ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「法改正」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「法改正」に関する情報が集まったページです。

プロバイダ責任制限法、改正案が閣議決定 投稿者IPアドレスなどの開示手続きを簡略化
政府がプロバイダ責任制限法の改正案を閣議決定したと、共同通信などが報じた。インターネットで誹謗中傷を受けた被害者が訴えを起こしやすいよう、裁判手続きを簡略化する。(2021/2/26)

対応方法・スケジュールを弁護士が解説:
3月1日施行、改正会社法 「取締役の報酬等の決定方針」の定め方と記載例
2021年3月1日から「会社法の一部を改正する法律」と、それに伴って公布された「会社法施行規則等の一部を改正する省令」が施行される。これにより、取締役の個人別の報酬等の内容についての決定に関する方針を取締役会で決定することが義務付けられる。企業に求められる対応のスケジュールと、具体的な記載例とは?(2021/3/1)

日本にスポーツベッティングは根付くか:
バスケットボールが「スポーツくじ」の対象に 「スポーツベッティング」はスポーツ界の救世主となるか
2020年末の法改正で、バスケが「toto」の対象に追加予定となった。コロナ禍で資金繰りに苦しむプロスポーツも多い中、スポーツベッティングは新たな稼ぎ頭となるのか。(2021/2/25)

約8割が「改正個人情報保護法でセキュリティ対策強化を考えた」:
すぐに対策をしない理由は「自社がサイバー攻撃による被害に遭う可能性が低いから」 サイバーセキュリティクラウド
サイバーセキュリティクラウドが企業の経営層を対象に実施した「改正個人情報保護法成立後のサイバーセキュリティ対策に関する意識調査」の結果を発表した。それによるとサイバーセキュリティ対策強化の必要性を感じている経営層が多数いることが分かった。(2021/2/18)

混乱の理由:
パワハラと指導の境界線はどこにあるのか 旭川医大問題を考える
2020年6月、パワハラ防止法こと「改正労働施策総合推進法」施行された。パワハラケーススタディとして、話題となっている旭川医大を例に対応を考えてみる。(2021/2/9)

Autodesk University 2020:
歴史的建造物の調査を高精度に行う“クイックスキャン”、Revit連携でVR展開も
文化財保護法が一部改正され、以前は政府が行っていた歴史的建造物の管理が都道府県や市町村に委ねられることになった。実現には、歴史的建造物に関する管理や活用を市民参加型にする必要がある。レーザースキャナーや写真データを活用した歴史的建造物のデータ化は、将来的な建造物の修繕やバリアフリー化などの情報を共有化するのに有効だ。また、BIMとの連携で、調査や修繕の管理・立案などにも役立つ。(2021/2/1)

bitFlyer、仮想通貨取引証拠金のレバレッジを4倍から2倍に
仮想通貨取引所を営むbitFlyerは、金融商品取引法の改正に基づき、仮想通貨の証拠金取引のレバレッジ倍率を、従来の4倍から2倍に引き下げる。(2021/1/29)

GPS用いた居場所探索規制へ 警察庁のストーカー規制検討会が報告書
警察庁の有識者検討会が、GPSを用いて相手の承諾なく居場所を探る行為などを規制することが適当だとすることなどを盛り込んだ報告書をまとめた。この報告書を受け、警察庁は、ストーカー規制法の改正案を今国会に提出する方針。(2021/1/29)

新連載・定年延長のリアル:
「定年延長」への対応方法 4月の高齢法改正で何が変わる?
70歳までの就業機会確保を定める、改正高年齢者雇用安定法(高齢法)の施行まで間もなくとなりました。今回の高齢法改正で何が変わるのか? 定年延長が義務化されるのか? 定年延長の効果は? など、よく聞かれる問いに答えます。(2021/1/29)

政府は負けを認め、反省の上にDXを一気に進める。民間企業はどうか――平井デジタル相が目指すもの
行政のDX推進を目指すデジタル庁設立の構想やそれに向けた法改正が急がれる中、デジタル改革担当相の平井卓也氏が目指す「日本のDX」はどういったものだろうか。話を聞いた。(2021/1/21)

注意点は:
改定された「副業・兼業ガイドライン」を読む
2020年9月に「副業・兼業の促進に関するガイドライン」が改定されました。より具体的に、踏み込んだ内容になっていますが、その改正ポイントを解説します。(2021/1/20)

飲食店名公表、実効性は? 非協力店“宣伝”のジレンマも
新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言発令を受けた営業時間短縮要請に関連し、各知事が要請に従わない飲食店を公表できるよう政令が改正された。とはいえ、実際に公表に踏み切るかどうかの判断にはさまざまな事情が絡む。(2021/1/14)

デジタルプラットフォーム取引透明化法、個人情報保護法など:
2021年、最低限押さえておきたいIT関連の法改正をまとめてチェック
IT業界で働いているなら最低限押さえておきたい2021年施行予定、審議予定の法律を紹介する。(2021/1/13)

SNS誹謗中傷に保険も登場 官民で対策加速
ネットでの誹謗中傷への対策が官民で加速している。総務省が裁判手続きを簡素化する法改正を目指す中、ネットのトラブルに特化した少額保険にも関心が集まっている。(2020/12/24)

Twitterトレンド大賞、1位は「コロナ(新型コロナ)」 最多いいね・リツイートは「100日後に死ぬワニ」
2位、3位には「#検察庁法改正案に抗議します」「緊急事態宣言」がそれぞれ選ばれました。(2020/12/22)

総務省が改正「MNPガイドライン」を公表 手数料無料、引き止め行為の禁止など
総務省が12月18日、改正した「携帯電話・PHSの番号ポータビリティの実施に関するガイドライン」を公表した。MNPの手続きにかかる手数料については無料とするが、対面や電話で手続きをする場合は、税別で1000円以下とする。転出元の事業者は、MNPの手続きをするユーザーに対して、一切の引き止め行為を行わないよう規定している。(2020/12/18)

政府が2021年度の税制改正大綱を発表 クラウド導入など企業のDX化で減税
自民、公明両党が2021年度の税制改正大綱を発表。クラウド型システムの導入など企業のDX化を促す減税措置などを盛り込んだ。(2020/12/11)

いまさら聞けない「同一労働同一賃金」の基礎
2018年6月、働き方改革関連法が成立しました。目玉の一つ、いわゆる同一労働同一賃金について、法改正の内容など基礎を整理します。(2020/12/7)

悲劇繰り返し改正……ストーカー規制法、GPS対応どうする
施行から20年を迎えるストーカー規制法は、これまでメールやSNSの普及で2度改正されている。情報機器やGPSが発達し、ストーキングの形態も多様化。「時代に即した対応が重要だ」と関係者や遺族からは切実な声が漏れる。(2020/11/26)

特許庁、画像を初めて意匠登録 クラウド活用、センシング技術の発展見据え
特許庁が小糸製作所の「エリアマーカー」を、画像として初めて意匠登録した。クラウド活用やセンシング技術の発展を背景に意匠法が改正され、画像のデザインにも独占権を認められるようになった。(2020/11/10)

SUBARUが認証ソリューションAuth0を採用 改正個人情報保護法に対応
SUBARUは、同社のオーナー向けアプリ「マイスバル」に認証ソリューション「Auth0」を導入した。今後、Auth0の認証基盤を利用して改正個人情報保護法に対応した顧客向けのポータルサイトを構築する予定だ。(2020/11/6)

5ちゃんねるの姉妹サイト「PINKちゃんねる」で「半角文字列板」などが突然閉鎖に リーチサイト規制の影響か
10月1日からの改正著作権法施行で、著作権侵害コンテンツへのリンク情報を掲載する、いわゆる「リーチサイト」行為も違法となっていました。(2020/11/5)

エキスパートが語り下ろすモダンマーケティングの論点:
サードパーティーCookieの利用制限はデジタル広告にとって大きなチャンスでもある
2020年6月に国会で改正個人情報保護法が可決され、消費者のプライバシー保護の問題がますます注目を集めている。今後のデジタル広告はどうなっていくのか。(2020/11/5)

石川温のスマホ業界新聞:
クアルコムが「スマホが売れないのは改正法のせい」と噛みつく――総務省は「5G端末を特例扱いはしない」と一蹴
総務省がまとめた「競争ルールの検証に関する報告書2020」に対するパブリックコメントが公表された。注目すべきは、米Qualcommが提出した「端末販売の減少は、改正電気通信事業法が施行された直後から始まっている」という意見。総務省はこれを事実上無視した。(2020/10/30)

「ITmedia Security Week秋」:
日本のIoTは、なぜ今でも“危ない”のか 脆弱性チェックと法改正を重ねる総務省の現在地
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で社会が大きく変化し、セキュリティ対策も変化の時を迎える。そんな中、数年前から5GやIoTの普及に向けたセキュリティ対策を本格化してきたのが総務省だ。大掛かりな脆弱性チェックや法改正も実施したという彼らの危機感と、対策の現在地は。(2020/10/22)

伊達政宗がジェットコースターで小田原へ! 『建築知識11月号』は戦国武将と一緒に改正建築基準法を学べる1冊に
法改正をマスターして天下統一!(2020/10/19)

海外医療技術トレンド(64):
米国HIPAA規則改正にみる、医療プロセスのDX推進と個人健康記録保護のバランス
本連載第40回で、米国の退役軍人およびメディケア被保険者向け個人健康記録(PHR)に関わる「Blue Button 2.0」に触れた。今回は、PHRの将来を左右するであろうプライバシー規則であるHIPAA規則の改正動向を取り上げる。(2020/10/16)

解体市場のトレンド予測も解説:
改正法で急変する解体業界、施主とつなぐ「くらそうね」に“賠償保険”など無償の保証サービス
解体工事の一括見積もりWebサービスを運営するクラッソーネは、会社倒産や事故発生など、万が一の際、金銭的リスクの回避や工事停滞などの不安を解消する保証サービスを無償オプションで追加した。(2020/10/6)

違法音楽アプリの根絶に向けて 日本レコード協会が「あの音楽アプリは、もう違法。」開設で啓蒙活動
「リーチサイト・リーチアプリ規制」に関する改正著作権法が10月1日から施行されたことを受けて。(2020/10/1)

改正著作権法きょう施行 「あの音楽アプリは、もう違法。」日本レコード協会がWebサイト
権利者の許諾を得ていない音楽アプリの規制を強化する改正著作権法が10月1日から施行されたことを受け、日本レコード協会が特設Webサイトを開設。法改正の内容や違法音楽アプリの実態を発信し、健全な環境で音楽を楽しむよう呼び掛ける。(2020/10/1)

第3のビールは価格据え置き:
イオン、PB初の本格ビール発売 酒税改正でビール需要の高まり見込む
イオンは、プライベートブランド(PB)から初の生ビールとなる「トップバリュベストプライス富良野生ビール」を発売する。本体価格は1缶350ミリリットルで150円(税別)。一方、税率が引き上げられる第3のビールでは、PB商品の価格を増税後も据え置く。(2020/9/29)

税率が変更されるお酒が一目で分かる! Yahoo! JAPANが特設サイト「酒税法改正 なにがどうなる?」を公開
ややこしい酒税について、わかりやすく解説しています。(2020/9/25)

パーソナルデータは「不正引き出し」できるのか:
「もうひとりの私」を預ける 情報銀行が守るパーソナルデータとは
コロナ禍にビジネスのオンライン対応が急務となるなか、企業にとって個人情報の保護と活用はいっそう重要度を増している。その中で2020年8月、ITmediaエンタープライズ主催のWebセミナー「データガバナンスが切り開く企業の未来」が開催された。基調講演では、NTTデータ金融事業推進部デジタル戦略推進部 部長の花谷昌弘氏が「ビジネス資産としてのパーソナルデータ〜個人情報保護法の改正と新型コロナウィルス対応〜」と題して講演した。(2020/9/28)

菅新総裁、「デジタル庁」創設に意欲 各省庁に散らばるデータを統合、法改正も視野
自民党の新総裁に選ばれた菅義偉官房長官が、省庁再編の一環で「デジタル庁」を創設する意向を示した。各省庁に分散するデータを統合し、柔軟な利活用につなげるという。菅新総裁は「法改正に向け、早速準備する」と述べた。(2020/9/15)

Zoom会議やオンライン討議、取手市議会が導入 コロナ禍などで
茨城県取手市議会は、議会の委員会の説明・質疑・委員間討議をオンラインで行えるよう、会議規則と委員会条例改正案を議決した。同市は、オンラインによる委員会出席も可能にするなど、議会へのIT導入を進めている。(2020/9/8)

10月1日酒税率改正、半数超が「知らない」 税額が上がる「第3のビール」に求められるものは?
安さだけではない魅力も重要になってきそう。(2020/9/4)

できること、できないこと:
改正電子帳簿保存法で、経理は本当にペーパーレス化できるのか
デジタル化の促進に関して、注目されている法律の改正がある。10月から施行される改正電子帳簿保存法だ。今回の改正によって何が変わるのか、実務上どのような影響があるのかをみていく。(2020/9/3)

デザインの力:
意匠を制する者が知財を制す――デザインの重要性が増す意匠法改正のポイント
日本弁理士会はオンライン記者説明会を開催し、2020年4月1日に施行された意匠法の改正ポイントと新たな保護対象の出願件数、そして来年(2021年4月1日)施行予定の改正内容などについて解説した。(2020/9/2)

石野純也のMobile Eye:
4G周波数の5G転用は「優良誤認」と「速度低下」の恐れあり ドコモの5Gネットワーク戦略を解説
総務省の省令改正により、4G周波数の一部を5Gに利用できるようになった。こうした状況に疑問を投げかけているのがNTTドコモだ。同社自身も4Gから5Gへの転用は行う予定だが、拡大には慎重な姿勢を示す。(2020/8/29)

酒税法改正に商機を見いだす:
キリン、糖質ゼロのビール10月発売 健康意識の高まり背景に
キリンビールは糖質ゼロのビール「キリン一番搾り 糖質ゼロ」を10月6日に発売すると発表した。10月から段階的に始まる酒税法改正でビールが減税されることを受け、売り上げの拡大を狙う。また、コロナ禍で健康意識も高まっていて、それらのニーズにも応えられるとしている。(2020/8/27)

10月の改正法施行に商機見いだす:
マネーフォワード、請求書を電子保管できるサービスを提供 中小企業の業務効率化へ
マネーフォワードは、請求書などを電子保管するサービスを9月下旬から提供する。10月施行の改正電子帳簿保存法では、請求書などのデータ保存の要件が緩和される。改正法に対応したサービスに商機を見いだしている。(2020/8/20)

厳格化する法制度と現場の両面から探る:
問われるデータ「利活用」と「保護」のバランス 企業のITに必要な変化とは
データを迅速に利活用するテクノロジーが脚光を浴びる中、GDPRや改正個人情報保護法など、個人情報を巡る法規制が厳格化しつつある。データの利活用を進めつつ、コンプライアンスやガバナンスも実現するために、企業に求められるITの変化とは。(2020/8/20)

鳥取県、有害図書・玩具の販売規制に「ECサイトも含む」と明記へ Twitterで物議
鳥取県が青少年健全育成条例を一部改正し、ECサイトでの有害玩具や有害図書の販売を条例で規制しようとしている――とする投稿がTwitter上で物議を醸している。鳥取県は「以前からある販売規制に、ECサイトも含まれると明文化するもの。対応に変化はない」と説明した。(2020/8/14)

法規制変更で仮想通貨ビジネスはどう変わる? GMOコイン社長に聞く
改正資金決済法と改正金融商品取引法(金商法)が5月1日から施行された。法律上、仮想通貨から暗号資産に呼び名が変わるほか、レバレッジをかけた差金決済取引(CFD)などのデリバティブ取引が規制され、第一種金融商品取引業者としての登録が必要になる。こうした法規制は仮想通貨取引所のビジネスにどう影響するのか。いち早く第一種金融商品取引業者として登録を済ませたGMOコインの石村富隆社長に聞いた。(2020/8/13)

改正法と新型コロナが“中古スマホ市場”に与えた影響は? RMJ粟津代表に聞く
2019年10月の電気通信事業法改正で端末割引が制限されたことで、脚光を浴びているのが中古端末だ。一方で3月以降はコロナ禍に見舞われるなど、中古端末を巡る環境も大きく変わりつつある。業界団体のリユースモバイル・ジャパン(RMJ)、代表理事の粟津浜一氏に、中古市場の現状を聞いた。(2020/8/11)

産業動向:
三和建設がコアー建築工房の全株式を取得、木造建築事業を本格化
三和建設は、政府が2000年に施行した建築基準法の改正で木造建築物の設計自由度が高まった点や木造技術と木製部材の性能が向上している点などを理由に、木造注文住宅の建設を得意とするコアー建築工房の全株式を取得し、住宅と施設の木造建築業界に参入する。今後、コアー建築工房の木造建築のノウハウを生かした木造住宅や施設の開発を進める。(2020/8/11)

短期集中連載「プログラミング教育とGIGAスクール構想」 第3回:
忙しい先生を救え! 先進の事例に見る「教員のICT活用」最前線
2020年、改正学習指導要領が小学校で全面施行され、2021年には中学校でも完全施行される。従来よりもICT教育に注力していることが特徴……なのだが、肝心の教員もICTを使いこなすことで、現状において抱えている課題を大きく改善できる。その事例を紹介しよう。(2020/8/7)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省・有識者会議が法改正後のモバイル市場を検証――有識者「品質は劣るが安いという選択肢が必要」
7月16日に「通信品質」を加味した国別のスマートフォン料金比較結果を公表したICT総研。総務省の有識者会議において、同社の調査担当者がこの結果について解説する場面があった。これを受けて、有識者の一部が「品質は劣るが安いという選択肢が必要」という指摘をした。実現可能なのだろうか。(2020/8/7)

石野純也のMobile Eye:
端末販売で大打撃を受けたKDDI 低価格5GスマホとiPhoneが突破口に?
KDDIの通信事業は、コロナ禍の中でも需要が増していることもあり、業績自体は堅調だった。一方で端末販売は大打撃を受けた。電気通信事業法の改正も影響を及ぼした。特に第1四半期は5Gの立ち上げ直後で、インフラの移行計画にも影響を与えかねない。(2020/8/1)

5Gの出鼻をくじかれた――KDDIの2020年4〜6月端末販売台数が前年同期比で45万台減
KDDIにおける2020年4〜6月の携帯電話端末の販売台数が、前年同期比で45万台減少したことが分かった。改正電気通信事業法の影響に加えて、新型コロナウイルスの影響も受けているという。5G端末の普及戦略に大きな影響を及ぼしそうだが、計画は据え置いている。(2020/7/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。