ニュース
» 2016年05月27日 18時25分 UPDATE

AbemaTV、アプリダウンロードが300万超え 好調の理由は「コンテンツと使い勝手」

動画配信サービス「AbemaTV」のアプリのダウンロード数が累計300万を突破。充実したコンテンツとアプリの使い勝手の良さが支持されているという。

[ITmedia]

 動画配信サービスの「AbemaTV(アベマTV)」のスマートフォン・タブレット向けアプリのダウンロード数が、5月21日時点で累計300万を突破したと運営会社が発表した。充実したコンテンツとアプリの使い勝手が支持され、好調な滑り出しにつながっているという。

 AbemaTVは、サイバーエージェントとテレビ朝日が共同で展開する”インターネットテレビ局”で、4月11日にスタートした。これまでのインターネット動画配信サービスとは異なり、「テレビを観るような感覚で利用する」というコンセプトを掲げ、音楽やスポーツ、アニメなどの既存コンテンツと、オリジナルのレギュラー生放送番組を24時間全て無料で放送する。スマートフォン/タブレット、PCで視聴できる。

インターネットテレビ局サービス「AbemaTV」(C)AbemaTV

 NTTドコモが運営する「dTV」の会員数は500万人(3月の発表時)。dTVは2011年11月にサービスを開始し、1年後に会員数が300万人を超えている。有料のdTVと単純な比較はできないが、AbemaTVの滑り出しは順調といえそうだ。

 運営会社のAbemaTVは「主にコンテンツの充実とサービスの使い勝手」が好調の理由だとみている。「24チャンネル、毎日24時間の編成をしているので、番組の数が非常に多い。こうした番組1つ1つがSNSなどで話題になることで、新たなユーザーがやってくる。その集積が300万ダウンロードという結果になったのではないか」(広報担当の鳥羽綾子さん)。

 1チャンネルの「Abema news」と2チャンネルの「Abema SPECIAL」は生放送番組。帯番組も制作しており、中でも「Abema SPECIAL」で深夜1時から放送している「The NIGHT」は、曜日ごとに異なるタレントがMCを務め、ユーザーから好評を博している。

さまざまな番組コンテンツを24時間編成している

 広告戦略も積極的に行う一方、やってきたユーザーの定着にも力を入れる。そのために「使っていて気持ちのいいサービス」を目標に掲げ、アプリの評価はAndroid版(Google Play)、iOS版(App Store)ともに「4」以上と高い。

 「スマホでの視聴が多いことを予想していたので、アプリはストレスなく使えるように作っている。特に”ザッピング”のUIはこだわり。スワイプすると、テレビのチャンネルを変えるように番組を切り替えられる」(鳥羽さん)

チャンネルをスワイプ操作で切り替えられる

 もともと「テレビから離れた層」をターゲットにしており、10〜20代の視聴者が多いと予想していたが、実際は30代の男性層が多くなっているという。「30代の男性は新しいサービスに敏感な人が多いので、その層が注目して利用しているのではないか」(同)という。

 当初、サイバーエージェントの藤田晋社長は「1日の総視聴数が1000万を超えればメディアとしての可能性が出る」と発言していたが、スタートから1週間でその目標を達成。今後さらなる成長を目指す。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集