連載
» 2016年06月09日 08時00分 UPDATE

任天堂Wii 開発回顧録 〜岩田社長と歩んだ8年間〜:全員が「同じ月」を見て、「お母さんに嫌われない」ゲーム機を開発した (1/3)

「Wii」のコンセプトが定まり、何度も社内でプレゼンテーションすることで、周囲からの理解を得られました。今回はWiiの開発と全仕様の決定へと話が進んでいきます。

[玉樹真一郎,ITmedia]

 任天堂の家庭用ゲーム機「Wii」の企画担当として、私がどのように初期のコンセプトワークや、それを伝えるためのプレゼンテーションなどに取り組んできたかについて、前回前々回でご紹介しました。

 いよいよWiiのコンセプトが定まり、社内からの理解を得られたことで、話はプロジェクトの内側、実際のWiiの開発と全仕様の決定へと進んでいきます。

WiiはDVDケース2個分に

 Wiiの具体的な開発プロジェクトがスタートしてからすぐのころ、岩田(聡・任天堂前社長)さんは開発現場にリクエストを送りました。

 「Wii本体を、DVDケース2つ分にできないか」

 Wiiの前世代機「ゲームキューブ」の互換性と安全性を確保しながら、本体を小さく作る。ユーザーの方々はあまり意識されないかもしれませんが、これだけでも膨大な作業が待っています。Wiiの本体は「ただの直方体」に見えるかもしれませんが、その形をよく見ると、Wiiのコンセプトがこれでもかと目一杯に詰め込まれています。

 一般論として、Wiiのような大規模なプロダクトを作るとき、プロジェクトがスタートした段階ですべての仕様が決まっていることはまれです。たとえコンセプトが明確に定まっていたとしても、コンセプトから仕様を導出する作業は困難を極めます。コンセプトを咀嚼(そしゃく)しながら、徐々に仕様という具体を形作っていくわけです。

Wiiの本体はなぜ白い? これにも明確な理由がある Wiiの本体はなぜ白い? これにも明確な理由がある

 では、なぜWiiはDVDケース2個分にする必要があったのでしょうか。

 当然のことながら、その理由はコンセプトに求めるべきです。「家族皆でリビングで遊ぶ」「お母さんに嫌われない」といったWiiのコンセプトや、さらにその上流に存在する「ゲーム人口の拡大」という任天堂の戦略。これらからDVDケース2個という答えを導き出すことこそが、仕様の検討作業にほかなりません。

 読者の皆さんも、もしよろしければDVDケース2個分の理由について、ちょっと考えてみてください。ちなみに、結果的にWii本体のサイズはDVDケース3つ程度になりました。今でもWii本体を見るたびに開発陣のし烈な努力を思い出し、胸を突くものがあります。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集