“ニューノーマル(新常態)時代”には、これまでの考え方を変えるパラダイムシフトが必要とされる。その中心にあるのは、「感性価値の充実が幸福につながる」という考えだ。これまでは、スピードや量といった数字で表現できる価値が重視されてきた。しかし、ニューノーマルでは、地球が持つ生命環境の容量を前提として、多様性に富んだ組み合わせをどれだけ提供できるかが問われるという(2021/1/6)

総務のための「オフィス」再考:
オフィスのコロナ対策 “なるべく工事ナシ”でソーシャルディスタンスを確保する方法
新型コロナ対策で、総務に求められる「オフィス変革」。ソーシャルディスタンスの確保、レイアウト変更など、現状に役立つ考え方を整理しました。(2021/1/6)

半径300メートルのIT:
2021年にもう一度“トラスト”を考え直す 「無条件に信頼しない」3つのポイント
2021年最初のコラムは、ITセキュリティにおける「トラスト」について考えます。トラストは、セキュリティの根幹をなす重要な考え方です。本稿でトラストするものとトラストしないものをもう一度確認しましょう。(2021/1/5)

Windows 10時代のレジストリクリーニング【前編】
「“遅いWindows 10”をレジストリ掃除で解消」は危険なだけで無駄だった?
「Windows」のレジストリ編集は危険を伴うが、うまくクリーニングできれば遅くなったPCの動作を改善できる――。こうした考え方は、現在では必ずしも正しいとは言えないという。どういうことなのか。(2020/12/29)

いまさら聞けないスマートファクトリー(4):
スマート工場で成果が出せない現場で見過ごされがちな「データ活用の前準備」
成果が出ないスマートファクトリーの課題を掘り下げ、より多くの製造業が成果を得られるようにするために、考え方を整理し分かりやすく紹介する本連載。今回から製造現場でつまずくポイントとその対策について。第4回では、製造現場データを活用する前に障壁となるデータの整理や準備の難しさについて解説します。(2020/12/21)

地方企業の問題地図 【後編】:
えちごトキめき鉄道の鳥塚亮社長と沢渡あまねが語る「地方企業の問題地図」 いすみ鉄道の成功から見る「地方を救うブランド化」
「地方企業の問題地図」――。千葉県のいすみ鉄道を経営危機から救い、現在は新潟県のえちごトキめき鉄道の社長を務めている鳥塚亮氏と、現在浜松市に身を移して組織改革・ワークスタイル変革の専門家として活動している沢渡あまね氏に対談してもらった。後編では、鳥塚氏が取り組んだいすみ鉄道の改革の手法と、地域を変えるために必要な考え方を聞く。(2020/12/19)

テレワーク中の従業員を狙うサイバー脅威
従来の考え方は通用しない「ニューノーマル時代のセキュリティ」への向き合い方
ニューノーマルの時代が始まり、多様な働き方を可能とする就労環境の整備が急がれる。緊急事態宣言発令時の急ごしらえの対応から恒久的な対応へと切り替える時期に来ているが、セキュリティをどう考えるべきか。(2020/12/16)

いまさら聞けないスマートファクトリー(3):
スマート工場でつながるエンジニアリングチェーン、“長年の壁”をどう崩すか
成果が出ないスマートファクトリーの課題を掘り下げ、より多くの製造業が成果を得られるようにするために、考え方を整理し分かりやすく紹介する本連載。第3回では、エンジニアリングチェーンの連携を切り口に、製造現場と設計部門の連携の意味を紹介します。(2020/12/9)

製造業DX:
PR:製造業はDXとどう向き合うべきか、鍵となる「正しいデータ」と「試行錯誤の数」
製造業のDX化への取り組みが加速している。DXを成功させるための考え方やポイントについて、「データ収集」の支援をしてきたアプトポッドの代表取締役である坂元淳一氏と、「データを蓄積し活用する」ところを支援してきたアマゾン ウェブ サービス ジャパン テクノロジーパートナー本部 セグメントリード(AI/機械学習・IoT) 小澤剛氏 に話を聞いた。(2020/12/9)

IT部門も押さえておくべき:
「mmhmm」創業者が語る、日本企業のプロダクトマネジャーが陥りがちな失敗と対策
新型コロナウイルス感染症の拡大で働き方や消費行動が多様化する中で、新しいプロダクトを迅速かつ効率的に生み出しスケールさせていくためにはどのような考え方が求められるのか。2020年10月に開かれた「プロダクトマネージャーカンファレンス2020」でEvernoteの共同創業者で「mmhmm」の生みの親であるPhil Libin氏がノウハウを語った。(2020/12/1)

ルグラン泉浩人氏に聞く:
「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーのルグランが提供している。同社は次なる展開としてIoTセンサーによる二酸化炭素濃度測定サービスを開始。なぜ? 共同CEOの泉浩人氏に聞いた。(2020/11/25)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(55):
セキュリティに力を入れるな? 狩野モデルに学ぶ“当たり前を魅力的に”
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は、品質管理の分野で大きな影響を与えた「狩野モデル」の考え方とセキュリティについてお話しします。(2020/11/20)

DC-DCコンバーター活用講座(40):
DC-DCアプリケーションの考え方(1)極性の反転やパワーダブラー
今回からは、DC-DCコンバーターのアプリケーション分野がいかに広いかを示すため、DC-DCコンバーターのあまり一般的でないいくつかの使用方法について検討します。まず、「極性の反転」や「パワーダブラ―」に関して解説します。(2020/11/17)

いまさら聞けないスマートファクトリー(2):
「スマート工場」の見え方はこんなに違う、現場視点と経営視点のギャップ
成果が出ないスマートファクトリーの課題を掘り下げ、より多くの製造業が成果を得られるようにするために、考え方を整理し分かりやすく紹介する本連載。第2回では、製造現場側見るとかみ合わない経営者側の視点から見たスマートファクトリーを紹介します。(2020/11/10)

NHK受信料徴収、ネット利用者見送り検討 総務省が方向性提案
 総務省は9日、NHK受信料の徴収対象として、インターネット視聴者について現時点では見送る方向で検討していることを明らかにした。テレビ番組を放送と同じ時間にネットにも流す「同時配信」などが普及の初期段階にあるためで、同様の理由から全世帯・事業者を受信料の支払い対象とはしないとした。公共放送のあり方について議論する有識者検討会分科会で考え方を示した。(2020/11/9)

HP デジタルマニュファクチャリング サミット 2020:
パナソニックが実践するデジタルマニュファクチャリング技術の適用と価値づくり
日本HPは、オンラインイベント「HP デジタルマニュファクチャリング サミット 2020」を開催。基調講演に登壇したパナソニックは「デジタルマニュファクチュアリング時代の製造メーカーの価値づくりの未来」と題し、同社におけるデジタルマニュファクチャリング技術の量産適用の取り組み、メーカーとしての価値づくりの考え方などを披露した。(2020/11/5)

クラウドだけに絞る必要はない:
PR:クラウドの運用モデルをオンプレミスへ、どちらも上手に使う方法とは?
「パブリッククラウドだけが正解」という偏った考え方は影を潜め、ハイブリッドクラウドを基本に据える企業が増えてきた。次に実行すべきなのは「クラウドとは場所の問題」という考え方を捨て、ハイブリッドクラウドを戦略的に活用することだ。これを具体的に支援してくれる取り組みとは。(2020/10/30)

サイボウズ青野社長が経営者に問う、新常態への「覚悟」の意味
「100人いたら100通りの働き方」を掲げ、多様な働き方の実現に取り組んでいるサイボウズ。同社の青野慶久社長に、withコロナ時代の働き方や、コロナ禍以前の働き方に逆戻りしてしまわないための考え方について伺いました。(2020/11/2)

高橋社長、auの値下げは「今のところ考えていない」 UQの新プランは「国際水準に遜色ない」
KDDIが10月30日に開催した決算説明会で、高橋誠社長が政府の値下げ要請やマルチブランドの考え方について、あらためて説明した。auブランドでは5Gを追求し、安価な料金はUQ mobileで対応する。MNP手数料の無料化についても対応する方針を示した。(2020/10/30)

特集:withコロナ時代のクラウドセキュリティ最前線(1):
2020年でも「おっかなびっくり、クラウド恐怖症」の根底には何がある?「責任共有モデル」を理解し現状を打破する再考ポイント
クラウドサービスの活用が急務の今、必要となる“考え方の転換”やアプローチについて、クラウドセキュリティにおける意識調査のレポートを公開した2社に話を聞いた。(2020/10/30)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
「情シス意識調査2020」で判明、ニューノーマル時代の働き方やキャリアの考え方
ニューノーマル時代の到来によって働き方に対する意識が大きく変わる中、DXの推進役となる情シス部門の担当者は、どのような意識を持って日々の業務に当たっているのだろうか。356社を対象に実施した調査の結果と考察を紹介する。(2020/10/30)

「どこからがAI?」「越えてはいけないルールは?」 AI規制の最前線、日欧のキーパーソンが解説
AIは便利な一方、無秩序に利用すると人権侵害などを発生させる恐れもある。AIを使いながらも健全に社会を発展させていくには、一定のルール作りが必要だ。日本と欧州でAIの規制作りを進めるキーパーソンが、規制の考え方などを解説した。(2020/10/28)

調査で判明:
コロナ禍だけど、報・連・相は「対面」のほうがやりやすい? 新入社員と上司・先輩の考え方は違うのか
コロナ禍で働き方が大きく変わった。新入社員と上司・先輩社員の考え方はどう違うのか。コミュニケーションツールや「対面」の有効性について尋ねた調査の結果は?(2020/10/27)

高橋真麻、卒乳を報告し“母乳神話”に苦言 「それぞれの事情や体調がある」「いまの子育てをリアルに伝えていきたい」
母乳についての考え方もつづっています。(2020/10/22)

スマートファクトリー:
「モノづくりの“コンテンツ”をどう生かすか」製造業のDXに必要な考え方
インテルは2020年9月28〜29日、製造業向けのオンラインユーザーイベント「インテル 製造フォーラム2020」を開催した。本稿では「製造業のDX」をテーマとし、日本の製造業が目指すべきDX(デジタルトランスフォーメーション)の姿とは何かについて語ったパネルディスカッションの様子をお伝えする。(2020/10/21)

調査で判明:
ハロウィーンに否定的な理由 3位は「何かと理由をつけて騒ぐのは良くない」、2位は「感染拡大につながりそう」、そして1位は……
ハロウィーンの時期がやってきた。このイベントに肯定的、否定的な考え方をする人たちがいる。どんな理由からか。(2020/10/16)

自動車技術会秋季大会 特別座談会:
PR:どうなる!? with CORONA社会のモビリティ技術
オンラインでの開催となった自動車技術会の2020年秋季大会では、トヨタ自動車や日産自動車、本田技術研究所の技術系トップが語り合う特別座談会の動画を公開する。現在は経営に携わる三氏が、技術者としてどのような思いや考え方を持っているのかを知ることができる貴重な機会となりそうだ。(2020/10/14)

視点:
保有技術・保有アセットを生かしたユーザー目線での事業作り
新しい事業を創出する場合、保有技術や保有アセットをうまく生かすという考え方は正しいが、その技術やアセットを主語に考えてしまいプロダクトアウトの発想になっていないだろうか。(2020/10/12)

実例で学ぶステップアップ設計者CAE(5):
設計プロセスにおけるCAE活用のステップとアセンブリの解析
初心者を対象に、ステップアップで「設計者CAE」の実践的なアプローチを学ぶ連載。詳細設計過程における解析事例を題材に、その解析内容と解析結果をどう判断し、設計パラメータに反映するかについて、流れに沿って解説する。第5回は、設計プロセスごとのCAEの考え方と、アセンブリにおけるCAE活用のポイントを取り上げる。(2020/10/12)

成長の鍵はAI:
PwCが提唱する「AI経営」 マーケティングにはどう関わってくる?
予測不能な時代のマーケティングに単純なデータ分析は通用しない。だからこそAIの活用が必要だ。PwCが提唱する「AI経営」について、マーケティング領域での考え方を聞いた。(2020/10/8)

いまさら聞けないスマートファクトリー(1):
スマートファクトリー化がなぜこれほど難しいのか、その整理の第一歩
インダストリー4.0やスマートファクトリー化が注目されてから既に5年以上が経過しています。積極的な取り組みを進める製造業がさまざまな実績を残していっているのにかかわらず、取り組みの意欲がすっかり下がってしまった企業も多く存在し2極化が進んでいるように感じています。そこであらためてスマートファクトリーについての考え方を整理し、分かりやすく紹介する。(2020/10/6)

投資は、お金もうけか社会貢献か? ESG投資の可能性
株式投資といえばお金を増やすためにすること――。そんな考え方が、徐々に変わってきているかもしれない。社会に貢献している企業の株式を買うことで、応援し、世の中をよくしていく一歩にしたい。そんな目的の投資スタイルが生まれていく可能性がある。(2020/10/2)

非住宅分野でもIAQ「室内空気質」が重要な理由:
PR:換気で省エネと健康を両立、パナソニックが提案する“withコロナ=ニューノーマル時代”の暑熱対策
新型コロナ感染症の拡大を受けて、企業間で空気の質、いわゆる“空質”に対する関心が着実に高まりを見せている。そうした中、製造業を中心に課題となっているのが、近年の猛暑を受けた工場内での暑熱対策だ。暑熱対策として既存の空調方式は、いくつかあるが、実はそのいずれもが高い経済性と環境負荷の低減など、経営視点での要求を高いレベルで満たすことは難しい。しかし、そうした中、パナソニックが提案する次世代の換気とも呼べるスマートウェルネス換気と室内空気質(IAQ)の考え方、それを実現する空調設備などの製品群が多くの工場などに採用され、高い評価を受けている。(2020/10/8)

必修化のプログラミング教育、手のひらサイズ基板PCで
今年度からプログラミング教育が小学校で必修化された中、「プログラミングクラブネットワーク」が開発したマイクロコンピュータ「イチゴジャム」に注目が集まっている。開発者は「プログラムはこれからの時代に必要な考え方だ」と強調した。(2020/9/29)

政府、サイバーセキュリティ対策に「ゼロトラスト」導入へ
 菅義偉(すがよしひで)内閣が掲げる行政のデジタル化に備え、サイバーセキュリティー対策を強化するため、政府が「ゼロトラスト」と呼ばれる新しいセキュリティー対策の導入を検討していることが25日、分かった。「不正侵入はあり得る」との前提で対策を講じる新たな考え方で、侵入を防御する従来の対策からの転換となる。(2020/9/28)

働き方改革につながる「どこでもオフィス」の薦め
コロナ禍だけで終わらせない、継続し「使える」テレワーク環境に必要な考え方
緊急事態宣言のために企業は「急に」テレワークに対応せざるを得なくなり、さまざまな課題が露呈した。オフィスを含め、適切なIT環境なしに安全なテレワークを続けるのは難しいことも見えた中、適切で必要な対策とは。(2020/9/28)

コロナ禍で変わる新しいワークプレイスの在り方
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、大手企業を中心に急速にテレワークなどによる「在宅勤務」が普及するなか、テナント企業のワークプレイスに対する考え方に変化が生じている。(2020/9/23)

「変わらないといけないタイミング」:
さくらインターネット、東京オフィス半減へ “眺めがいい最上階”も手放す、田中社長「リモート前提」の考え方
さくらインターネットが、2021年1月をめどに東京支社のオフィス(西新宿ビル)を半分以下に縮小する。コストカットが目的というよりは、業務を行うためだけの場からイノベーションを生むためのスペースに変える狙いがあるという。(2020/9/24)

「AIOps」とは何か【第3回】
「MLOps」とは? 機械学習モデル開発にDevOpsを生かす
DevOpsの考え方を取り入れた機械学習モデルの開発手法が「MLOps」だ。従来の開発手法と何が違うのか。機械学習の要件を踏まえて登場したMLOpsの基礎を解説する。(2020/9/16)

イノベーションは日本を救うのか(37)番外編:
コロナ後の新しい価値観を探る 〜3つのウェルネスとデジタルアクセラレータ
コロナ禍は、新しい価値観を探る機会なのではないか。こうした中、筆者は最近、今後の世界観あるいはフレームワークとして、「3つのウェルネスとデジタルアクセラレータ」を提唱している。今回は番外編として、これらの考え方を紹介したい。(2020/9/16)

医師が勧める「ネガティブな考え方を止める方法」 マイナス思考な作者が楽になれた実体験漫画に反響
認知の歪みと向き合おう。(2020/9/14)

オタクなら「円盤を買わないとファンじゃない」? ファン活動への悩みに心理学的に答える『アスクミ先生に聞いてみた』17時間目
同じ作品が好きなのに考え方の違いから仲違いしてしまうとか、たまに聞いたりしますね。(2020/9/14)

「6+7=13」って頭の中でどう計算してる? 「暗記」「6を分解」「そろばんをイメージ」などさまざまな声
いろんな考え方がありますね。(2020/9/9)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
日本勢の華麗なる反撃 アイサイトX
高度運転支援システムにまつわる「考え方」的な諸問題を解決し、使いやすく便利で、なおかつモラル的な逸脱をしっかり抑制したADASへと生まれ変わったのが、今回デビューしたアイサイトXだ。また大袈裟だといわれるのを覚悟して書くが、アイサイトXは、2020年の時点では世界最高のADASだといえるし、少なくとも市販モデルに搭載されたシステムとしては、最も自動運転に近づいたシステムである。(2020/8/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。