ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「インフルエンサー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インフルエンサー」に関する情報が集まったページです。

モノを広めるときに必要な手法を成功事例から選べる:
ベクトル、広告業界のEコマースサイト「ヒロメル」 提供開始
ベクトルグループが持つ成功事例やノウハウを参考に、PR、マーケティング、ブランディングなど、自社に合った広める手法を事例から選べる新サービス。(2021/5/14)

TwitterやYouTubeの投げ銭機能、税金はどう処理する? 税理士YouTuberに聞く
YouTubeやTwitterの投げ銭機能に注目が集まる中、その収益をどう処理するべきなのか。税理士YouTuberとして活動する大河内薫さんに話を聞いた。(2021/5/17)

「永遠に最強の相棒」「白西尊い」 白石麻衣、西野七瀬の代役として「グータンヌーボ2」出演発表にネット歓喜
まいやんの恋愛トークですって!!!?(2021/5/12)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
TwitterがClubhouseやインスタをパクる切実な理由
 「スペースは完全にクラブハウスのパクりだ——」。Twitterが4日に正式発表した、ライブオーディオルーム機能の「Twitter Spaces」(スペース)の正式発表でSNS上は騒然とした。昨年末には、インスタグラムのストーリー機能がモデルとなっているとみられるFleet(フリート)が追加されていることもあり、ここ半年でTwitterの機能は著しく拡大したといっていいだろう。(2021/5/7)

クイズDEドラマ:
「きゃー!!!」「2話でもう!?」 “着飾る恋”横浜流星&川口春奈が急接近のラストに“胸キュン”止まらないファン続出
急展開にキュンキュンした……!(2021/4/28)

専門家のイロメガネ:
女子アナのステマ疑惑に揺れるフジテレビ グレーなステマの難しさ
フジテレビが揺れている。テラスハウス出演者に対する誹謗(ひぼう)中傷、放送法の外資規制違反と続き、そして新たに出てきた問題が、女子アナによるステマ疑惑だ。フジテレビの女子アナが、自身のインスタグラムのアカウントで投稿している内容や美容室がアカウントに登場していることはステマにあたるのではないか?(2021/4/27)

人気Youtuberが続々:
インフルエンサーパワーランキング 1〜3月に最も多く見られたYouTube動画は?
BitStarは4月22日、2021年1〜3月の「インフルエンサーパワーランキング」を発表した。(2021/4/22)

クイズDEドラマ:
「着飾る恋には理由があって」向井理演じる葉山社長に心奪われるファン続出 「かっこよすぎないか?」「スーツ姿もっと見せて」
恋に落ちたファン多数。(2021/4/21)

SkypeのCEOがZoomに激怒? Twitterトレンドに 実はYouTuberのジョーク動画
「Zoomアカウントもろとも消え失せろ」──「Skype」のCEOを名乗る男性が「Zoom」に激怒する動画がTwitterで話題になっている。しかし、この動画は海外YouTuberによるジョーク動画だ。(2021/4/20)

小中学生のなりたい職業、3位「声優」、2位「学校の先生」 1位は?
小中学生は、将来どんな職業に就きたいと考えているのだろうか。小中学生を中心とした子ども2448人に聞いた結果は?(2021/4/15)

レゴがコロナ禍で2桁成長できたワケ キーワードは「マリオ」と「大人レゴ」
2020年、レゴは世界全体の売上が7600億円となり、対前年比で13%増加した。好調な業績をけん引したのが「マリオ」とのコラボ商品だったという。コロナ禍の2020年をレゴジャパン社長が振り返る。(2021/4/19)

UGC戦略:
Instagramの口コミ活用で売り上げ400%増! “手作りドッグフード”の、熱量を生むSNS戦略とは?
手作りドッグフード「ココグルメ」が、Instagramの口コミ活用を中心としたUGC戦略で、月次売り上げの昨対比400%増を実現した。どのような取り組みを行ったのか。(2021/4/9)

Z世代のなりたい職業ランキング、3位芸能人、2位保育士・幼稚園教諭 1位は?
デジタルネイティブのZ世代(1990年代半ば〜2000年代の初め生まれ)は、将来をどのように考えているのか。15〜21歳の女性114人になりたい職業を聞いたところ、1位は……。(2021/4/7)

「食」から見る消費:
料理系インフルエンサーが語る 「巣ごもり」で増大した自炊ニーズの先に見える消費トレンドとは?
コロナ禍で「巣ごもり」を強いられた人々の行動変化の一つが「自炊」への関心の高まりだ。料理系インフルエンサーが感じたこれまでとの違いとは何か。(2021/3/23)

「きのこの山」が小さくなった「きのこの山のこ」発売 3分の2サイズのかわいいやつ
クッキーもプレッツェルになって別の味わい。(2021/3/23)

各種SNS横断施策も:
企業・ブランド向け「TikTok」トータルプランニング サイバー・バズが開始
キャスティング、動画広告運用、ハッシュタグチャレンジ企画までを一気通貫でサポート。(2021/3/22)

今日のリサーチ:
インフルエンサーをアンフォローする理由――WOMマーケティング協議会調査
調査対象の半数以上がインフルエンサーをフォローした経験を持ち、そのうち31%が、アンフォローしたことがあると回答しています。フォローした当初とアンフォローしたころで変わった点とは何だったのでしょうか。(2021/3/22)

UUUMとAnyMind Group、業務提携に基本合意 インフルエンサー業界の再構築へ
包括的・戦略的パートナーシップによるクリエイター・インフルエンサー業界の再構築を⽬指す。(2021/3/15)

二階堂ふみ、車内放置された犬に心痛める「何日も放置、、、完全に虐待です」→現在は無事保護
高円寺の駐車場でトイプードルと柴犬が車内放置されていた件について言及しています。(2021/3/14)

声優・三石琴乃が北川景子の母役で連ドラ初レギュラー “セラムン”ファン興奮「アニメのウサギと実写のレイちゃんだー!」
「セーラームーン」つながりの2人。(2021/3/3)

新生Zホールディングスの戦略:
ヤフーとLINEの経営統合でコマース・広告はどう変わるのか
新生Zホールディングスの戦略についてコマースと広告に関わるポイントをまとめました。(2021/3/2)

ヤフーとLINEが経営統合 “新生”Zホールディングス誕生 AIに積極投資、2023年度に売上2兆円目指す
Zホールディングス(ZHD)が傘下のヤフーとLINEが3月1日付で経営統合したと発表した。2社のサービスの国内総ユーザー数は3億人超、従業員数はグループ全体で約2万3000人となり、国内最大規模のWebサービス企業が誕生した。(2021/3/2)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
1000円に手を出す「ダイソー」と100円にこだわる「セリア」 コロナ禍でも好調な業界に変化
コロナ禍でも100円ショップ業界が好調だ。「2強」のダイソーとセリアでは戦略が大きく異なる。キャンドゥとワッツの独自戦略にも迫る。(2021/3/1)

Twitter、クリエイターに金銭を支援できる「SUPER FOLLOWS(スーパーフォロー)」発表 支援者向け特典機能も実装
支援者特典としてマガジン機能や限定コミュニティを利用可能。(2021/2/26)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
Clubhouseに関わるAgoraとZoom、2人の中国系創業者の意外な接点
ブームは一段落したが、現在も順調にユーザー数を伸ばす音声SNS「Clubhouse」。当初は、海外SNSを制限する中国でもアクセスできたため、関係者が試し、論評し、模倣する結果となっている。またアプリの音声技術を提供する中国企業「Agora(声網)」と、Zoomの創業者の意外な接点も見えてきた。(2021/2/25)

「ゆるゆるウンチは結構強敵」「おしり拭きをリロード!」 子育てをゲーム実況してみた動画が共感と笑顔呼ぶ
基本クエストがランダムで高難度クエストに変わるタイプ。(2021/2/20)

山根康宏の中国携帯最新事情:
Honorの5Gスマートフォン「V40」が登場 “脱・Huawei化”のメリットと課題
Honorの新しいスマートフォン「V40」は、HuaweiのサブブランドだったHonorが独立してから登場する最初の製品。プロセッサや外部メモリなど、Huaweiのサブブランド時代とは異なる仕様が多い。販路も独立し、どれだけ認知を拡大できるかが問われている。(2021/2/18)

専門家のイロメガネ:
映画「えんとつ町のプペル」を大ヒットに導いたオンラインサロンは信者ビジネスなのか?
映画「えんとつ町のプぺル」がヒットした背景には、西野氏が率いる「オンラインサロン」がある。7万人以上が参加するオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」は映画のヒットにも寄与したといわれているが、サロンを活用した集客・マーケティングは賛否も呼んだ。このオンラインサロンの実態とは?(2021/2/18)

舞台「フラガール」、乃木坂46・樋口日奈主演で再演決定 「バトンを受け取ったのね」「積み重ねてきた努力の結果」と歓喜の声
ひなちま、おめでとう!(2021/2/14)

話題の音声SNS「Clubhouse」は何が新しい? 初心者が知っておくべき使い方
音声SNSの「Clubhouse(クラブハウス)」が、爆発的にユーザーを増やしている。日本でユーザーが目に見えて広がり始めたのは1月下旬のこと。今のところiOSのみに対応したβ版で日本語化もされていない。なぜ注目されたのか? 使い方とともに考えていきたい。(2021/2/13)

“起こしたい人”と“起こされたい人”をマッチング モーニングコールでつながる音声アプリが3月に登場
moneep(東京都千代田区)がモーニングコールをされたい人としたい人をマッチングするサービスを発表。3月からiOSとAndroid向けに提供を始める。(2021/2/8)

インフルエンサーの化粧品PR投稿、加工フィルターで誇張はダメ 英広告当局
美容商品の広告において、効果を誇張する可能性が高い場合はフィルターを使わないようにと英国広告基準局(ASA)がメーカーとインフルエンサーに言い渡しています。(2021/2/6)

大手芸能事務所が「N高」と組む理由 “好きなことで自分探し”がエンタメ業界の糧に
N高等学校とワタナベエンターテインメントが提携し、「ワタナベNオンラインハイスクール」を今年4月に開校する。完全オンラインのエンタメ教育に期待することとは?(2021/2/4)

ポケモンGOで「レベル50」に到達する人、相次ぐ それでも「複雑」な理由
ポケモンGOでサービス開始以来、初のレベル上限解放が行われ、世界中で「最速TL50」を目指すレースが始まった。しかし……。(2021/1/30)

好調と不調を分けるもの:
大手の大量閉店で現実化するアパレル危機 ウィズコロナ時代の勝ち組とは?
ワールドは約350店舗、TSIホールディングスは約200店舗、三陽商会は約160店舗、オンワードホールディングスは20年2月に700店舗閉鎖した。以前から業績が低迷していたところに、コロナが追い打ちをかける結果となった。ウィズコロナ時代の勝ち組企業の取り組みとは?(2021/1/28)

“音声版Twitter”のClubhouse、記者が体験 ディープな話や本音が聞けた
音声版Twitterとも呼ばれる「Clubhouse」(クラブハウス)。記者も体験してみた。(2021/1/27)

白石麻衣&西野七瀬、乃木坂46卒業後初の共演 「またダブルセンター見たいな」と現役時代を懐かしむ声も
胸熱。(2021/1/25)

クソな配信者とガチ恋女子の泥沼巨大感情を明るく描く 『ガチ恋粘着獣〜ネット配信者の彼女になりたくて〜』レビュー
人が人を推すときの感情は「尊い」だけじゃない。(2021/1/30)

トップYouTuberは誰? 4カ月で8億回超再生も 年間再生ランキング
影響力を増すYouTuberなどの動画インフルエンサー。最も影響力のあったのは誰だったのか。BitStar(東京都渋谷区)が、2020年に活躍した動画クリエイターや動画チャンネルのランキングを発表した。(2021/1/22)

JKがハマる「チャイボーグ」 トレンド牽引、中国製の化粧品
 もう十数年前のことになるが、北京で中国中央テレビの番組に出演したことがある。ラジオ番組のMCが一堂に会して、自分たちの番組紹介をするという特別番組だった。(ノンフィクション作家・青樹明子)(2021/1/22)

オルビスがステマ疑惑をTwitter上で謝罪 従業員がインフルエンサーとして自社製品を紹介していると指摘受け
「入社時の教育が不十分」だったと説明しています。(2021/1/21)

中国マーケティングの「壁」を乗り越える【第3回】:
「RED」「Bilibili」「Douyin」他 中国の主要SNSプラットフォームの特徴まとめ
トレンド変化の大きい中国においてマーケティングを成功させるためには、主要SNSプラットフォームにおける適材適所の施策が欠かせない。中国SNSの最新状況をまとめた。(2021/1/20)

コロナ禍のバレンタイン商戦 百貨店苦肉の策、各社がオンライン通販に注力
バレンタイン商戦がコロナ禍のもとで幕を開けた。各社力を入れているのがオンライン通販だ。非接触時代を応援するため、箱にメッセージを書いてそのま郵送できる「ニューノーマルショコラ」など、苦肉の策の新機軸が打ち出されている。(2021/1/19)

近畿大学が「ヴィーガン納豆チョコレート」開発 納豆のクセ抑え、乳製品は不使用
(2021/1/17)

中国マーケティングの「壁」を乗り越える【第2回】:
KOLやKOCによる口コミを創出するために必要なこと
中国向けにマーケティングを行う上で重要なのが口コミである。口コミには友人・知人間での口コミとKOL・KOCによる口コミの2種類がある。(2021/1/13)

「板野友美さん結婚してるぞ!」 アンガールズ田中、キューピッド役だった指原莉乃&小嶋陽菜に“切実なクレーム”をつける
新年早々に裏切られた田中さん。(2021/1/8)

【新連載】中国マーケティングの「壁」を乗り越える:
中国向け越境ECに今取り組むべき理由をあらためて考える
巨大な中国市場において根強く人気を博す日本商品。新型コロナウイルス感染症(COVIDー19)拡大の影響で訪日インバウンド消費の復活には時間がかかりそうだが中国向け越境ECは伸びしろが大きい。成功のために押さえておくべきポイントをエキスパートが解説する。(2021/1/6)

ダイレクトな人々 第4回:
資金もコネも業界知識もなくインフルエンサーでもない一女性のブラジャーの悩みから誕生した「24hブラ」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想について考察するこの連載。第4回はノンワイヤーブラジャー「24hブラ」をリリースした「BELLE MACARON」と販売元であるashlynで代表取締役を務める小島未紅さんを取り上げます。(2021/1/5)

「マスクヨシ!」仕事猫と新型コロナの予防対策呼びかけ 新宿区がキャンペーン
くまみねさんによる描き下ろしイラストでマスクを着用する仕事猫が登場。(2020/12/27)

「転落しないため」に:
自己啓発セミナーは「くだらないだけ」なのか――神無き時代、「信者ごっこ」の真の意味
しばしば批判される自己啓発ビジネス。ただ筆者は自己啓発自体には切実な必要性があると指摘。「啓発し続けなければ転落する」困難とは。(2020/12/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。