ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「インフルエンサー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インフルエンサー」に関する情報が集まったページです。

「世界遺産みが深み」 kemio&青山テルマの旅番組がYouTubeで公開、“カオスさ”の裏側を聞いてみた
kemio「楽しんで見て頂けたら幸(さち)です!」(2019/7/12)

“まるで実写”3DCGモデルのみ所属する事務所「VIM」誕生 「バーチャルインフルエンサー」を育成へ
ベンチャー企業のyutoriが、3DCGで作られるバーチャルモデルをプロデュースする事業「VIM」を始める。「バーチャルインフルエンサー」のみが所属するモデル事務所を立ち上げ、企業やブランドとのコラボレーションを支援する。(2019/7/5)

「AbemaTV Ads CONFERENCE 2019」レポート:
テレビにできなくてAbemaTVにできること 『カメラを止めるな!』スピンオフドラマ施策に学ぶ
AbemaTVが2019年5月24日に開催した広告代理店向け事業戦略発表会「AbemaTV Ads CONFERENCE 2019」のトークセッションの内容を紹介する。(2019/7/2)

Amazon Music Unlimitedが驚異の4カ月99円 プライム会員限定の期間限定キャンペーンで、6500万曲以上聞き放題
お手頃すぎるお試し価格。(2019/6/30)

コスメがウィンクしてる! ランコム×キアラ・フェラーニのコラボコスメは思わず見つめあっちゃうかわいさ
片目をつぶったイラストがかわいいパッケージです。(2019/6/28)

消費者1万人に聞く:
平成時代に「生活に影響したもの」ランキング 1位は携帯・スマホ、2位は?
博報堂生活総合研究所が「平成の消費観・消費行動に影響を与えたもの」に関する調査結果を発表した。生活者に最も影響を与えた製品・サービスは「携帯電話・スマートフォン」だった。(2019/6/27)

今日のリサーチ:
平成の消費に影響を与えたものは「スマホ」「ネット通販」「PC」――博報堂生活総合研究所「消費1万人調査」
博報堂生活総合研究所が実施した「消費1万人調査」より、「平成の消費観・消費行動に影響を与えたもの」の結果を抜粋。(2019/6/26)

平成の消費を変えたもの 1位は「ケータイ・スマホ」 博報堂生活総研の消費者調査
前と後とで劇的に変わった。(2019/6/25)

#TwitterBrandSummit レポート:
Twitterがブランドにもたらす「オーディエンス」の力とは? 『カメ止め』女優や経沢香保子氏らが語る
映画『カメラを止めるな!』に出演した女優しゅはまはるみ氏、アーティスト和田永氏、キッズライン代表取締役の経沢香保子氏が語る「オーディエンス」の力。(2019/6/17)

モバイルファーストからボイスファーストへ:
音声の時代に起きること――電通イージス・ネットワーク iProspectのエキスパートが語る
ボイス事業の世界トレンドと今後の展望。(2019/6/12)

ブランドのストーリーをクリエイターの声を通して発信:
Instagramが「ブランドコンテンツ広告」を提供開始
クリエイターと協業したブランドコンテンツを広告として配信可能に。(2019/6/10)

「メルカリチャンネル」7月8日に終了へ 理由は「経営資源の再配置」 ライブコマースに見切り
メルカリのライブコマース機能「メルカリチャンネル」が7月8日午後3時ごろに終了する。理由は「グループ全体で経営資源を再配置し、運営サービスのさらなる品質向上を目指すため」。出品者と視聴者が交流できる点が支持されていたが、約2年で幕を閉じる。(2019/6/7)

スピン経済の歩き方:
ワークマンの大ヒットは、「安いのに高機能でオシャレ」だからではない
ワークマンの勢いが止まらない。今年4月の国内店舗数はユニクロを超え、売上高も大幅に伸ばしているのだ。同社の成功要因として「激安なのに高機能でオシャレ」といった指摘が多いが、本当にそうなのか。筆者の窪田氏は違った見方をしていて……。(2019/6/4)

ストーリーズ広告が成長をけん引:
Instagram、「ブランドコンテンツ」提供などビジネス活用の最新動向を説明
フェイスブックジャパンは2019年5月27日に記者説明会を開催。「Instagram」の最新のビジネス活用について、担当者が語った。(2019/5/29)

辻希美“億チューバー”現実味? ネットでの実績は十分! 成功なら芸能界に地殻変動も
元「モーニング娘。」でタレントの辻希美(31)が、ついにYouTubeに「辻ちゃんネル」を開設して、ユーチューバーの仲間入りを果たした。たびたび炎上もしているとはいえ、SNSを駆使し、ママタレントの勝ち組でもある“辻ちゃん”のユーチューバー参入に、業界内も注目しているが、果たしてその勝算は。(2019/5/27)

Rakuten GirlsAward 2019 S/S:
乃木坂46、初パフォーマンスの新曲「Sing out!」披露 ラストアイドルは52人で歩く芸術“団体行動”で感動呼ぶ
【動画あり】ラストアイドルの団体行動をとにかく見てくれ……!(2019/5/27)

ITりてらしぃのすゝめ:
「セキュリティの基礎は無料で学べる」 ワンクリックで”リテラシー”高める無料教本
セキュリティを勉強するのは難しいし、日々の話題についていけない――そんな人には無料で学べる“教本”をお勧めしたい。(2019/5/27)

キンコン西野の仕事術【前編】:
キングコング西野亮廣が考える仕事観――お金と挑戦は切り離せない
キングコングの西野亮廣――。会員数2万5000人を誇る国内最大のオンラインサロンのオーナーでもある彼に、お金に対する考え方と、ビジネスにおける仕組み作りのコツを聞いた。(2019/5/24)

「水増しインフルエンサー」を識別するサービスが登場 SNSマーケティングを検討する企業向け
インフルエンサーをマーケティングに起用する前に、フォロワー数が正当なものかチェックする手段として。(2019/5/23)

インフォマーシャルのノウハウをライブコマースで:
電通ダイレクトマーケティングとCandeeがアフィリエイト型ライブコマースで協業
アフィリエイト型の料金体系のため、低リスクでのお試し出稿が可能。(2019/5/22)

NHK「クローズアップ現代+」で「水増しインフルエンサー」特集 フォロワー数売買の実態に迫る
放送にあわせて、専用掲示板で意見を求めています。(2019/5/21)

IBMテクノロジーの“認定インフルエンサー”、「IBM Champions」からのメッセージ:
PR:もっとスケーラブルなWordPress実装をKubernetesクラスター上にデプロイする
IBMのソリューションやソフトウェアに対し、そのテクニカルコミュニティーにおいて高度な貢献をしたエンジニアを表彰する制度「IBM Champions」。2008年に創設され、2018年までにグローバルで計650名、うち日本人は計51名が選出されている。では彼らが見ている“テクノロジー最先端の風景”とはどのようなものなのか?――編集部では、2018年にIBM Championsに選ばれた三人に記事執筆を依頼。「言葉」ではなく、具体的な「知見・ノウハウ」を通じてメッセージを発信してもらった。ぜひ実際に頭と手を使って、彼らの視点を体感してみてはいかがだろう。(2019/5/21)

今日のリサーチ:
PR業界の最新潮流、インフルエンサー活用が進む――日本パブリックリレーションズ協会調べ
日本パブリックリレーションズ協会の推計によると、2018年度におけるPR業の売上高は1290億円。2016年度に比べて27%の伸びを示しました。(2019/5/17)

米国で試験運用を実施:
Instagram「ショッピング機能」をクリエイターの投稿内でも利用可能に
Instagramが「ショッピング機能」を拡充。(2019/5/13)

「やだ、イケメン」「美少年すぎる」 人気コスプレイヤーえなこ初の男装、青木佑磨美少年説が浮上してしまう
本物を超えてくるコスプレ。(2019/5/7)

CXが拡張するD2Cの可能性(後編):
D2Cが切り開いた市場に大企業が参入、どうする?
ベースフード代表取締役社長の橋本 舜氏、Minimal -Bean to Bar Chocolate-代表の山下貴嗣氏、ウツワ代表取締役のハヤカワ五味氏がD2Cの可能性を語った。(2019/5/7)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「EC-CUBE」「カラーミーショップ」「ショップサーブ」他、日本では国産ECプラットフォームが強い
ネットショップ構築を支援するECプラットフォームとパーソナライゼーションの市場動向を営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」のデータから探ります。(2019/4/26)

コンテクストをつかむ:
TikTokをマーケティングに活用する企業がショートムービーでユーザーの心をつかむためにやっていること
TikTokをマーケティングプラットフォームとしての可能性に注目している企業は多いだろう。TikTokにはどのような特徴があり、どう活用できるのか。運営会社の中の人が語った。(2019/4/19)

「Peing-質問箱-」コミュニティ内で自由に質問→回答できる新機能 フォロワー以外との匿名コミュニケーションが可能に
これまでの機能とは違う方向性。(2019/4/13)

あの会社のこの商品:
35万台も売れている「モップ」は、何がスゴいのか
バンダイの子会社シー・シー・ピーの「コードレス回転モップクリーナー」が売れている。2015年7月に発売したところ、当初の売り上げはイマイチだったが、あるきっかけで人気に火がついた。何がきっかけで……。(2019/4/8)

インバウンドリクルーティング入門 第3回:
メルカリ・ガイアックス・サイボウズに学ぶインバウンドリクルーティング
求職者を呼び込んで関心を持ってもらうインバウンドリクルーティング。今回は国内企業の事例を紹介します。(2019/4/3)

半径300メートルのIT:
「令和」時代の親たちへ――SNSのインフルエンサーに憧れる子どもたちを、犯罪からどう守るのか
平成に生まれたSNSが、社会にとてつもなく大きな影響を与える存在になりました。多くのインフルエンサーが子どもたちの憧れを集める一方、ユーザーの「承認欲求」に付け込む犯罪が出てきています。新元号「令和」が幕を開ける今、もう一度セキュリティを振り返ってみませんか。(2019/4/2)

「令和版」人生ゲームが早くも発表 SNSユーザーになってフォロワー数を競う
平成元年にも「人生ゲーム 平成版」が40万枚のヒットを記録していました。(2019/4/1)

“テクノロジーの最先端”を体感してみよう:
PR:IBMテクノロジーの“認定インフルエンサー”、「IBM Champions」からのメッセージ
IBMのソリューションやソフトウェアに対し、そのテクニカルコミュニティーにおいて高度な貢献をしたエンジニアを表彰する制度「IBM Champions」。2008年に創設され、2018年までにグローバルで計650名、うち日本人は計51名が選出されている。では彼らが見ている“テクノロジー最先端の風景”とはどのようなものなのか?――編集部では、2018年にIBM Championsに選ばれた三人に記事執筆を依頼。「言葉」ではなく、具体的な「知見・ノウハウ」を通じてメッセージを発信してもらった。ぜひ実際に頭と手を使って、彼らの視点を体感してみてはいかがだろう。(2019/4/24)

お札なし、職業カードなし、ゴールなし:
人生ゲーム「令和版」 お金ではなく“フォロワー”獲得を目指す タカラトミーが発売
タカラトミーは新商品「人生ゲーム+(プラス)令和版」を6月に発売。発表された新元号「令和」に対応。インフルエンサーを目指すゲームになるという。(2019/4/1)

人生ゲームにも「令和」版 お金ではなくフォロワー集める
人生ゲームに「令和版」が登場。お札は使わず、インフルエンサー目指してフォロワーを集めるという。(2019/4/1)

奇抜な格好でファッション展示会に行ったら? YouTuberが実験、カメラマンや著名人からセレブ扱いされる結果に
ファッションとは(哲学)。(2019/3/31)

今日のリサーチ:
店舗で見てオンラインで買う人とオンラインで見て店舗で買う人、アジア各都市の傾向――トランスコスモス調査
東京を含むアジア10都市におけるオンラインショッピング利用者の傾向はどうなっているのでしょう。(2019/3/29)

月収100万円を稼ぐ女子大生のお仕事って?
女子大生のお仕事も情報化・IT化。(2019/3/26)

YouTuberの対立から現実世界で乱闘に 独ベルリンで
9人が逮捕されました。(2019/3/25)

企業・アルバイトたたきの欺瞞:
「バイトテロ」が繰り返される真の理由 大戸屋一斉休業で問う
3月12日に大戸屋が一斉休業するなど社会問題化する「バイトテロ」。そのメカニズムと真の対応策について専門家に聞いた。(2019/3/11)

3つの子会社と連携:
エイベックスがインフルエンサー事業強化、新しい時代の人気者を創出
エイベックスがインフルエンサー事業強化の取り組みを発表した。(2019/3/6)

旦那さん嫉妬しちゃうよ! 菊地亜美、稲垣吾郎と腕を組み“夫婦リンクコーデ”を完全再現
夫婦っぽさがすごい。(2019/3/4)

人工知能が才能発掘?:
AIがモデルを審査!? 「副業モデル」マッチングアプリの挑戦
副業でモデルができるアプリ「週末モデル」が審査業務にAIを活用。ベンチャーと組み容姿や趣味などで評価させるという。でも、どうやって?(2019/2/27)

「名前しか知らないあの街」に自転車で行ってみる 何もないと言われた【国府津】には、祖父の思い出と「穴」があった
「国府津は何もねえよ」(2019/2/16)

「GoProドリーム」をつかんで世界を旅する
日本円にして約1億1000万円の賞金を分け合う映像コンテンスト「HERO7 Black Million Dollar Challenge」。日本からは3人のクリエイターが選ばれました。カッコイイ映像を撮るコツは?(2019/2/14)

視聴者向けの付加価値強化も:
Candeeがライブコマースサービスの法人利用を無料化
出演者がお気に入りのアイテムをスマートフォンのアプリからライブ配信するライブコマースの市場活性化に向け、「Live Shop!」の法人向けアカウントの初期費用と月額利用料金を無料化する。(2019/1/30)

信頼あるベビーシッターが自宅訪問で実演:
キッズラインのベビーシッターを起用したプロモーション支援、サイバー・バズが提供
サイバー・バズはキッズラインと共同で、ベビーシッターやママインフルエンサーを起用したプロモーション支援を開始した。(2019/1/18)

齋藤飛鳥、「ちょっとなめてた」と小悪魔笑顔 9万点超の資料を展示する「乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展」今日から六本木で開催
1月10日に行われたメディア内覧会には齋藤飛鳥さん、与田祐希さん、堀未央奈さんも登場しました!(2019/1/11)

エンジェル投資家が「ホンダジェット」を買ったワケとは
「テレビコマーシャルを見て『これ欲しい』と思った」――小型ビジネスジェット機「HondaJet」の日本初顧客の1人となった千葉氏はこう話す。一般航空が根付いていない日本で、あえて“初物”に高額を投じた理由は。(2018/12/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。