ニュース
» 2016年07月06日 12時14分 UPDATE

16年夏の訪日旅行は前年比9割増 トップは北海道

楽天トラベルが2016年夏の訪日旅行(インバウンド)動向を発表した。前年同期比+88.7%の大幅伸張で、伸び率ランキングでは京都が、予約人泊数ランキングでは北海道が1位となった。

[ITmedia]

 旅行予約の楽天トラベルは7月6日、2016年夏の訪日旅行(インバウンド)動向を発表した。夏の訪日旅行は前年同期比+88.7%と大幅伸張しており、16年もさらなる伸びが見込まれているインバウンドを裏付ける結果となった。行き先別の伸び率ランキングは京都が、予約人泊数ランキングでは北海道が1位となった。

 前年比で予約人泊数が増加したトップ5は、京都府(+213.7%)、福岡県(+191.7%)、香川県(+146.6%)、東京都(+126.1%)、沖縄県(+105.0%)。京都は日本三大祭の1つ「祇園祭」の宵山期間を中心に予約が伸び、香川は7月18日から夏会期が開催となる「瀬戸内国際芸術祭 2016」の影響で訪日客が増える見込みだ。

国内・国外ともに観光人気の高い祇園祭(出典:楽天トラベル)
瀬戸内国際芸術祭で訪日客の増加が見込まれる香川県(出典:瀬戸内国際芸術祭Webサイト)

 予約人泊数ランキングのトップ5は北海道、東京都、大阪府、沖縄県、京都府。首位の北海道は昨年の3位から上昇した。背景には、航空便の新規就航や増便、北海道新幹線の開業などでアクセスの利便性が向上したことが考えられる。

 調査日は6月13日。7月15日から8月31日の間の外国語サイトを経由した訪日旅行の予約人泊数をもとに集計した。

特集まとめ読み特別冊子 プレゼント応募フォーム:

https://jp.surveymonkey.com/r/37NTTDZ

 『4000万人がやって来る:外国人が驚く、インバウンド事情』の特集記事をまとめた電子冊子(PDF)を、特集終了後にプレゼントいたします。

 →応募はこちらから。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集