ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「世界初」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「世界初」に関する情報が集まったページです。

世界初の金融サービス向けパブリッククラウド、バンカメが最初の提携コラボレーターに IBM
IBMは、世界初となる金融サービスに向けたパブリッククラウドを設計した。金融機関やその取引先に、同パブリッククラウドへの参加を呼びかけている。Bank of Americaが最初の提携コラボレーターになる。(2019/11/11)

グリーが世界初、「松屋のお弁当自販機」を社内に導入 「いつもの松屋の味」と社員にも好評
インスタント味噌汁付きで450〜500円。出てきたお弁当を自分で電子レンジにかける方式です。(2019/11/7)

セキュリティキー普及の起爆剤になる?:
Googleらが発表したセキュリティ(RoT)チップのオープンソースプロジェクト、「OpenTitan」とは
Googleは2019年11月5日(米国時間)、セキュアブートなどを実現する「Root of Trust(RoT)」シリコンの設計をオープンソースとして提供する世界初のプロジェクト、「OpenTitan」を発表した。今回の発表をもって、GitHub上の開発リポジトリが公開された。(2019/11/6)

DXを支える富士通のテクノロジー:
「世界初」高速化&精度劣化監視の新AI技術
富士通研究所は2019年10月25日、川崎市中原区の本社で行われた富士通の研究開発戦略説明会で、AI運用時の精度劣化を監視し、再学習なしに自動修復できる「High Durability Learning」と、AI処理を最大10倍高速化できる「Content-Aware Computing」という2つの新技術を発表した。同社によるといずれも世界初の技術という。(2019/10/31)

東京モーターショー2019:
未来の大型トラックはサメになる!? ウォークスルーできるEVトラックも
いすゞ自動車は、「第46回東京モーターショー2019」(会期:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、大型トラック「ギガ」の最新モデルや電動小型配送車「エルフEV ウォークスルーバン」、次世代の大型トラックをモチーフとしたショーモデル「FL-IR」を参考出品として世界初披露した。(2019/10/29)

人工知能ニュース:
グーグルの量子超越性を静観する富士通、実用性重視のAI技術で2つの「世界初」
富士通研究所は2019年10月25日、川崎市中原区内にある本社で会見を開き、研究開発戦略を説明するとともに新開発のAI技術を2つ発表した。これら2つのAI技術は「実用性」を大きな目的として開発されている。(2019/10/29)

東京モーターショー2019:
マツダ初の量産EVは観音開きドア、「心を整える空間」を実現した工夫
マツダは「第46回東京モーターショー2019」(会期:10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、同社初の量産電気自動車(EV)となる「MX-30(エムエックス サーティー)」を世界初公開した。(2019/10/24)

東京モーターショー2019:
ダイハツが次世代軽トラを提案、ビッグキャビンと低床荷台でユーザーに優しく
ダイハツ工業は「第46回東京モーターショー2019」(会期:10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、次世代軽トラックや自動運転車など4車種のコンセプトカーを世界初公開した。(2019/10/24)

東京モーターショー2019:
ブリヂストンが3Dプリント製コンセプトタイヤを提案、新素材「SUSYM」で実現
ブリヂストンは「第46回東京モーターショー2019」に出展し、ゴムと樹脂を分子レベルで結び付けた「世界初」(同社)をうたうポリマー「SUSYM(サシム)」を用いた3Dプリント製コンセプトタイヤを参考出品した。(2019/10/24)

東京モーターショー2019:
日産がスマホと連携するクルマを世界初公開 「好みに合わせて空調を自動調整」「遠隔操作で自動駐車」
日産がスマートフォンと連携してナビゲーションや自動駐車などの機能を提供する電気自動車「ニッサン アリア コンセプト」を発表した。(2019/10/23)

東京モーターショー2019:
変幻自在な未来のクルマ、日野自動車が世界初公開 バスにもトラックにも変身
日野自動車が未来のモビリティーのコンセプトを世界初公開した。(2019/10/23)

2020年後半に発売:
スバル、新型「レヴォーグ」プロトタイプを公開 新世代アイサイトで安全性能向上
SUBARUは「東京モーターショー2019」で、新型「レヴォーグ」のプロトタイプを世界初公開。新世代の「アイサイト」や、新開発の水平対向エンジンを搭載。市販モデルは2020年後半に日本で発売する。(2019/10/23)

東京モーターショー2019:
ホンダ、新型「FIT」世界初公開 ネットにつながる車に進化
ホンダが新型「FIT」を東京モーターショー2019で世界初公開。車載通信モジュール「Honda CONNECT」を日本初搭載し、スマートフォンによる遠隔操作などにも対応した。安全性・乗り心地もさらに高めた。(2019/10/23)

【東京モーターショー】エンジンのマツダ、ついに量産EV車 製造時CO2も考慮し小型化 ロータリー発電と組み合わせも
 自動車メーカーが最新技術を競う東京モーターショーが23日、東京ビッグサイト(東京都江東区)などでの24日開幕に先立って報道陣に公開。マツダは、同社初の量産電気自動車(EV)となるスポーツ用多目的車(SUV)「マツダMX−30」を世界初公開した。CO2排出を製造時点から減らすため、現在の利用実態に適したバッテリー容量と航続距離に抑えた。(2019/10/23)

東京モーターショー2019:
日産のEVの中心はクロスオーバーSUVと軽が担う、搭載するのは「リアルな技術」
日産自動車は2019年10月23日、「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、クロスオーバーSUVタイプの電気自動車(EV)「アリア コンセプト」を世界初公開した。(2019/10/23)

みんな大好きガルウイングドア! レクサス、スゲーカタチのEV「LF-30」を世界初披露【写真60枚】
今回は逆に珍しい、「いかにも」なコンセプトカーでかっけぇぇぇですね!(2019/10/24)

何これ、月面探査機……!? 飛ぶの? ヤマハが「謎の自律移動車」を世界初披露 東京モーターショーで公開【画像14枚】
あれだ、フリーザ様専用小型ポッドのベース機かもですよ。(2019/10/21)

スズキ、“変形”する小型スポーツPHEV「WAKUスポ」を世界初披露 東京モーターショーで展示【写真39枚】
「ワクワクスイッチ」で変形・変身するそうです。ど、どういうこと?(2019/10/21)

「ネ、ネコバス!?」「ジバニャンだろ!?」 ダイハツがかわいすぎる小型ミニバンを世界初披露 東京モーターショーに出展【画像23枚】
何でしょう、何かに似てます!(2019/10/21)

「攻めのデザイン」 トヨタ、新型「ヤリス」を世界初公開【写真38枚】
「ヴィッツは消滅」ですが、モリモリボディーでかなりカッコイイ! 東京モーターショーでも披露。(2019/10/16)

車両デザイン:
「ヴィッツ」が全面改良で「ヤリス」に、トヨタ初の右左折時自動ブレーキも
トヨタ自動車は2019年10月16日、全面改良した「ヤリス」を世界初公開した。日本では「ヴィッツ」として販売されてきたが、フルモデルチェンジを機に日本向けも車名をヤリスに統一する。日本での発売は2020年2月中旬を予定している。(2019/10/16)

ガ、ガ、ガスタービンeg搭載!?!? 三菱が何かすごそうな小型EV「MI-TECH」をチラ見せ モーターショーで世界初披露
三菱っぽいといえば、っぽいですね……!(2019/10/15)

【写真追加】日産、超小型EV「IMk」を世界初公開 東京モーターショーで披露【写真56枚】
【更新】軽サイズの「かなり現実的な」フルEV。近未来プリズムディスプレイのインテリアも見どころ。(2019/10/23)

東京モーターショー2019:
障害物を避けながら自在に動き回るヤマ発の「ランドリンク」、人に合わせた器用さも
ヤマハ発動機は2019年10月10日、「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、自律ソリューションビークル「ランド リンク コンセプト」を世界初公開すると発表した。(2019/10/11)

ホンダ、新型「FIT」を世界初公開 東京モーターショー2019で披露、「激シブなスーパーカブ(改)」も
期待の小型EV「Honda e」、スーパーカブベースの初公開コンセプトバイク「CT125」も超シブぅぅぅ!(2019/10/10)

東京モーターショー2019:
日野がシャシーだけのコンセプトモデルを世界初公開、上に何を載せるのか
日野自動車は2019年10月9日、「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、モビリティプラットフォーム「Flat Former」を世界初公開すると発表した。(2019/10/9)

東京モーターショー2019:
ダイハツはコンセプトカー4車種を世界初出展、自動運転車や次世代軽トラなど
ダイハツ工業は2019年10月8日、「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、自動運転車や次世代軽トラックなど4車種のコンセプトカーを世界初公開すると発表した。(2019/10/8)

スバル、新型「レヴォーグ」をチラ見せ 東京モーターショー2019で世界初公開へ【写真24枚】
555台限定のラストモデル「WRX STI EJ20 Final Edition」も瞬殺だろうなぁぁ。(2019/10/7)

蓄電・発電機器:
京セラが「世界初」の新型リチウムイオン電池を量産化、卒FITユーザーを取り込めるか
京セラが粘土(クレイ)状の材料を用いて電極を形成する「クレイ型リチウムイオン蓄電池」の量産化を決定。高い安全性と長寿命、低コスト化が可能なのが特徴で、採用第1弾製品として住宅用蓄電システムを2020年に販売する計画だ。(2019/10/7)

東京モーターショー2019:
ガスタービンがついに自動車に? 三菱自動車がPHEVコンセプトに採用
三菱自動車は2019年10月3日、「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において世界初公開するコンセプトカーの追加情報を発表した。(2019/10/4)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
世界初の乗りもの「DMV」 四国の小さな町は“新しい波”に乗れるか
徳島県が2020年度、世界初のDMV(デュアル・モード・ビークル)による定期営業運行を始める。その舞台は阿佐海岸鉄道だ。沿線にはサーフィンで有名な海岸などもあり、観光の魅力もある。DMVが新たな観光資源になることを期待したい。(2019/10/4)

組み込み開発ニュース:
京セラが世界初のクレイ型リチウムイオン電池、粘土状の電極材料が違いを生む
京セラは、「世界初」(同社)となるクレイ型リチウムイオン電池の開発に成功するとともに、採用製品の第1弾となる住宅用蓄電システム「Enerezza(エネレッツァ)」を2020年1月に少量限定発売すると発表した。クレイ型リチウムイオン電池は、粘土(クレイ)状の材料を用いて正極と負極を形成することから名付けられた。(2019/10/3)

東京モーターショー2019:
日産が軽タイプのEVコンセプト、今後のプロパイロットやコネクティビティを予告
日産自動車は2019年10月1日、「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、軽自動車規格の電気自動車(EV)のコンセプトモデル「ニッサン IMk」を世界初公開すると発表した。(2019/10/2)

ドコモ、世界初「窓の基地局」を都内ビルに導入 5G版も開発中
NTTドコモが都内のオフィスビルで“窓の基地局化”を開始。携帯電話向け4G LTE通信のサービスエリア拡充に導入し、半径約100〜200メートルのエリア化を実現した。5G版の開発も進めており、20年度中に実用化する計画。(2019/10/1)

東京モーターショー2019:
スズキが小型車でプラグインハイブリッド、自動運転車を所有する喜びも提案
スズキは2019年9月30日、「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、プラグインハイブリッド車(PHEV)や自動運転車の参考出品車ーや、「ハスラー」のコンセプトモデルなどを世界初公開すると発表した。(2019/10/1)

東京モーターショー2019:
新型フィットを世界初公開、電動化戦略の要となる2モーターHVを採用
ホンダは2019年9月26日、「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、「スーパーカブシリーズ」をベースにしたトレッキングバイクのコンセプトモデル「CT125」や、電動スクーター、「フィット」の新モデルを世界初公開すると発表した。(2019/9/27)

iPSでミニ多臓器を作製 東京医科歯科大が世界初
iPS細胞を使い、人の肝臓と胆管、膵臓がつながったミニサイズの多臓器を作製することに東京医科歯科大などのチームが世界で初めて成功した。英科学誌ネイチャー電子版に26日、発表した。複数の臓器がかかわり合う病気の研究や創薬に役立ち、将来は患者への移植も目指す。(2019/9/26)

東京モーターショー2019:
マツダ新世代商品群の第3弾はEVに、日本で世界初公開
マツダは2019年9月25日、「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、同社初となる量産電気自動車(EV)を世界初公開すると発表した。(2019/9/26)

東京モーターショー2019:
スバルは新型レヴォーグに「持てる最先端技術を結集」、最後のEJ20型水平対向も
SUBARU(スバル)は2019年9月25日、「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、「レヴォーグ」の新型車のプロトタイプを世界初公開すると発表した。(2019/9/26)

東京モーターショー2019:
三菱自が小型SUVに四輪駆動PHEVシステムを搭載、車両後部に謎の排気ファン?
三菱自動車は「第46回東京モーターショー2019」において、スモールサイズの電動SUVコンセプトカーを世界初披露すると発表した。(2019/9/19)

医療技術ニュース:
世界初、iPS細胞を用いた角膜移植に成功
大阪大学は、ヒトiPS細胞由来の角膜上皮細胞シートを重度の角膜上皮幹細胞疲弊症患者1人に移植したと発表した。iPS細胞を用いた角膜再生の臨床研究は世界初となる。(2019/9/19)

日本で世界初披露:
最軽量構成は999g――13.3型2in1「HP Elite Dragonfly」登場 日本では11月下旬発売
HPが新しい13.3型2in1ノートPCを日本で世界初披露。本体重量を抑えつつ、丈夫さや処理能力の高さにも配慮した「働き方改革」を支援するモデルとなっている。(2019/9/18)

人工知能ニュース:
防虫管理は守りから攻めへ、「世界初」のAIを採用した捕虫器が誕生
アース環境サービスとLuci、ゴウハウスの3社は2019年9月12日、昆虫の混入事故を防止するAI(人工知能)捕虫器「RIG1.0」を共同開発したと発表した。昆虫を誘引する光源としてLEDを採用したことや、捕獲昆虫の判定やカウントで「おそらく世界初のAIシステムを構築した」(ゴウハウス CEOの佐藤哲也氏)ことが特徴だ。(2019/9/13)

IFA2019:
Huawei、“世界初”をうたう5Gプロセッサ「Kirin 990」を発表 Mate30シリーズに搭載
IFA2019の基調講演に、Huaweiのリチャード・ユー氏が登壇。5G対応のプロセッサ「Kirin 990」を発表した。19日に発表予定の「Mate30」シリーズに搭載される。AppleのAirPodsに対抗するワイヤレスイヤフォンも発表した。(2019/9/8)

新たに26件を登録:
「G-SHOCK」「ポータブルCDプレーヤー」「電子オルガン」などが未来技術遺産に
国立科学博物館が「重要科学技術史資料」(愛称:未来技術遺産)を新たに26件登録したと発表。中には腕時計の「G-SHOCK」や世界初の「ポータブルCDプレーヤー」などがある。(2019/9/4)

データを暗号化したままディープラーニング NTTが「秘密計算」で新技術
NTTは、データを暗号化したまま標準的なディープラーニングの学習処理を行える技術を開発したと発表した。同技術の実現は世界初という。(2019/9/3)

サブモニターに情報表示 世界初のデュアルディスプレイ搭載ゲーミングノートPC 日本HPが発売
日本HPが、デュアルディスプレイ搭載のゲーミングノートPC「OMEN X 2S 15」を9月中旬に発売すると発表した。実売予想価格は39万9800円(税別)から。(2019/9/2)

注目は“デュアルスクリーン”の「OMEN X 2S 15」 日本HP、ゲーミングPC「OMEN」のラインアップを一新
日本HPのゲーミングPC「OMEN」のラインアップが一新される。世界初となるデュアルスクリーン搭載ゲーミングノート「OMEN X 2S 15」や、多くの構成から選べる「OMEN 15」「OMEN 17」、価格を抑えた「HP Pavilion Gaming 15」、HDR対応ディスプレイ「OMEN X 27 HDR Gameing Display」などが順次発売される。(2019/9/2)

電気自動車:
フォーアールエナジーが電池転用で世界初の認証取得、日産リーフの電池を再製品化
ULは2019年8月19日、フォーアールエナジーに対し、電池の転用に関する評価規格UL1974に基づき世界初の認証を発行したと発表した。(2019/9/2)

「世界初」と同社:
Micron、1Znm世代のDDR4の量産を日本と台湾で開始
米Micron Technology(以下、Micron)は2019年9月15日(米国時間)、1Znmプロセスを採用した16GビットのDDR4の量産を開始すると発表した。1Znm世代での量産は「世界初」(同社)とする。(2019/8/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。