ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「法改正」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「法改正」に関する情報が集まったページです。

サブスク解約を容易に 改正消費者契約法が成立 必要情報の提示が努力義務に
参議院本会議で改正消費者契約法が成立した。サブスクリプションなどの消費者契約における事業者の努力義務として、解約に必要な情報を提供すること、解約料の算定根拠を説明することを追加した。(2022/5/26)

短期保有データの扱いにも変化:
「保有個人データ」の取り扱いは、個人情報保護法改正でどう変わる?
個人情報保護法の改正で、「保有個人データ」の取り扱いはどう変わるのか? 改正のポイントと、詳しい既定の内容を解説します。(2022/5/25)

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:
スマホ特価販売の「闇」 転売対策に右往左往する販売店の声
電気通信事業法の改正以来激減してきたスマホの「特価販売」が、新たな手法によって復活しつつあります。しかし、そのことに伴い「転売ヤー」と呼ばれる転売目的の端末購入が再び問題となりつつあります。その現状について、携帯電話販売店のスタッフに聞いてみました。(2022/5/25)

ガバナンスの重要性を再認識
改正個人情報保護法で何が変わる? 企業が取るべき対策について有識者が解説
改正個人情報保護法によって何が変わるのか。サイバーセキュリティの最新動向も踏まえ、企業が取るべき対策についてセキュリティ有識者が解説する。(2022/5/19)

PR:月額無料でPDFファイルに認定タイムスタンプを付与できる “改正電子帳簿保存法”対応「みんなのタイムスタンプ」登場 その実力は?
(2022/5/20)

民事裁判の全面IT化へ 改正民事訴訟法が成立 利便性向上もデジタル弱者対応に課題
民事裁判の手続きを全面IT化する改正民事訴訟法が成立した。これまでの裁判風景を一変させることになり利便性向上に向けた期待は大きいが、いわゆる「デジタル弱者」への対応といった課題もある。(2022/5/19)

書類電子化に加え押印も不要:
宅建業法が改正 賃貸借契約の完全オンライン化が可能に
宅地建物取引業法の改正法が、5月18日に施行された。賃貸や売買などの不動産取引に必要な重要事項説明書などを電子化できるほか、書類に宅地建物取引士の押印も不要となる。(2022/5/18)

13日からは従業員のマスク着用取りやめ:
グローバルダイニングへの時短命令は違法 損害賠償は認めず
新型コロナウイルス対応の改正特別措置法に基づく東京都の営業時間短縮命令は「営業の自由を侵害し違憲で、違法だ」として、グローバルダイニングが都に損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は5月16日、時短命令は違法と判断したものの、損害賠償請求は棄却した。同社は判決を不服として即日控訴した。(2022/5/16)

安全システム:
高齢ドライバー向け認知機能検査をタブレットで、DeNAと日本テクトシステムズ
ディー・エヌ・エー(DeNA)と日本テクトシステムズは2022年5月13日、高齢者認知機能検査の法改正に準拠した、タブレット式の認知機能検査システム「MENKYO」の提供を開始したと発表した。同日から、富山県の警察本部や教習所などで運用が始まった。2022年度中に19府県で運用を開始し、警視庁でも実証実験を開始する予定だ。(2022/5/16)

“不動産テック”を阻む諸課題とその対応策(前編):
【特別寄稿:前編】アドビ独自の業界別調査から見えてきた“不動産テック”の実態
本連載では、アドビが独自に実施した調査データを踏まえ、不動産業界での業務のデジタル化に立ちはだかる現状の課題を整理し、宅建法改正を受けて業務がどのように変わっていくのかを、アドビ デジタルメディア ビジネスマーケティング執行役員が前後編に分けて解説します。(2022/5/16)

DX時代のPLM/BOM導入(6):
PLMでコンプライアンス対応(2):自動車業界のトレーサビリティ強化策
本連載では製造業DXの成否において重要な鍵を握るPLM/BOMを中心に、DXと従来型IT導入における違いや、DX時代のPLM/BOM導入はいかにあるべきかを考察していく。第6回は自動車業界の法改正や欧米の品質規格と、PLMによる対応、特に変更管理とプロジェクト管理のポイントを解説する。(2022/5/20)

改正道路交通法が施行:
80代以上の47.5%が自身の運転に「不安なし」 免許返納の理由は「運転する機会がなくなった」が最多
5月13日、改正道路交通法が施行された。自身の運転に不安を感じているドライバーはどれくらいいるのか。DeNA SOMPO Carlifeが提供するクルマ定額サービス「SOMPOで乗ーる」が調査した。(2022/5/13)

75歳以上の「運転技能検査」新設:
改正「道路交通法」が施行 “スタイリッシュな電動車いす”に商機か
5月13日、改正道路交通法が施行された。この改正では、75歳以上のドライバーの免許更新手続きが変更。一定の違反歴がある場合、運転技能の検査が義務となった。これを受け、電動車いすなどの近距離移動を助ける製品の需要が高まると考えられる。(2022/5/13)

「紙巻たばこNO」→「専用ブース設置」に転換 銀座ルノアールを動かした「お前もか」の声
銀座ルノアールが運営する喫茶チェーン「喫茶室ルノアール」に、紙巻たばこ喫煙ブースが設置され始めている。2020年4月の改正健康増進法施行を機に、紙巻の喫煙禁止を宣言した同店だが何があったのか。その理由を尋ねた。(2022/5/13)

Cookieに関する問い合わせが増加:
マーケターの6割超が改正個人情報保護法を懸念する一方、うち対策済みは2割程度
改正個人情報保護法について、62.8%のマーケターが自社のデジタルマーケティング活動への影響を懸念している一方で、何らかの対策を既に実施しているマーケターは22.3%にとどまる──こうした結果が、LiveRamp Japanの調査で判明した。(2022/5/12)

どうする? 電子帳簿保存法Q&A:
役立つ「OCR」4選 請求書から日付・金額など読み取り 電子帳簿保存法Q&A
電子帳簿保存法の改正に伴い、日付、金額および取引先などの検索要件に関わる項目を自動判別できる高度なOCRツールを探している──そんな質問に対する、専門家の回答は?(2022/5/13)

改正個人情報保護法に備え、万全なデータ保護を実現する
機密データを「利活用しつつ守る」をかなえる方法とは
改正個人情報保護法は、事業者の個人情報保護に関する責務を強化する。法改正に備えた情報漏えい対策として有効な手法の一つが、データ暗号化だ。データ利活用とデータ保護を両立させるには、どのように暗号化技術を利用すればよいのか。(2022/5/9)

本当に免許不要でノーヘルをOKにするの? 電動キックボードの規制緩和にさまざまなメディア・団体から警鐘 多事走論 from Nom
電動キックボードの規制緩和を含む改正道交法が成立しました。(2022/5/2)

ITで変わる、不動産業界の現在と未来(1):
【新連載】間もなく“宅建業法改正”、不動産取引における「電子サイン」の実態は?
間もなく2022年5月に宅地建物取引業法(以下、宅建業法)が改正され、不動産契約の場面においても、押印や書面交付のデジタル化が進むと予想されています。そこで、アットホームが実施した「不動産取引における書類のオンライン化・電子サインに関する実態調査」をもとに電子サイン利用の実態を解説していきます。※本記事は、宅建業法改正前(2022年4月時点)に執筆したものです。賃貸借更新時と賃貸借解約時における取引場面では、既に電子サインが認められています。(2022/4/28)

今日のリサーチ:
改正個人情報保護法がデジタルマーケティングに影響 60%以上のマーケターが懸念――LiveRamp Japan調査
懸念はあれど「対策なし」では、何も変わりません。(2022/4/27)

電動キックボード「免許不要」で気になるモラルと事故時の補償 ヘルメット「努力義務」に緩和
電動キックボードのルールが大きく変わる。改正道路交通法が成立し、16歳以上については運転免許が不要となり、ヘルメット着用も「努力義務」に緩和される。運転手のマナーやモラル、事故が起きた場合の補償などは大丈夫なのか。(2022/4/27)

マナーが問題:
電動キックボードのルールが変わる 事故時の補償はどうなる?
都市部で見かけることも増えてきた電動キックボードのルールが大きく変わる。改正道路交通法が成立し、16歳以上については運転免許が不要となり、ヘルメット着用も「努力義務」に緩和される。(2022/4/23)

電動キックボード免許不要、自動運転「レベル4」解禁へ 改正道交法のポイントまとめ
電動キックボードの公道での走行ルールなどを盛り込んだ道路交通法(道交法)の改正案が衆議院で可決され、成立した。改正道交法のポイントをまとめた。(2022/4/21)

何から始めればいい?:
“男性も育休を取得しやすい職場”の作り方 法改正の整理から研修のポイントまで
出産・育児などによる労働者の離職を防ぎ、希望に応じて男女ともに育児などを両立できるようにするため、2020年6月に育児・介護休業法が改正されました。(2022/4/20)

電動キックボード、最高速度20km以下なら免許不要に Luupはサービスエリア拡大や販売事業参入へ
衆議院本会議で、電動キックボードの車両区分について定める道路交通法改正案が賛成多数により可決された。これにより、最高速度が時速20km以下の電動キックボードは「特定小型原動機付自転車」と区分される。(2022/4/19)

求められる対応は:
内部通報体制の整備が義務に 22年6月施行の改正公益通報者保護法で、何が変わる?
2022年6月施行の改正公益通報者保護法により、従業員300人超の事業者に適切な内部通報体制の整備が義務付けられます。改正のポイントと企業に求められる対応を解説します。(2022/4/19)

徹底解説!Cookie規制と法改正:
個人情報保護法改正で、マーケティングに欠かせない「プロファイリング」はどう変わる?
改正個人情報保護法の施行により、これまで以上に個人データの取扱いには注意が必要となる。マーケティングに欠かせないプロファイリングの手法はどう変わるのか? いま注目のデータクリーンルームの運用は? 田中浩之弁護士×トレジャーデータ山森氏の対談をお届けする。(2022/4/14)

「女性活躍」はこんなふうに:
女性活躍の「行動計画」、策定から届け出までを一挙解説【22年4月施行・改正女性活躍推進法】
2022年4月1日以降、101人以上の企業に義務付けられた女性活躍推進の「行動計画」の策定から周知、公表、届け出までを一挙解説します。(2022/4/14)

企業横断のデータ活用に「秘密計算」で挑む 法改正の隙間に生まれた市場を狙うSaaSスタートアップ
法改正により、事業者を跨いだデータの活用に関する規制が複雑化した。一方で、この状況をビジネスチャンスにつなげるスタートアップも出ている。そのヒミツは「秘密計算」だ。(2022/4/13)

吉村知事「チャレンジの後押しに」 スーパーシティ政令決定に
政府は「スーパーシティ」に茨城県つくば市と大阪市を指定するため、国家戦略特区を定める政令改正を閣議決定した。政府は今後、それぞれの特区について自治体首長らが参加する国家戦略特区会議を設置し、区域計画案を作成する。(2022/4/13)

「女性活躍」はこんなふうに:
女性活躍推進法の「行動計画」策定は、何から始めればいい? まず把握するべき、自社の項目リスト
改正女性活躍推進法の施行により、2022年4月以降、101人以上の企業に対して女性の活躍を推進するための行動計画の策定が義務付けられました。策定にあたってまず把握するべき「自社の項目リスト」について、社労士の島麻衣子氏が解説します。(2022/4/13)

法人課税はどう変わったか:
【経理必見】令和4年度税制改正、経理業務への影響は? ポイントを解説
「令和4年度税制改正」では所得拡大促進税制の拡充や住宅ローン減税の見直しなどが目玉となりそうです。その他、少額減価償却資産の損金算入特例の見直しなども要注目です。2021年に公表された税制改正大綱から、経理担当者が押さえておきたい改正ポイントを解説します。(2022/4/12)

内部不正対策にAIを使う場合の注意点などを追記:
IPAが「組織における内部不正防止ガイドライン」を5年ぶりに改訂
IPAは、「組織における内部不正防止ガイドライン」の第5版を公開した。個人情報保護法や不正競争防止法などの法改正に伴い、事業環境の変化や技術の進歩を踏まえた対策などを追加した。(2022/4/11)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「損害保険×ソリューション」の提供で、効率的かつ効果的なサイバーリスク対策を実現――東京海上日動火災保険 教学大介氏
サイバー被害対策の1つとして注目される「サイバーリスク保険」。その開発担当者が、企業が直面するリスクや改正個人情報保護法が企業に与える影響、保険会社のソリューションを活用した効果的なサイバーリスク対策を紹介した。(2022/4/11)

どうする? 電子帳簿保存法Q&A:
全くシステムを導入しなくてもOK? 電子帳簿保存法「電子取引」の対応法を解説
2022年1月から大幅に改正された電子帳簿保存法。2年間は「やむを得ない理由」がある場合、宥恕措置が適用されます。23年の年末までに、何をどこまで対応すればよいのか。最低限の対応から、推奨される対応まで解説します。(2022/4/11)

アンコンシャス・バイアスにご用心:
法改正でもまだまだ道半ば? 男性育休促進を阻む「エセ女性活躍推進」の正体
男性も育休を取得すべき――これまでは女性が取得するものど思われがちだった中、社会の変化や法改正もあり、徐々に高まる男性育休の機運。一方で、まだまだ道半ばともいえそうだ。その背景に「エセ女性活躍推進」があると筆者は指摘する。(2022/4/8)

IPAの「内部不正防止ガイドライン」、5年振りに更新 テレワーク普及など踏まえ改訂
IPAが、内部不正による情報セキュリティ事故を防ぐためのガイドラインを2017年振りに更新。コロナ禍によるテレワークの普及や個人情報保護法の改正、技術の進展などを踏まえ、新たに必要になった対策を追記した。(2022/4/7)

第31回 Japan IT Week 春:
AI活用で飲酒運転を抑止する企業向けサービス、ただしターゲットは運送・旅客以外 背景には道交法改正
AIを活用して呼気中のアルコール量を検査し、結果を自動でクラウドサーバに保存する企業向けサービスを、システム開発事業者が提供している。運転手向けのサービスにもかかわらず、ターゲットは「運送・旅客」以外という。(2022/4/6)

笠井信輔、18歳三男が民法改正で“新成人”に 「昨日突然、大人になりました」
おめでとうございます!(2022/4/3)

2022年4月1日施行:
改正個人情報保護法順守を支援、インティメート・マージャーがサービス提供
「IM Privacy Suite」を提供開始。(2022/4/1)

サイバー警察局発足 「深刻化するサイバー犯罪」に重点、対処業務を追加
警察法の一部を改正する法律の施行に伴い、警察庁は4月1日に「サイバー警察局」を設置した。サイバー犯罪の中でも重大な「重大サイバー事案」を直接捜査できるよう業務内容の規定を変更した。(2022/4/1)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
改正個人情報保護法施行でデジタルマーケターが見直すべき4つのポイント
2022年4月1日、改正個人情報保護法が施行されました。デジタルマーケティングに携わる人はこの機会に一度自社の運用を見直してみてはいかがでしょうか。(2022/4/1)

徹底解説!Cookie規制と法改正:
新設の「個人関連情報」、規制を受けるケースとは? 第三者提供は何がNG? 弁護士に聞く
2022年4月施行の個人情報保護法改正で新設された「個人関連情報」。どんなケースにおいて規制を受けるのか? 広告やマーケティングなどの実務担当者がひとまず押さえておくべき法令のポイントについて、森・濱田松本法律事務所の田中浩之弁護士にインタビューしました。聞き手はトレジャーデータの山森です。(2022/4/1)

4月改正の育児介護休業法、男性の8割が「知らない」 改正により「取得しやすくなった」は約7割に
 法律業務に関するソフトウェアの研究などを行うLegalForce(東京都江東区)は、会社員や会社役員に該当する男性1000人を対象に、育児休業取得に関する意識調査を実施した。その結果、約8割が4月に育児介護休業法が改正されることを「知らない」と回答したことが分かった。(2022/3/31)

ユーザーのプライバシー保護が前提:
Zホールディングス川辺、出沢CEOに聞くCookie規制への対応
Zホールディングス川辺、出沢CEOにインタビュー。後編では、サードパーティーCookieへの規制や、個人情報保護法の改正などにどう対応しようと考えているのかを聞く。(2022/3/31)

小寺信良のIT大作戦:
4月1日からの民法改正「18歳成人」で、本人と親が失うもの
4月1日になると、現在18歳と19歳の人達が、成人式でも誕生日でもないのに一斉に成人になる。それで何が変わるのか。(2022/3/31)

個人情報保護委員会への報告や本人への通知が義務化:
3月時点で改正個人情報保護法に対応できていない企業が約4割 トレンドマイクロ
トレンドマイクロは、「改正個人情報保護法における法人組織の実態調査」の結果を発表した。改正個人情報保護法の施行1カ月前(2022年3月2〜4日)の時点で、対応が完了していない企業は40.6%だった。(2022/3/31)

「猶予期間」は落とし穴?
マンガで解説:改正電帳法×インボイス制度 今すぐ着手すべき理由
電子帳簿保存法における電子取引データ保存の義務化は、宥恕措置が取られた。他方で2023年10月にインボイス制度もスタートする。企業は期限までに双方への対処を迫られている。いよいよデジタル化を推進する時が来た。どう取り組むべきか。(2022/3/31)

業種により大きな差:
改正電帳法「2年の猶予」で企業の動きはどうなった? リアルな現状
2022年1月に施行された、改正電子帳簿保存法。「電子取引データの電子保存の義務化」は、2年間の猶予が設けられた。この猶予により、企業の動きはどう変化したのだろうか?(2022/3/22)

3つの対応:
【直前対策】4月から施行! 改正個人情報保護法 中小企業が「最優先ですべきこと」
4月1日から、改正個人情報保護法が施行されます。改正法の全体像を確認し、取り組むべき直前対策を紹介します。(2022/3/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。