コラム
» 2015年09月09日 07時00分 UPDATE

UD商品戦略が支える三菱の“大人家電” (1/4)

三菱電機のWebサイトに、新コンテンツ「三菱“大人”家電」がある。シニア向けの家電の提案ということでは、ターゲットをほぼ同じに設定しているパナソニックの「Jコンセプト」のシリーズと似ている。だが決定的な違いがある。それは……。

[神原サリー,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

神原サリー(かみはら・さりー):

 神原サリー事務所代表取締役。青山学院女子短期大学英文科を卒業後、福武書店(現:ベネッセコーポレーション)、サンケイリビング新聞社勤務を経て、フリーランス・ライターに転身。マーケティング会社での企画・広報などを兼務した後、顧客視点アドバイザー&家電コンシェルジュとして独立、2008年に株式会社神原サリー事務所を設立。「企業の思いを生活者に伝え、生活者の願いを企業に伝える」ことをモットーに顧客視点でのマーケティングを提案している。


 少子高齢化のご時世、団塊の世代を中心とした“シニア層”をターゲットとした市場開拓にどの業界も熱心だ。家電業界も然り。2014年秋にパナソニックがJコンセプトシリーズを、タイガー魔法瓶も調理家電のシリーズにGX(グランエックス)シリーズを発表している。追随した三菱電機の「三菱“大人”家電」は、同社のコンシューマー向けウェブサイト「CLUB MITSUBISHI ELECTRIC」内に、「家電から考える、今より ちょっと上質な暮らし」をコンセプトにした新コンテンツとして登場させたものだ。

 三菱“大人”家電とはどんな家電製品群なのか。実はあえて新シリーズを立ち上げるのではなく、現在の三菱電機の家電のラインアップの中から、大人家電としてふさわしいものをセレクト。それを大人世代=シニア向けに提案しているということだ。同社のメルマガにおいても新コンテンツについて、以下のように説明している。

 知的好奇心が高く、“本物”“上質”を知る、家電の進化を間近に見てきた “大人”世代へ向けて、三菱家電の製品説明にとどまらない、製品の裏側に ある「上質なモノづくりへの考え方」や、三菱家電を通じた「生活の“質”向上」などをご提案いたします。

 今回、大人家電としてラインアップしているのは、超小型軽量で紙パック式の掃除機「Be-K」TC-FXE10P、シンプルな操作で時短調理がかなうレンジグリル「ジタング」RG-GS1、3.5合炊きのジャー炊飯器「本炭釜」NJ-SW066、録画機能内蔵のオールインワン液晶テレビ「REAL」BHR7シリーズ、ボタンや文字を大きくわかりやすく表示したIHクッキングヒーター「らく楽IH」など7製品。

 どれもサイズ感といい、高級感のある質感といいターゲット層にぴったりだが、シリーズ展開していないのに、集めて並べても違和感がないのは、基本となるカラーをホワイトで統一している点が大きい。あえてシリーズ化した新商品を出さなくとも、「提案力」で“魅せて”いく。そのほうが購入するほうも特別視されていない分、購入しやすいようにも思う。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright (c) 2016 INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ