ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サイバーエージェント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

今日のリサーチ:
2023年の動画広告市場は前年比112%の6253億円 縦型動画広告が高成長――サイバーエージェント調査
サイバーエージェントが10回目となる国内動画広告市場の調査結果を発表しました。(2024/2/22)

ネット広告の“勝利の方程式”をAI予測 サイバーエージェント独自システムの中身を解き明かす
AIを使ってネット広告の効果を高めているサイバーエージェント。同社のAI活用方法に迫る。(2024/2/22)

AIは論文発表を変える? 民間企業が“学会で発表する意義” サイバーエージェントなどが議論
企業において、研究開発組織はどのような役割を果たすべきなのか。AIは、研究開発をどう変えていくのか。サイバーエージェントとCygames、パナソニックホールディングスの3社で研究組織を率いる3人が議論を交わした。(2024/2/5)

2024年の生成AIはどうなる? サイバーエージェントなどIT企業4社の“本音” 「OpenAI強すぎる問題」に活路はあるか
ChatGPTが注目を集め、生成AI導入の機運が一気に広がった2023年。日本で生成AIの開発、実装に携わるIT企業4社が生成AI活用の現状と2024年の生成AIの展望を語った。(2024/2/2)

「裸の王様だった」 サイバーエージェント新卒社長は挫折から何を学んだのか
新卒1年目に「社長」の役割を任せる企業がある。サイバーエージェントだ。新卒で子会社の社長となった若手は、当時を「裸の王様だった」と振り返ったが、何を学んだのか。同社の「任せる文化」に迫る。(2024/1/19)

今日のリサーチ:
Z世代のSNS利用率、首位が逆転――サイバーエージェント調査
サイバーエージェント次世代生活研究所が「2023年Z世代SNS利用率調査」を実施。今回はZ世代が利用しているSNSおよび各世代のSNS利用率や認知率に関する調査結果を紹介します。(2023/12/20)

今日のリサーチ:
オンラインのスポーツ観戦において動画配信サービスに期待すること 最多は「無料視聴」――ABEMA Ads調査
サイバーエージェント「ABEMA」が、スポーツ観戦の最新動向とスポンサー企業への印象を調査しました。(2023/12/2)

ABEMA「麻雀チャンネル」、選手への誹謗中傷対策でコメントをAI監視 法的措置も辞さず
サイバーエージェントは10日、「ABEMA」の「麻雀チャンネル」に出演する選手への誹謗中傷、嫌がらせへの対応方針を公表した。(2023/11/10)

サイバーエージェント、生成AIのリスキリング講座を全社員に用意 内容は?
サイバーエージェントが11月から、全社員を対象に「生成AI徹底理解リスキリング」を開始。専門性の深さに合わせて3段階のプログラムを用意した。どのような内容なのか――。(2023/11/7)

サイバーエージェント、再び大規模言語モデルを無料公開 3万2000トークンに対応 商用利用もOK
サイバーエージェントは、商用利用可能な日本語大規模言語モデルを無料公開した。(2023/11/2)

裁判例を交え解説:
初任給40万円超、でも残業80時間込み ベンチャーで増える給与形態、狙いや法的問題は?
サイバーエージェントが昨年、残業代80時間分を含む形で新卒の初任給を42万円に設定した発表は記憶に新しいでしょう。9月には人材事業などを手掛けるベンチャー企業・レバレジーズが同様の発表をしました。固定残業時間と大幅な初任給引き上げを実行する企業の思惑を、判例とともに考えてみたいと思います。(2023/10/31)

サイバーエージェント、生成AIで業務6割削減へ 賞金1000万円の社内コンペも
サイバーエージェントは、全社員が生成AIを活用できる環境を整備し、現在の業務を2026年までに6割削減すると発表した。(2023/10/19)

生成AIで業務の6割削減、26年までに サイバーエージェントが生成AI活用推進組織
サイバーエージェントは、生成AI活用推進組織「AIオペレーション室」を新設したと発表した。(2023/10/18)

サイバーエージェント、ゲームとアニメのAI研究機関を新設 各制作フローで生成AIの活用法探求
サイバーエージェントは、研究機関「ゲームAI Lab」と「アニメーションAI Lab」を新設すると発表した。(2023/10/4)

AWSのLLM開発支援、採択企業が明らかに サイバーエージェント、マネフォ、PFN、rinna、リコーなど
AWSジャパンが、大規模言語モデル(LLM)開発支援プログラムの参加企業を発表した。応募があった約60社のうち、サイバーエージェント、rinna、Preferred Networks、リコー、マネーフォワード、松尾研究所など17社を採択した。(2023/9/4)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「時価総額500億円消失」 “ウマ娘バブル”終了のサイバーエージェントが「実は心配不要」な理由
サイバーエージェントの業績に大きなブレーキがかかった。最新の決算では『ウマ娘 プリティーダービー』におけるブームの頭打ちが鮮明に。市場内外からの厳しい評価にさらされているが、筆者は心配不要だと考える。(2023/7/28)

サイバーエージェント、ゲーム事業で1億円の赤字 「ウマ娘」ヒット以来初の赤転 バブル崩壊か
サイバーエージェントは、2023年9月期第3四半期(4月〜6月)の連結決算を発表した。ゲーム事業の売上高は337億円、営業利益は1億円で赤字となり、同社は「収益性の高いゲーム事業が大幅減益となった」と理由を説明している。(2023/7/26)

「GitHub Copilot」でAIが提案したコード、業務でどれぐらい採用された? サイバーエージェントが公開
サイバーエージェントが、社内におけるAIプログラミング補助ツール「GitHub Copilot」の利用データを公開。AIが提案したコードの採用率は。(2023/7/20)

生成AI 動き始めた企業たち:
サイバーエージェントが目指す、日本独自の生成AI
連載「生成AI 動き始めた企業たち」第2回は、サイバーエージェントを取り上げる。大規模言語モデル「OpenCALM」(オープンカーム)を5月に発表した同社は、生成AIの利活用にどのような構想を持っているのか。(2023/7/6)

サイバーエージェント、「テニミュ」など2.5次元ミュージカル制作企業を買収
「テニミュ」で2.5次元ミュージカルを開拓したネルケプランニングをサイバーエージェントが買収した。(2023/6/6)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
サイバーエージェントの日本語LLMは広告制作をどう変えるのか
デジタルマーケティングやCXに関する気になるニュースを最近のリリースからピックアップして紹介する。今週は、大規模言語モデルを活用したサービスに注目する。(2023/5/26)

サイバーエージェント、AI開発手法「MLOps」の研修資料を無償公開 全140ページ
サイバーエージェントは、新入社員の研修で使ったという資料を無償公開した。内容は、AIや機械学習アルゴリズムの開発手法「MLOps」に関するもので、全140ページ。(2023/5/25)

サイバーエージェント子会社、“プロンプトエンジニアリング部門”設置
サイバーエージェント子会社のCyberZが、プロンプトエンジニアリングに特化した組織「AIビジネス開発室」を設置した。(2023/5/24)

サイバーエージェント、最大68億パラメータの日本語による大規模言語モデルを公開
サイバーエージェントは、最大68億パラメータの日本語による大規模言語モデル(LLM)を一般公開した。既存LLMの多くは英語を中心に学習されているため、日本語や日本文化に強いLLMは少ない状況を打破する狙いがある。(2023/5/18)

清水亮の「世界を変えるAI」:
サイバーエージェントが公開した大規模言語モデルの実力を試す
5月16日、サイバーエージェントが商用利用可能な7B(68億パラメータ)の大規模言語モデルOpenCalm7Bを公開した。早速その実力を試してみた。(2023/5/17)

サイバーエージェント、日本語の大規模言語モデルを一般公開 最大68億パラメータ 商用利用可能
サイバーエージェントは最大68億パラメータの日本語LLM(大規模言語モデル)を一般公開した。ライセンスはCC BY-SA-4.0で、商用や研究目的で自由に利用できる。(2023/5/17)

サイバーエージェント、新卒配属にマッチングシステム(AIではない)採用 一番活躍できる部署を提案
サイバーエージェントが、新卒社員の配属に独自開発のマッチングシステムを採用した。本人の希望に加え、適性や特性といった情報を入力すると、本人が一番活躍できる部署を提案する。(2023/5/16)

“和製GPT”競争勃発か サイバーエージェント、独自の日本語LLM発表 「活用を始めている」
サイバーエージェントは11日、独自の日本語LLMを発表した。すでに130億パラメータまで開発が完了し、広告の制作などに活用を始めているという。(2023/5/11)

サイバーエージェントのグループインフラ部門はパブリッククラウドとの戦いに:
「Platform Engineering」は何を解決するのか? 誰が何をするものなのか?
Gartnerが紹介し、海外で広まりつつある「Platform Engineering」とはどのようなものなのか。誰がどう取り組めばよいのか。2023年3月に開催された「Platform Engineering Meetup #1」に登壇したHashiCorp Japanの草間一人氏とサイバーエージェントの青山真也氏のセッション内容を要約してお伝えする。(2023/4/11)

「トップの固定化避けたい」:
サイバー藤田社長、「26年に社長を辞める」宣言 自身はCEO兼会長へ
サイバーエージェントの藤田晋社長は自身のブログで、2026年に新社長を内部から昇格させ、自身は会長になることを決めたと発表した。新社長の就任後は会長兼CEOとしてしばらくは伴走し、引き継ぎが成功すれば身を引くという。同社の若手が活躍する社風を重視し、「象徴的な社長がずっと変わらないことを避けたい」とした。(2023/3/20)

サイバー藤田社長、2026年に社長を辞めると宣言
サイバーエージェントの藤田晋社長は3月20日、約3年ぶりとなる自身のアメーバブログを更新し、「3年後、2026年にサイバーエージェントの新社長を内部から昇格させ、私は会長になることを決めました」と記載した。(2023/3/20)

デジタル人材不足:
サイバーエージェント、リスキリング支援の新会社 狙いは?
サイバーエージェントはリスキリング支援の新会社を設立。同社グループ全体で「事業開発」から事業運営を担う「人材育成」までワンストップで支援していく。(2023/3/17)

元テレ東の高橋弘樹P、ABEMAに入社 「日経テレ東大学」終了騒動で退社
2月末でテレビ東京を退社した高橋弘樹プロデューサーが、サイバーエージェント傘下AbemaTVが運営するインターネットテレビ「ABEMA」に入社したことが分かった。(2023/3/9)

「ABEMA」、米ネットフリックスと共同プロジェクト 第1弾の配信コンテンツは?
サイバーエージェント傘下でインターネットテレビ「ABEMA」を運営するAbemaTVは米ネットフリックスと共同プロジェクトを立ち上げ、番組コンテンツを世界配信すると発表した。(2023/3/8)

ファンマーケティングを支援:
Amebaのブロガーを企業の「アンバサダー」に サイバーエージェントが協業プログラムを提供
18年間のブログ運営の実績と経験を生かし、企業ごとにロイヤルティーの高いファンを育て、マーケティングに活用する。(2023/2/24)

ABEMAとNetflixが提携 恋愛番組「オオカミ」などオリジナル作品を世界に配信
サイバーエージェントは、AbemaTVが運営する動画配信サービス「ABEMA」と動画配信サービス「Netflix」が提携すると発表した。(2023/2/24)

今日のリサーチ:
2022年の動画広告市場は前年比133.2%の5601億円、CTV広告の躍進もあり堅調――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推移を予測。(2023/2/14)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
W杯で赤字のABEMA、巨額投資をどう回収? 「次の一手」を予想してみた
昨年末のW杯では、全試合無料生中継を実施したサイバーエージェントの「ABEMA」に注目が集まりました。巨額を投じたABEMAのメディア事業は現状なお赤字ですが、今回の投資によって2つの成長余地が生まれたと筆者は考えます。(2023/1/27)

「W杯コスト」で約12億円の営業赤字、サイバーエージェント1Q決算 ゲーム事業も“ウマ娘前”水準に?
サイバーエージェントは1月25日、2023年9月期第1四半期(10-12月)の決算を発表した。売上高は1675億7700万円で、前年同期比2.1%減。営業損益は12億5500万円の赤字、最終損益は50億200万円の赤字となった。(2023/1/25)

サイバーエージェント、株主優待で「ABEMA」有料会員クーポン 100株以上保有者が対象
サイバーエージェントは新たな株主優待制度として、子会社のAbema TVが運営する「ABEMA」の有料会員クーポン券を付与すると発表した。100株(1単元)以上の株式保有者が対象。株主に中長期で株を保有してもらう狙いがある。(2023/1/27)

サイバーが株主優待新設 ABEMAプレミアム無料クーポンを提供 500株保有でずっと無料に
サイバーエージェントは1月21日、「ABEMAプレミアム」の無料クーポンを株主優待として新設すると発表した。2023年9月末の株主から対象とする。(2023/1/25)

でも赤字:
藤田社長「W杯で価値向上」──ABEMA好調、売り上げが過去最高334億円
サイバーエージェントは2023年9月期(22年10〜12月)の決算を発表し、ABEMAの第1四半期の売り上げは、前年同期比34%増の334億円だった。藤田晋社長は「メディアとして確立する道筋が見えた」と話した。(2023/1/25)

無料で提供:
ABEMA、「ボクシングチャンネル」を新設 低迷している業界を盛り上げ
サイバーエージェントが運営する動画配信サービス「ABEMA」は、ボクシング中継を無料で観戦できる専門チャンネル「ボクシングチャンネル」を新設した。無料配信することによって関心を集め、低迷しているボクシング業界を盛り上げる狙い。(2023/1/6)

ABEMA、「FIFAワールドカップカタール大会」の試合別視聴者数ランキングを発表 1位は?
サイバーエージェントはABEMAで全64試合を無料生中継した「FIFA ワールドカップ カタール 2022」についての数値を発表した。試合別視聴者数ランキング1位は、日本代表がベスト8進出を懸けて挑んだ「日本対クロアチア」だった。(2022/12/30)

海外では導入増加:
「卵子凍結」に費用補助 サイバーエージェント新制度の目的は?
7月下旬、サイバーエージェントは「卵子凍結補助」制度の新設を発表した。女性社員の「卵子凍結」費用を補助するのがその概要だが、なぜそのような取り組みを始めたのか?(2022/12/12)

ABEMA、日本対クロアチア戦で入場制限 アクセス集中が理由
サイバーエージェントが運営する「ABEMA」は12月5日、サッカーのカタール・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦である日本対クロアチアの中継で入場制限をしていると発表した。(2022/12/6)

ABEMA、W杯の試合別視聴者数ランキング公開 2位は「日本対ドイツ」、1位は?
サイバーエージェントは29日、動画配信サービス「ABEMA」で配信している「FIFA ワールドカップ カタール 2022」の試合別視聴者ランキングを公開した。(2022/11/29)

24年卒6000人にアンケート:
キャリアステップが多様な企業 2位「サイバーエージェント」、1位は?
揚羽は、2024年卒業予定の大学生を対象に「企業ブランドイメージ調査」を実施し、約6000件の回答を得た。「多様なキャリアステップが整備されている企業」を尋ねたところ、総合コンサルティング会社の「アクセンチュア」がトップとなった。(2022/11/25)

就職希望者が多い企業の共通点は?:
2024年卒のエンジニア志望学生が「最も入社したい会社」トップ30 Web系圧倒の中で非IT企業は?
サポーターズは「2024年卒 エンジニア学生対象 就職希望企業ランキング」を公開した。プログラミング経験があったりエンジニア職での就職を志望していたりする学生を対象に実施した調査の結果をまとめたもので、トップはサイバーエージェントだった。(2022/11/22)

再生回数は1000万超:
朝倉未来プロデュースの「BreakingDown6」、PPVチケット発売 会場は最高額100万円
サイバーエージェントが運営する動画配信サービス「ABEMA」は、11月3日開催の「喧嘩(けんか)道 presents BreakingDown6」を「ABEMA PPV ONLINE LIVE」で生中継する。(2022/10/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。