ニュース
» 2015年12月10日 17時45分 UPDATE

世界初のドローン警備 セコムがスタート

セコムは、自律型の小型飛行監視ロボット「セコムドローン」のサービス提供を11日から開始する。

[ITmedia]

 セコムは、民間防犯用としては世界初という自律型ドローンを活用した監視サービス「セコムドローン」を12月11日に開始する。敷地内に侵入した不審車(者)を自動で追跡し、クルマのナンバーや人の顔などを撮影する。改正航空法に基づき、第1号の契約先となった国の承認を得てスタートする。

photo セコムドローン

 施設内の外壁などに設置したレーザーセンサーが不審車(者)の侵入と位置を検知すると、監視カメラを搭載するセコムドローンが対象のクルマや人に接近し、クルマのナンバー、ボディカラー、人の顔や身なりなどを撮影する。この撮影した画像を無線でセコムのコントロールセンターに送信することで不審車(者)の特定、確保に役立てる。

 ドローンは570(幅)×570(奥行き)×225(高さ)ミリ、重さ2.2キロ。時速10キロで飛行でき、3〜5メートルの高さから不審者を追跡する。

 LEDライトを搭載し、夜間でもクルマのナンバーや人の顔をカラーで撮影。また、レーザーセンサーとセコムドローンに搭載したGPSの情報から不審者との距離を把握し、相手の攻撃を自動で回避できるという。

 料金は月額5000円(税別)から、ドローンポートなどの工事費用は80万円(税別)から。

photo セコムドローンが撮影した画像

 年間100台の導入を目標に掲げる。今後、ドローンによる巡回監視サービスも開始する計画だ。定期的に巡回しながら、普段の光景との違いから異常を検知し、コントロールセンターに通報する仕組みになるという。

 伊藤博社長は「広い敷地の場合、固定カメラではクルマのナンバーや人を特定しづらかった。警備の質を向上させていくには、画像情報が何より重要になる。セコムドローンのサービスをどんどん広げていきたい」と話している。

photo セコムの伊藤博社長

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -