ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「旅行サイト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
誠Style:トラベル

NTTドコモがオンライン旅行予約サービス「dトラベル」のサービスを順次終了へ 2022年3月15日13時に終息予定
NTTドコモが、オンライン旅行予約サービス「dトラベル」のサービス終了を発表した。一部のサービスから順次終了していき、2022年3月15日13時に終息(完全終了)する予定だ。(2021/6/14)

ドコモ、宿泊予約「dトラベル」も終了へ
ドコモがJTBと組んで提供してきたオンライン旅行予約サービス「dトラベル」終了へ。(2021/6/14)

連載・瀧澤信秋「ホテルの深層」:
”日本一の朝食”を出す函館のホテル 宿泊客数を抑えてまで守ったモノとは?
日本一の朝食と言われるセンチュリーマリーナ函館は、宿泊予約流入をコントロールし“稼働を落とす”ことを指示。宿泊客を減らしてまで実現したかったこととは?(2021/6/14)

導入事例:
無人ホテルの受付をアバターに、人件費を75%削減する実証実験がスタート
SQUEEZEは、運営する小規模無人スマートホテルの顧客満足度を高めるとともに、水光熱費を削減するため、パナソニックシステムデザイン製の遠隔コミュニケーションシステム「AttendStation」とパナソニック製の電力モニタリング兼遠隔コントロールシステム「AiSEG 2」を用いた実証実験を東京都大田区西蒲田の無人ホテル「Minn 蒲田」で開始した。(2021/6/11)

宿泊予約サイトのブッキング・ドットコムによる調査:
宿泊施設にゴミのリサイクルを求める日本人旅行客は22% 世界の半分以下
日本の旅行客の8割超が旅行で「環境への配慮」を重視(2021/6/8)

ワクチン接種を済ませたらチャンス:
コロナ禍で京都の宿泊料金に異変 高級ホテルが1人1泊1100円相当も
世界的な観光都市、京都の宿泊施設に異変が起きている。有名観光地や繁華街近くでも数千円で泊まれるホテルが相次ぎ、一部では「1泊1100円」という価格破壊に等しい料金設定もある。(2021/6/7)

コロナ禍で恋しいこと 3位「ハグ」、2位「マスクをせずに出かける」、1位は?
ネット旅行予約大手のエクスペディアは、世界12地域1万5000人を対象に「旅のパートナー」に関する調査を実施した。(2021/6/4)

今日のリサーチ:
2021年に旅行予約を増やす3つのポイントとは? Criteoがコロナ禍における旅行トレンド調査レポートを発表
グローバルでは回答者の約7割、日本では約9割が今後12カ月は国内での旅行を計画する予定と回答しています。(2021/5/24)

リピーター続々:
1泊20万円超も コロナ禍なのに高級ホテルが続々開業するワケ
宿泊業の経営破綻や開業延期・中止などのニュースが続いているが、新規開業が目立ち鼻息荒いのが“高級”といわれるホテルや旅館だ。(2021/4/28)

プロジェクト:
積水ハウス不動産東京初のホテル事業、民泊運用型のホテルが谷中で開業
積水ハウス不動産東京は、初のホテル事業として、オレンジ・アンド・パートナーズやAirbnb Japan、エアトリステイとともに、東京都台東区谷中で、民泊運用型のホテル「YANAKA SOW」を2021年5月1日にオープンする。(2021/4/26)

4月20日、宿泊予約スタート:
アジア初 ヒルトン「LXR ホテルズ&リゾーツ」が京都にオープン
ヒルトンのラグジュアリーブランドホテルが日本上陸。(2021/4/20)

ため息が漏れる:
「もう限界」2日間でキャンセル160件のホテルも まん延防止がGWの沖縄観光を直撃
新型コロナ感染症の「まん延防止等重点措置」が沖縄に適用され、沖縄県内のホテルや旅行社では予約のキャンセルが相次いだ。(2021/4/13)

今日のリサーチ:
コロナ禍の旅行と“情報”について――JTB調査
旅マエ、旅ナカの情報収集で活用されるのは「旅行会社やOTAサイトの旅行情報」「旅行口コミサイト」「観光協会のサイト」が高く、「SNS・ブログ」は具体的に行動するための情報収集先としての参考度は高くはないことが分かりました。(2021/4/12)

外部予約サイトの中継サーバに不正アクセス、宿泊者の情報流出 ホテルサンルート台北
外部予約サイトの中継サーバに不正アクセスがあり、ホテルの宿泊者の情報が流出。顧客に不審な電話がかかってきたため、調査したところ、流出が判明したという。(2021/4/12)

Alexa同様の会話理解力を持つ「Amazon Lex」、日本語で会話する音声botの開発が可能に
米AWSが提供する会話型AIサービス「Amazon Lex」が日本語に対応した。音声合成サービスの「Amazon Polly」と組み合わせると、日本語による音声会話ができる音声botの開発ができる。(2021/4/9)

プロジェクト:
顔認証でチェックイン、スマートキーで泊まれる熱海のホテルが開業
プリンスホテルは、静岡県熱海市で、ホテルブランド「プリンス スマート イン」の2号店「プリンス スマート イン 熱海」を2021年4月21日にオープンする。プリンス スマート イン 熱海は、顔認証やスマートキーの技術を活用することで、チェックインとチェックアウトの受付業務、荷物の預かり、鍵の貸与といったホテル業務の効率化を図る。(2021/4/6)

ブルー、ピンク……壁や家具をカラフルな色で統一した客室が非日常的 東京「toggle hotel suidobashi」が宿泊予約を開始
推しカラーの部屋に泊まりたい。(2021/3/22)

「見えないWeb攻撃」──情報漏えい対策の盲点:
「普通の企業サイト」がいま攻撃に晒されているワケ ”見て見ぬふり”のわずかなスキに忍び寄る影
Webサーバやサービスの脆弱性を狙った、SQLインジェクションなどの一般的なWebアプリケーション攻撃は相変わらず猛威を振るっている。そしてこの背景には、闇市場で最近流通している「ある品目」が関係していそうなことが見えてきた。(2021/3/15)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
旅行業界注目の「マニアックSIT」、鉄道サークル企画の豪華客車貸切ツアーから考える
鉄道旅倶楽部が企画した豪華客車「サロンカーなにわ」の貸切ツアーが大成功に終わった。国鉄時代に大阪地区で製造された「サロンカーなにわ」は、お召し列車の実績もあり、乗っておきたいファン憧れの車両だ。「SIT」とは特別な目的に絞った旅を指し、低迷する旅行業界のなかでも堅調で注目されている(2021/3/5)

コロナ禍の影響も:
有給休暇の取得率が5年ぶりに低下 それでも「休み不足」とは感じていない?
エクスペディアが実施した調査によると、日本人の有給休暇の取得日数と取得率が5年ぶりに低下。特に若い世代の取得日数が減少しており、新型コロナによる外出自粛などの影響が背景にあるとみられる。(2021/3/4)

ヤフーとLINEの統合で何が変わるのか? 新生Zホールディングスが目指すもの
ヤフーを傘下に収めるZホールディングスとLINEが統合して新生Zホールディングスが3月1日に誕生した。新生Zホールディングスは、Yahoo! JAPANやLINEといった巨大サービスを抱え、国内総利用者数は3億超、国内サービス提供数は200超となる。中でもコマースやFintechを集中領域に掲げている。(2021/3/2)

宿泊しながら瞑想を パナソニックが京都のホテルに体験ブース
パナソニックが、光や音、ミストなどを制御し“瞑想”体験を演出するブース「(MU)ROOM」を京都市南区ホテルに導入し、効果を検証する。宿泊者は2畳半の空間でスマートフォンアプリと連携させた計測装置をつけ、30分間利用する。(2021/2/26)

2021年版「看板猫ランキング」 1位は?
旅行予約サービス「楽天トラベル」が開催した「2021年全国の宿 自慢の看板猫ランキング」が発表。今年で7回目。(2021/2/22)

Home Hotel:
大阪のリーガロイヤル 30泊15万円からの長期滞在プラン発売
ロイヤルホテルは2月19日、リーガロイヤルホテル(大阪市)で長期滞在プランを3月から販売すると発表した。(2021/2/20)

新たな需要:
気分もリッチに仕事に集中 帝国などホテルが相次ぎ長期滞在プラン
政府の観光支援事業「Go To トラベル」の全国停止が長期化する中、宿泊関連業界が、1週間や1カ月単位の長期滞在を通じ、ホテルに暮らすように滞在する新たな宿泊プランを打ち出している。(2021/2/14)

コロナの影響も:
2020年、閲覧者数が多かった観光情報サイトは? 「楽天トラベル」を抑えて1位になったのは……
ネット行動分析サービスを提供するヴァリューズが、2020年における観光関連Webサイトの調査結果を発表した。都道府県別の公式観光情報サイトでは、三重県や沖縄県が健闘した。(2021/2/9)

コロナ禍で旅行需要低迷:
近畿日本ツーリスト、1376人が希望退職に応募 今期は370億円赤字予想
近畿日本ツーリスト各社を傘下に持つKNT-CTホールディングスは、1月に実施した希望退職募集に1376人が応募したと発表。新型コロナウイルス感染拡大による旅行需要の低迷が長引いていることから、2021年3月期の業績予想は下方修正した。(2021/2/9)

PR:これからはデータ活用でCXとEXを向上し、DXにつなげることが重要
急速なデジタル社会への移行、新しい働き方の実現が求められる現在、どのようにしてDXを進めるべきか。DXを目指す企業が、顧客体験、従業員体験の観点から、とるべきデータ活用について解説する。(2021/1/12)

Airbnb、1月20日の新大統領就任式に向け議事堂襲撃者の宿泊を制限する計画
米新大統領就任式が首都ワシントンで行われる1月20日に向けて、民泊大手のAirbnbが6日の議事堂襲撃者によるワシントン地域への宿泊予約をキャンセルする「Capitol Safety Plan」を発表した。(2021/1/12)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
運賃「往復1万円」はアリか? 世界基準で見直す“富士山を登る鉄道”の価値
富士山登山鉄道構想について、運賃収入年間約300億円、運賃は往復1万円という試算が示された。LRTなどが検討されている。現在の富士スバルラインと比べると5倍の運賃はアリなのか。国内外の山岳観光鉄道を見ると、決して高くない。富士山の価値を認識する良いきっかけになる。(2020/12/4)

SNSで発信:
2020年、全国の宿自慢「看板犬ランキング」発表 犬の魅力が集客に影響
旅行予約サービス「楽天トラベル」が開催した「2020年全国の宿自慢の『看板犬ランキング』」の投票結果が明らかに。施設だけでなく犬の魅力も集客に影響する。(2020/12/1)

1泊2日:
本当に仕事できる? 子連れワーケーションやってみた
旅行先で仕事と休暇を切り替えながら行うワーケーション。子育て世代にとっては「子供と一緒でどう仕事をするのか?」という疑問もあると思う。1歳と3歳の幼児同伴でも、ワーケーションが成り立つのか。実際に試してみた。(2020/11/21)

月刊乗り鉄話題(2020年11月版):
渋谷の青ガエルはどこ行った? 東急5000系を追いかけて秋田・大館のモンスター駅弁を食らう旅
渋谷駅前にあったミドリ色の電車、覚えていますか? いま、秋田にあるんです。(2020/11/19)

ユニクロやヨドバシでも使える「Go To トラベル」地域クーポン 旅行と無関係な店でなぜ?
旅行代金がおトクになる「Go To トラベル」事業で、旅行者がもらえる地域共通クーポン。観光施設や土産店だけでなく、ユニクロやヨドバシ、コンビニでも利用できてしまいます。旅行とあまり関係なさそうなのに、なぜ?(2020/11/1)

ZHD、コロナ禍2Qも増収減益 Go ToでO2OがV字回復 川邊社長「下期は“攻め”の経営へ」
ZHDの2021年3月期第2四半期(20年4〜9月)の連結業績は、売上高が5572億円(前年同期比15.1%増)、営業利益が982億円(同29.8%増)、最終利益が458億円(同10.4%減)と増収減益だった。(2020/10/30)

南海電鉄のホテルに特別客室「トレインルーム」登場 運転シミュ遊び放題で「眠れそうにない」「楽しそう」
ソファは「特急サザンのクロスシート」、マスコン付きの本格鉄道シミュレーター「やり放題」!(2020/10/29)

「アイマス」と「変なホテル」がコラボ 一棟まるごとアイマスに、765プロのアイドルがチェックインを受け付け
限定グッズ付き宿泊プランなどを予定。(2020/10/28)

Google Chrome完全ガイド:
Chromeをすっ飛ばしてWebアプリを一発起動する方法
よく使う便利なWebアプリ。でもGoogle Chromeを介さず、直接タスクバーやDockから起動できればもっと便利なのに……。 Webアプリによっては実現できるかも!? Windows OS/macOSでWebアプリをネイティブアプリのように一発で起動できるようにする方法を紹介。(2020/10/28)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
6億人が旅行の中国「国慶節連休」、それでも売れる「巣籠もり家電」
中国で「国慶節」の8連休が10月1日に始まった。昨年の同連休では、旅行者数がのべ7億8200人、国内観光収入が6497億1000万元(約10兆円)だったが、コロナ後初となる今回の大型連休で、旅行と消費の動向が注目される。また家電セールも好調だ。(2020/10/8)

データと接客技術を活用:
HIS、旅行予約の“接客”をデジタル化 チャットとビデオ通話を融合
旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は、AIによるチャット対話と有人のビデオ通話を組み合わせたオンライン接客を、旅行予約サイトのスマートフォン版に導入する。店舗のようなきめ細かい対応を可能にすることで、新しい接客体験を提供する。(2020/10/5)

スマホだけで旅行を擬似体験できるアプリ「au XR Door」
KDDIは、9月24日にスマホアプリ「au XR Door」をリリース。ARドアに向かって歩いていくとVR空間が出現し、各地への旅行や厳選された宿泊施設、観光名所を疑似体験できる。auスマートプレミアム会員は恐竜との対戦シューティングゲームも楽しめる。(2020/9/24)

顧客サービスのスピードリリースをローコード開発ツールで実現:
PR:多くの経験とノウハウが支える、高速、安全、快適な「特急開発」ソリューション
社会環境が著しく変化する中で、顧客接点となるシステムやサービスの迅速な開発、改良が重要視されている。しかし従来のシステム開発体制のままでは、こうしたニーズに応えるのは難しい。そこで注目されているのが「特急開発プラットフォーム」だ。その中身とは。(2020/9/15)

三井住友カードが“ポイント特化型”のプラチナカード発行 特約店で最大+9%を還元
三井住友カードが、9月1日から「三井住友カード プラチナプリファードカード」を発行する。年会費は3万円(税別)だが、入会して3カ月後までに40万円以上を利用すると4万ポイントを還元する。利用額に応じたVポイントの還元率は1%(100円1ポイント)だが、特約店ではさらにプラス1〜9%を還元する。(2020/8/27)

還元率最大11%「ポイント特化型」の三井住友プラチナプリファードが登場
年会費3万円超ながら、基本還元率が1%、さらに特約店では追加で1〜9%の追加還元を行うプラチナカードが登場。さらに前年利用額に応じて約1%の還元も付き、国内で最大11%、海外では最大4%が還元される。(2020/8/26)

楽天、学割の加入条件を緩和 社会人もOK 「楽天市場」などで特典
楽天が、ECサイト「楽天市場」などで使える特典を提供する会員サービスをリニューアル。加入条件や特典の内容を変更した。「より多くのお客様にサービスを利用してもらうため」という。(2020/8/17)

“廃棄前提”炎上ツイートで注目の温泉旅館 オンラインサロン運営者の「炎上マーケティング大成功」発言を「事実無根」と否定
旅館に取材しました。(2020/8/13)

ノスタルジックな「泊まれるスナック街」に注目 青森のスナックビルを看板や外装そのままにホテル化
11軒のスナックをテーマ別にリノベーション。(2020/8/12)

製造業がサービス業となる日:
スマートロック情報とIDをひも付け円滑な来訪管理、工場などでも展開へ
フォトシンスは2020年8月4日、物理的な鍵をなくすキーレス社会を実現するための新事業戦略として、データ認証基盤「Akerun Access Intelligence」を発表した。ユーザーのメールアドレスなどのID情報を交通系ICカードに紐付けることで、スマートロックサービスの利便性を高める狙いだ。(2020/8/5)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国でも評価割れる日本のGo To キャンペーン、「第2波の中で無謀」「観光業救う苦肉の策」
日本政府のGO To キャンペーンを中国メディアが報じたが、評価が割れている。キャンペーンの背景にある観光業界救済へ理解を示しつつも、コロナ感染対策の側面では無謀ともしている。一方中国はコロナ感染をほぼ収束させ、北京市は7月20日に市内の観光施設などの入場制限を緩和し、同市をまたぐ団体・パック旅行の販売を解禁した。中国では、感染ルート特定が行動の抑止力になっている。(2020/7/30)

プロジェクト:
京都市下京区で「寺院一体型のホテル」を2020年9月下旬に開業、三井不動産
三井不動産と三井不動産ホテルマネジメントは、京都市下京区で、2020年9月28日のオープンを目指し、寺院「浄教寺」と一体型となるホテル「三井ガーデンホテル京都河原町浄教寺」の開発を進めている。(2020/7/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。