ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「考え方」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「考え方」に関する情報が集まったページです。

まずは顧客のストレスをなくすことから:
ファンケルに学ぶ、チャットbot活用を残念事例で終わらせないための考え方
期待が大きい半面、失敗も多いチャットbot活用。投資を無駄にしないためにどうすればいいのか。ファンケルの実践例に学ぶ。(2019/4/18)

PR:売上が伸びても「成長できない」のはなぜ? 会社のお金が見える「キャッシュフロー」の考え方
売上も利益も順調に伸びているはずなのに、支払いや投資の資金がない……。“黒字倒産”の危機が迫る前に、頭に入れておかなければならないのが「キャッシュフロー」だ。どのように経営に役立てればいいのだろうか。(2019/4/17)

成熟した技術で普及期へ向かう「SDN」【前編】
「SDNは大企業のためのもの」という考え方はもう古い
「SDN」が本来の定義から変化し、その対象範囲を拡大させている。SDNに何が起きているのか。SDNの基本に立ち返りつつ、その変化をひも解く。(2019/4/17)

Gartner Insights Pickup(104):
インフラと運用、デジタル時代への対応に必要なのはマインド変革
デジタル時代においてますます重要な課題はサービス停止を減らすことだ。それには、迅速に障害復旧を行う“ヒーロー”に頼るような考え方では不十分だ。(2019/4/12)

潜在ニーズ掘り起こし:
「BOSS」なのに紅茶、「天然水」から緑茶 サントリーの狙いは?
飲料メーカー各社が相次いで新商品を投入する春だが、今年はペットボトル飲料で、ちょっとした異変が起きている。サントリー食品インターナショナルが、コーヒーの「ボス」から紅茶を発売するなど、ブランドの持つカテゴリーを越える新商品を続々と投入するからだ。同社のこうした試みは「商品カテゴリーだけでブランドを見ない」という考え方がある。(2019/4/11)

実例から知る「4通りの働き方改革」
大手4社から学ぶ「テレワークにつまずく要因と乗り越え方」
働き方改革を主導する立場にある大手4社も、実は自組織の働き方に悩んでいた。テレワークを導入しても組織に浸透しないなどの問題を抱える中、それぞれの企業がたどり着いた4通りの考え方とは。(2019/4/2)

やっぱり給料:
入社の決め手は? 平成元年組と30年組で違い
平成元年に入社した人と、平成30年に入社した人――。仕事に対する考え方にどのような違いがあるのだろうか。会社に入社した決め手を聞いたところ……。スタッフサービス・ホールディングス調べ。(2019/3/30)

経産省のガイドラインを使いこなす:
サイバーセキュリティ経営の実践に向けたプラクティス集、IPAが公開
経済産業省とIPAは、サイバー攻撃に対する備えの強化に向けて、国内での実践事例を基にしたプラクティス集を公開した。2017年11月に策定した「サイバーセキュリティ経営ガイドライン Ver.2.0」を実践する際に参考となる考え方や実践事例を載せた。(2019/3/27)

7つの手法、8つのポイント
アプリケーションとデータアクセスのモダナイゼーション手法とは
レガシーシステムをモダン化する場合、どのような手法を選択するかでその後の道は大きく分かれる。アプリケーションとデータアクセスのモダナイゼーションに必要な考え方や手法を紹介する。(2019/3/28)

新事業を選ぶ“2つの条件”:
「本業と無関係」「10年かかる」 キャビア養殖に挑む電線メーカーの生き残り術
ケーブル・電線メーカーの金子コードは、本業から懸け離れた、事業化に10年かかる「キャビア養殖」に参入した。なぜ畑違いの新事業に挑むのか。その背景には、10年かけて育てた新事業に救われた経験があった。金子智樹社長に、新事業の考え方を聞いた。(2019/3/11)

CIOへの道:
「攻めのIT、守りのIT」はオワコン? オイシックスのCMT、西井氏に聞く「ビジネスとITの間を行き来できる組織の作り方」
マーケティングのプロがIT部門にも関わるという、ちょっと変わった組織体系のオイシックス・ラ・大地。このような組織体制になった背景や効果、同社のマーケティングに対する考え方を、クックパッドの情シス部長が聞く。(2019/3/7)

私、人見知りしないんです(編):
シャイなエンジニアたちが伝授する、知り合いを増やす効果的な方法と考え方
そもそも「人脈」って作るものなんですか?(2019/3/4)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「この製品がダメだから、このメーカーはダメだ」という考えが危ない理由
PCやスマホの周辺製品に不具合が発覚した場合、ユーザーからは「あのメーカーは信頼できる」「信頼できない」などと、製品の評価をメーカーそのものの評価へと繰り上げる傾向がよく見られる。しかし周辺機器の場合、こうした考え方はやや短絡的で、逆に選択肢の幅を狭めてしまう危険がある。(2019/2/28)

水曜インタビュー劇場(眠り公演):
カプセルホテルの“常識”が変わる? 「ナインアワーズ」の考え方
カプセルホテルといえば、サラリーマンのおじさんが泊まっているといったイメージが強いかもしれないが、数年ほど前からちょっと異変が起きている。オシャレな雰囲気を演出しているところが増えてきたなかで、「眠り」にチカラを入れているところがある。それは……。(2019/2/27)

旅行ジャーナリストに聞いた:
10連休、学びを意識した旅へ 広がる「旅育」とは?
「10連休」が予定される今年のゴールデンウイーク。家族旅行をする人も多いはずだが、親の働きかけ方ひとつで、子供の学びの場にもなり得る「旅育(たびいく)」という考え方が広がっている。昨夏、「旅育BOOK 家族旅行で子どもの心と脳がぐんぐん育つ」(日本実業出版社)を出版した旅行ジャーナリストの村田和子さんに「極意」を聞いた。(木ノ下めぐみ)(2019/2/22)

渋谷豊の投資の教室:
不動産を買ったらお金持ちになったのか、お金持ちだから不動産を買ったのか
不景気に強いのは、金や不動産などの実物資産だといわれる。株や債券と並んで、資産運用を考える上で避けて通れないのが不動産。では不動産にはどんな特徴があって、どういう考え方で投資を考えるべきなのでしょう。(2019/2/21)

コンテナベースのCI/CD本番事例大解剖(1):
Kubernetes、コンテナ技術を活用した開発アジリティー向上にインフラアーキテクトはどう貢献したのか
Kubernetes、コンテナ技術を活用したCI/CD基盤におけるサービス開発について、リクルートの事例を基に解説する連載。初回は、インフラアーキテクトの視点から技術選定の考え方について解説。(2019/2/20)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
クラウド移行が最適解とは限らない、非機能要件も考慮したクラウド活用法
組織がクラウドのメリットを最大限活用するためには、多種多様に展開されるクラウドサービスの中から最適なものを選び、オンプレミスも含む最善の組み合わせを追求しなければならない。ハイブリッドITは、それを実現するための考え方だ。(2019/2/5)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「いい加減にしてよアグネス」から30年 “子連れ出勤”論争に根付く3歳児神話の呪縛
30年前のアグネス論争がきっかけで生まれた言葉「子連れ出勤」。いまだに政治家が「3歳児神話」を持ち出し、批判されている。まだまだ子連れ出勤には課題がある。難しい問題だが、神話ではなく「ケア」の考え方が必要だ。(2019/1/25)

MONOist 2019年展望:
金属3Dプリンタ活用3つのハードルと日本のモノづくりの今後
金属3Dプリンタ関連の技術開発が急速に進み、海外を中心に製造事例も聞こえてくるようになった今日、その動きに取り残されないよう、従来の考え方や経験にとらわれない仕事をしていくことが、今後はより重要になっていきそうだ。(2019/1/8)

FAメルマガ 編集後記:
製造業のデジタル変革、スマート工場化の極意とは?
定性的ですが、結局は「考え方」に立ち返ってしまいます。(2018/12/28)

高橋誠社長に聞いた:
KDDI携帯、来春値下げ ドコモに対抗、数百億円還元
KDDIの高橋誠社長は25日までに産経新聞の取材に応じ、NTTドコモが来春に検討している携帯電話料金の値下げについて、「他社に値下げされたら絶対に対抗する。それが民間企業の考え方だ」と述べ、来春以降、追随値下げする考えを明らかにした。ドコモは端末販売代金と通信料金を切り離した「分離プラン」の導入などで値下げし、約4千億円を還元する考え。一方、KDDIは分離プランを導入済みで現在の料金水準はドコモよりも低く、追加値下げによる還元額は「数百億円程度」の見通しだ。(2018/12/27)

KDDI携帯、来春値下げ ドコモに対抗、数百億円還元
KDDIの高橋誠社長は産経新聞の取材に応じ、NTTドコモが来春に検討している携帯電話料金の値下げについて、「他社に値下げされたら絶対に対抗する。それが民間企業の考え方だ」と述べ、来春以降、追随値下げする考えを明らかにした。(2018/12/26)

自動運転で事故……ドライバーに注意義務、メーカーに責任も
自動運転中に事故が起きたら責任は誰が問われるのか。警察庁の調査検討委員会報告書では、刑事責任の考え方についても限定的ながら示された。警察当局は、自動運転システムが正常に機能している場合、「事故は起きない」との前提に立っており、本人運転に切り替わる際の警告にドライバーが気付かないなど「注意義務違反」による摘発を主に想定している。(2018/12/21)

「事故は起きない」との前提:
自動運転で事故……ドライバーに注意義務、メーカーに責任も
自動運転中に事故が起きたら責任は誰が問われるのか――。道路交通法改正試案の土台となり、20日にまとまった警察庁の調査検討委員会報告書では、刑事責任の考え方についても限定的ながら示された。警察当局は、自動運転システムが正常に機能している場合、「事故は起きない」との前提に立っており、本人運転に切り替わる際の警告にドライバーが気付かないなど「注意義務違反」による摘発を主に想定している。(2018/12/21)

経営判断には正しいデータを
CIOならば「データの質は量でカバーできる」という考えを捨てよ
「質の悪いデータからでもよい分析結果が得られる」という考え方は、ビッグデータ分析には有効かもしれない。しかしCIO(最高情報責任者)であれば、このアプローチをビジネス変革に用いるのは我慢した方がよい。(2018/12/20)

「思ったほど検出しない」となった企業も:
PR:EDR導入でも失敗して泣かないための、エンドポイントセキュリティを超えた考え方とは
旧来のシグネチャベースのアンチウイルス製品では近年猛威を振るうランサムウェアなどを検出できないようになってきた。そのため現在は、新しいエンドポイントセキュリティ製品として「EDR」(Endpoint Detection and Response:エンドポイントの検出と対応)が大きな注目を集めている。だが、導入したもののうまくいかないケースは少なくない。その理由とは何なのか。(2018/12/28)

ホワイトペーパー:
Windowsを“凶器”として悪用? 「ファイルレス攻撃」の恐ろしさ
危険な動作をするファイルをマルウェアだと捉え、検知して対処する――。こうした従来型のマルウェア対策の考え方が通用しない、厄介な攻撃手法が広がりつつある。(2018/12/18)

「爆音サウンド(!?)」奏でる電動バイク爆誕 台湾キムコの電動スーパースポーツ「SuperNEX」がすげぇ
「電動車の静けさはシラケる。ワイのバイクはこうや」 この考え方、好き。(2018/12/15)

スクラムに最適化した「オフィス」で働き方はどう変わったか エウレカ新オフィスで仕事がはかどる理由
スクラム開発の導入で働き方が大きく変わったエウレカが、移転を機に「オフィス」をスクラムに最適化。隅々までスクラムの考え方が反映されたオフィスで、働き方はどう変わったのか。(2018/12/13)

EMCジャパン株式会社提供eBook
GDPRに即したデータ保護とバックアップの考え方とは 対応ポイントを徹底解説
GDPR(一般データ保護規則)の施行により、該当企業はデータの保存方法と保護、バックアップを見直す必要がある。これが重要なポイントとなるのだ。だが、何をどう対応すればよいのだろうか。そこで確認すべきポイントと注意点をまとめた。(2018/12/28)

IoTセキュリティの現実的な仕組みと課題(4):
完全な答えのないIoTセキュリティの世界、最後はやはり……
工場や重要インフラで利用されつつある「インダストリアルIoT(IIoT)」の世界に着目し、IoTセキュリティの現実的な仕組みと課題について解説する本連載。第4回(最終回)では、リスクの考え方の理解を深めると同時に、IoTセキュリティを検討する上で必要な心構えについて解説する。(2018/11/29)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(25):
接点部品(4)――SWのディレーテング
これまでスイッチ(SW)に適用される安全規格や使い方、選択のポイントなどについてその概要を説明してきました。今回は、SWのディレーティングの考え方や失敗事例などについて説明します。(2018/11/27)

製造業IoT:
PR:スマート工場は“共創”が必須、エッジからクラウドまで3社が語る成功への道
スマート工場化が加速しているが、成果を得るためには多くの課題をクリアする必要があり、1社では難しい。さらに外部の力に頼るとしても、分野が多岐にわたり、こちらも1社に全てをお願いするのが難しい状況だ。そこで重要になるのが、ユーザーとパートナー、そしてパートナー同士が、複数社で協力して取り組む「共創(Co-Creation)」の考え方である。共創で実現するスマート工場成功の秘訣を3社に聞いた。(2018/11/14)

「Apple Watchは強力なコンピュータ」 ジョナサン・アイブ氏語る
Apple最高デザイン責任者のジョナサン・アイブ氏が、Apple Parkにデザインチームを集めたメリット、Apple Watchについての考え方などを語った。(2018/10/22)

@IT脆弱性対応セミナー2018:
企業の健全な成長を考えたときに欠かせない、サーバ脆弱性対策の考え方とは――NEC
@ITは、2018年9月11日、東京で「@IT脆弱性対応セミナー」を開催した。本稿では、NECの講演「企業成長の鍵 サーバの脆弱性リスク管理がいま必要とされる理由」の内容をお伝えする。(2018/10/19)

Supership森岡康一氏がスタートアップ支援のキーパーソンと熱論:
日本型ユニコーン企業を目指す「ハイブリッドスタートアップ」という考え方
日本の未来を開くスタートアップのエコシステムとはどのようなものか。(2018/10/16)

Google、個人情報へのサードパーティーアプリからのアクセス制限を強化
Googleは、Facebookの個人情報流出スキャンダルを受けて立ち上げた“データアクセスに関する考え方を根本から見直すためのプロジェクト”「Project Strobe」の一環で、「Gail API」や「Android Contacts API」を利用できるアプリを制限していくと発表した。(2018/10/9)

モデルベース開発:
モデルベース開発は単なる手法でなくモノの考え方、マツダ流の取り組みとは
マツダは2021年に向けて、エンジンや電動パワートレイン、プラットフォーム、デザインなど、さまざまな分野の取り組みを同時並行で市場投入する。「今後の研究開発計画を、今の人数でなんとかこなせるのはモデルベース開発を取り入れているから。単なる開発手法ではなく、ものの考え方だ」と同社 常務執行役員 シニア技術開発フェローの人見光夫氏は説明する。(2018/10/9)

DMM.makeの中の人に聞く「IoTとスキル」(1):
自分の仕事は実験の連続、報酬は「信用×換金レート」で決まる
今回から、IoTを業務に活用したい人たちをサポートしている、DMM.make AKIBAのスタッフのインタビューを連載する。IoTに関する考え方はもちろん、彼らのキャリアからも何かを得られると思う。今回は、DMM.make AKIBAでエヴァンジェリストを務める岡島康憲氏に登場いただいた。(2018/10/5)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(31):
「Windows 10」以前のOSを使い続けるということを考える
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は、最新OSではないレガシーOSを安全に使うための考え方について紹介します。(2018/10/3)

RPAで手軽に業務効率化、効果を最大限に引き出すための方法とは
RPAによる手軽な業務効率化が注目を集める。だが安易なRPA頼みでは十分に成果が出ず、将来に問題が顕在化する可能性もある。超効率化を実現するために必要な考え方とは?(2018/9/27)

電力供給サービス:
横浜環境デザイン、神奈川県の「電力地産地消」を目指す公募に採択
神奈川県の県有施設で使用する電力を調達する小売電気事業者の公募に、太陽光発電や電力販売事業を手掛ける横浜環境デザインが採択。電力の地産地消に向けた取り組みに関する考え方などが評価されたという。(2018/9/26)

めちゃ参考になる! 片付けが苦手な友人を手伝った漫画から学ぶ片付けの方法や考え方
几帳面にできない自分を責めるのではなく、おおざっぱな自分でも片付く工夫をすることが必要。(2018/9/26)

データ分析を治療に生かす
注目の「バリューベースヘルスケア」、実現はアナリティクスが鍵
医療機関はバリューベースヘルスケアを導入し始めている。この考え方を取り入れ、ハイリスク患者を特定したり予防医療を実現したりする上で、アナリティクスは極めて重要な役割を担い得る。(2018/9/26)

IoTっていうけど、何すればいいの?(4):
IoT活用のための視点(3)「レガシー機器」
連載第2回では「PDCA」、特に「P」の考え方を取りあげ、活動の取り組み方について考えた。今回は、製造現場のIoTにおける「レガシー機器」の取り扱いがテーマだ。(2018/9/21)

スマホとエンタメの未来:
SHOWROOM前田裕二社長らが語る「スマホファーストの次」
スマホファーストの考え方が定着した今、エンターテインメント領域のトップランナーたちは次の世界をどう見ているのか。【更新】(2018/9/3)

各種クラウド機能の適用基準とは:
変わる「リフト&シフト」の意味――既存システムのクラウド移行、成功のポイント
AI、IoT、データ分析など、ITを活用して新しいビジネスに取り組む企業が増えている。その実践基盤として不可欠となるクラウドだが、デジタル変革に真に生かすためにはどのようなポイントを押さえておけばよいのだろうか。クラウド移行やサービス選定の考え方をアクセンチュアに聞いた。(2018/9/6)

「機能」と「実績」に注目
成果を出すマーケティング担当者はCRMツールをどう選んでいるのか
売れる仕組みを作るためのCRM。市場にはさまざまなツールがあふれるが、無理なく無駄なく使いこなせるのか。導入に失敗しないための考え方とは。(2018/8/16)

超速解説 MBD:
今こそ全ての情報を3Dモデルに集約せよ! “3D正”の設計を実現する「MBD」
3Dアノテーションを用い、全ての製品の定義を3Dモデルに含めることで“3D正”の設計を実現し、完全なデータ連携を可能とする「MBD(Model Based Definition:モデルベース定義)」。その歴史と基本となる考え方を解説し、“3D正”の設計に向けたMBD導入の第一歩を踏み出すためのヒントを提示する。(2018/8/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。