ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「観光」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「観光」に関する情報が集まったページです。

東京駅で荷物を預かり、当日中にホテルへお届け JR東が実験 手ぶら観光を後押し
東京駅で荷物を預かり、当日中に滞在先ホテルへ配送する実証実験が11月11日に始まった。事前予約は不要で、受付時間は午前8時から午後4時半まで。一般的な配送サービスよりも安価で利用できる試みだ。(2019/11/11)

どのくらい影響が出たのか:
ドンキの韓国人観光客が激減! 客数で台湾に抜かれる寸前まで下落
日韓の政治的対立が続いている。訪日韓国人観光客が減っている。インバウンド需要で成長してきたドンキへの影響は?(2019/11/7)

「全焼した首里城を3Dモデルで復元する」 東大研究者ら有志が写真・動画の提供を呼びかけ 再建までの観光資源に
全焼した沖縄・首里城を3Dモデルで復元するプロジェクトを東大研究者ら有志が始めた。写真や動画の提供を広く求めている。(2019/11/6)

「ハレザ池袋」もオープン:
池袋の新名物「赤い電気バス」に乗ってみた 10本のタイヤでゆっくり走る
東京・池袋で、主要スポットを回遊する電気バス「IKEBUS(イケバス)」が披露された。地域住民の利便性や観光客の回遊性を向上させる。また、複合施設「Hareza池袋」もオープンし、街の景色が変わりそうだ。(2019/11/1)

インバウンド呼び込み 銭湯が民泊とタッグ
 銭湯が民泊と連携し訪日外国人客(インバウンド)を呼び込もうとする取り組みが、大阪で進んでいる。利用客の激減で先細りする銭湯にとっては窮余の一策だが、体験型の観光を提供できる上に浴室を清掃する手間が省けるなど、民泊にもメリットはある。さらに周辺の商店にも足を延ばしてもらおうと、割引などの特典を受けられる仕組みを考案し、年内の導入に向けて準備を進めている。(北村博子)(2019/10/31)

京都在住の社会学者が斬る:
京都が観光客でパンクする!? 古都を襲う「オーバーツーリズム」の暴走
インバウンドを始め観光立国を標ぼうする日本。その代表格、京都では多すぎる観光客に不満が噴出している。この「オーバーツーリズム」問題に社会学者が迫る。(2019/10/31)

秋葉原の変化に戸惑う漫画「私の街 秋葉原」に共感の声 「あの電気街も今や外国人に人気の観光地」
明治までさかのぼれば青果市場ですしね……。(2019/11/1)

VRでフェンシングも 世界最大級観光イベント開幕
世界最大級の観光総合イベントとされる「ツーリズムEXPOジャパン2019大阪・関西」が、大阪市住之江区の「インテックス大阪」で開幕した。(2019/10/25)

ハチ公だけに8個入り 渋谷区観光協会の公式土産「渋谷 ハチチョコ」誕生
かわいいハチ公型のチョコレートです。(2019/10/25)

海外のスマホ決済アプリを日本で使えるように ソフトバンク、日本IBMなどがブロックチェーン活用で共同開発へ
ソフトバンクと日本IBM、TBCASoftが、訪日観光客が自国で使っている決済アプリを日本で使えるようにする決済システムを共同開発していると発表した。(2019/10/23)

知床、弘前、出雲など17地域を追加 国交省「ご当地ナンバープレート」全58地域へ 観光名所や特産品をモチーフにデザイン
桜と城を描いた弘前、ヤマタノオロチをイメージした出雲など。(2019/10/21)

月刊乗り鉄話題(2019年10月版):
日本一貧乏な観光列車「ながまれ海峡号」の1回しか出ないメシで満腹になってやったぜ
はるばる来たヨ函館ェ〜 おいおいおいおい……! 1回だけれど「4時間食べ続ける」旨すぎる列車でした。【写真40枚】(2019/10/18)

5Gドローンで山岳登山者の見守り実証実験 KDDIら
信州大学、長野県駒ヶ根市、KDDI、プロドローン、中央アルプス観光は、10月16日に駒ヶ岳ロープウェイの千畳敷駅周辺で5Gドローンを活用した山岳登山者見守りの実証実験を実施。5Gタブレットなどを搭載したドローンが自律飛行で飛来し、現場の状況を把握・伝送する。(2019/10/17)

CEATEC 2019:
ANAが“分身ロボット”開発 遠隔操作でショッピングや観光 20年実用化
ANAホールディングスは、遠隔操作に対応したコミュニケーションロボット「newme」のサービスを2020年4月に始める。ディスプレイ、カメラやマイクなどを備え、遠く離れた場所の様子を見たり、ロボットを介してビデオ通話をしたりできる。(2019/10/14)

ナビタイムやJapan Taxi、2020年1月に東京臨海副都心エリアでMaaS実証実験を開始
ナビタイムジャパンらは、2020年1月から東京臨海副都心エリアでMaaS実証実験を開始。交通渋滞の解消や交通不便地域での快適な移動、観光スポットへのスムーズな輸送や回遊率の向上に対する機能を搭載した多言語対応の専用MaaSアプリを提供する。(2019/10/11)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(2):
ITを無視していては、経営が破綻します――業績傾き掛けのオレンジ
時代に取り残されつつある老舗高級スーパーマーケットチェーンを引き継いだ47歳の新社長は、観光客誘致、キャッシュレス決済導入、と施策を次々に繰り出した。次に着手するのは……ITだ!(2019/10/10)

ナビタイムジャパン、旅行プランの自動作成サービス開始 AIとチャットbotで客のニーズを分析、強化学習で精度向上
ナビタイムジャパンが、AIを活用して顧客の日帰り旅行プランを自動で作成するサービスを始めた。チャットbotで顧客から行きたいエリアや希望する日程、使いたい交通手段などを聞く。自社のデータと照合し、食事・観光・移動などを含んだ行程を表示する。(2019/10/8)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
世界初の乗りもの「DMV」 四国の小さな町は“新しい波”に乗れるか
徳島県が2020年度、世界初のDMV(デュアル・モード・ビークル)による定期営業運行を始める。その舞台は阿佐海岸鉄道だ。沿線にはサーフィンで有名な海岸などもあり、観光の魅力もある。DMVが新たな観光資源になることを期待したい。(2019/10/4)

ドコモら、横浜都心臨海部で「AI運行バス」の実証実験 時刻表を気にせずリアルタイムに配車
NTTドコモらは、横浜都心臨海部で横浜MaaS「AI運行バス」実証実験を実施。今回はアプリなどを用い、観光施設やグルメスポット、イベント情報を検索した結果から直接「AI運行バス」を予約して回遊できる実証実験を行う。(2019/10/3)

1万2000部を配布:
隠れ「うどん県」の埼玉、無料でうどんパスポート発行 大盤振る舞いの狙い
「埼玉うどんパスポート2019」が配布開始。埼玉県物産観光協会が発行し、1万2000部を無料で配布する。アプリとしても使用可能。実は埼玉県、うどんの生産量が全国2位。17年からはうどんサミットの開催地にも選ばれている。1位の香川県ではどんな取り組みがされているのだろうか?(2019/10/2)

クルーズ市場最前線:
寄港誘致反対の根拠「クルーズに“着地型観光”は入り込めない」は本当か
クルーズ寄港誘致に対して「観光地域の利益はわずかしかない」という批判がある。しかし、こうした観光業界の構造的問題を解決すべく、着地型観光に対する関心が近年になって高まっているのも事実だ。(2019/10/2)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(145):
Windows 10に潜む、変な日本語
いま日本では、急増する外国人観光客向けにさまざまな言語に対応した案内表示が増えています。その中に「この先の段差に注意」が「この先の格差社会に注意」という意味の変な中国語になっていて話題になっているというニュースを見ました。Windowsは多言語対応をうたっていますが、皆さん、使っていて変な日本語に出会ったことはありませんか。(2019/10/2)

宮城県で「ラプラス」コラボ観光キャンペーン ポケGOでラプラスと出会いやすくなる企画も
ラプラスマンホールも登場。(2019/9/30)

JR西、中国アリババと提携 西日本への観光誘致・消費促進で
JR西が中国Alibaba Groupと提携。中国の顧客に対して西日本エリアの観光地情報を発信する他、JR西日本グループにモバイル決済サービス「Alipay」の導入を進める。(2019/9/24)

月刊乗り鉄話題(2019年9月版):
【青春18きっぷオススメコース】高原の観光列車「HIGH RAIL 1375」でウマすぎる肉駅弁を喰らう旅
テーマはおいしい「肉と鉄道」。使い切りましょう、青春18きっぷ!【写真たっぷり51枚】(2019/9/20)

お茶屋さんのかき氷に行列:
観光客を呼べなかった「静岡のお茶」が、若い女性を引き付けている理由
静岡県中部地域で「お茶」を観光コンテンツ化する動きが活発だ。静岡のお茶を使ったかき氷を提供する取り組みは、SNSを使う若い女性客の心をつかんだ。なぜ今、知名度が高い「お茶」と観光を結び付けようとしているのか。背景には大きな危機感がある。(2019/9/11)

ジョルダンがバス遅延予測を「乗換案内」に導入へ 同社のMaaS戦略とは?
ジョルダンが2020年春に、バスの遅延予測や接近情報などを「乗換案内」で提供する。専用車載器をバスに取り付けることで、遅延や乗り継ぎを考慮した経路検索が可能になる。地方での観光情報の提供にも意欲を見せる。(2019/9/10)

日本の都市特性評価:
国内主要72都市と東京23区の"都市総合力"ランキング発表 トップ3は変わらず
森記念財団が、主要72都市と東京23区を対象に特性評価を発表した。主要都市の首位は2年連続で京都市だった。23区を対象とした評価でも、トップ3は変わらず。携帯電話の位置情報を基に行った外国人観光客の動向調査も同時発表。(2019/9/10)

スピン経済の歩き方:
「韓国人観光客激減」は長い目で見れば、日本のためになる理由
日韓の政治バトルによる「嫌日」の高まりから、韓国人観光客が激減している。このような事態を受け、一部の観光地から「早く仲直りしてくれないと困る」といった悲鳴が上がっているが、筆者の窪田氏はどのように見ているのか。長い目で見れば……。(2019/9/10)

メディアで紹介される沖縄の“有名店”、地元の人は実は知らない? ローカルと観光客の分岐点
「沖縄グルメ リゾートからローカルまで」。Web媒体からこんな見出しのニュースが届いた。記者も行ったことのあるお店も紹介されているかなと思ってタップしたら、1軒も知らなかった。通勤で歩く道沿いの店でさえ……。(2019/9/9)

バーチャルと現実が重なる――KDDIなどが共同で「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」実証実験 9月12日始動
渋谷区観光協会、渋谷未来デザイン、KDDIは、9月12日に「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」を始動。同日からARとVPSを技術を活用し、バーチャルな渋谷を現実の渋谷に重ね合わせるDXの実証実験を行う。(2019/8/28)

タクシー業界、自動運転を積極導入 ガイドの「おもてなし」で逆境に対抗
自動運転やライドシェア(相乗り)など新テクノロジーの脅威にさらされる日本のタクシー業界が、“逆攻勢”で生き残りを図っている。来年の東京五輪・パラリンピック開催を控え、国内外の観光客らの移動ニーズに合うよう、無人輸送と運転手によるガイドなど、「おもてなし」を重視した有人輸送が共存する日本型サービスを目指す。(2019/8/27)

サグラダファミリアは3000円、日本のお寺は400円 日本は安い旅行先なのか?
訪日外国人という”量”は増えているが、来日で支払った額は必ずしも増えていない。安い国ではなく、価値ある国になるためには、適切な価格設定によって売り上げ増を果たすことが重要だ。ホテル向けにAIを使って最適な料金設定を提示する空と、レベニューシェアで観光地向けのオーディオガイドを製作するON THE TRIPの例から。(2019/8/19)

「オーマイガー!」「え、ちょっとあれヤバない?」観光客びっくり仰天、お子さまギャン泣き! 嵐電名物「妖怪電車」に乗ってきました
ギャァァ! 「24分間途中下車できない」恐怖の電車……。乗りに行きたくなりますよぉぉぉ。【写真たっぷり42枚】(2019/8/13)

SNSの投稿データから分析:
中国人訪日客にこの夏人気、「君の名は。」聖地と「意識高い系」スポット!?
今夏の中国人訪日客の人気スポットを分析。定番観光地に加えちょっと意外なスポットも。キーワードは「聖地巡礼」と「意識高い系スポット」!?(2019/8/9)

「屋外劇場」も現れる:
新宿ミラノ座跡地の225メートル再開発ビル、東急が着工 観光に強い“エンタメの街”はどう変わる?
東京・新宿歌舞伎町で進む再開発計画。東急電鉄などが、約225メートルの高層複合施設の新築工事に8月から着工する。古くからエンターテインメントの街として発展してきたエリアは、どのように変わるのだろうか。(2019/8/8)

「2019びわ湖大花火大会」で人の流動状況をリアルタイムに観測 警備や混雑緩和に活用――富士通らが実証実験
富士通らは、「2019びわ湖大花火大会」で、IoTセンサーを活用して観客の流動状況を可視化する実証実験に取り組む。観客のスマートフォンから取得する固有ID情報を基に、滞留地点や滞留時間、移動状況などをリアルタイムに観測し、今後の警備計画や交通機関の混雑緩和、観光政策に役立てる。(2019/8/8)

気鋭の北朝鮮研究者が分析:
北朝鮮ツアーが謎のブーム!? “近くて遠い国”のインバウンド戦略を追う
北朝鮮で今、外国人を呼び込む観光が盛ん。“近くて遠い国”のツアー内容とは? 気鋭の北朝鮮研究者が迫る。(2019/8/1)

阪急交通社「観光列車」の検索数ランキングBest10発表、或る列車、ゆふいんの森などを抑えて1位に選ばれたのは!?
観光列車の種類の多さに驚きますね。(2019/8/1)

6県を通る1400キロのルートも:
周回遅れだった日本の「自転車ツーリズム」 訪日客を呼び込む“切り札”となるか
遅れがちと指摘される日本の自転車政策が動き出した。外国人観光客の需要などを見込んで「ナショナルサイクルルート」が創設される。お手本は、自転車客誘致に成功した「しまなみサイクリングロード」だ。サイクリングを楽しめる環境づくりは進んでいくのか。(2019/7/31)

鉄道・バス・タクシーを一括予約、最強アプリの実力度
鉄道、バス、タクシーなどさまざまな交通手段を一体的に提供する「MaaS(マース)」の実現に向けた動きが、関西で加速している。観光活性化や新たな交通インフラ整備、さらには移動データの分析による新ビジネスの創出へ関係者の取り組みは熱を帯びる。(2019/7/30)

“爆買いツアー”は下火、主流は体験重視の個人旅行に 訪日中国人観光客の今
中国で旅行口コミサイトを運営する「馬蜂窩」が、訪日中国人観光客の現状について講演し、爆買いが下火になった背景や中国での観光地プロモーションのコツなどを語った。(2019/7/26)

なぜ人気? 倉敷美観地区 吸引力の秘密
江戸時代の町並みを残す観光地、岡山の倉敷美観地区で飲食やアパレル、土産物店の出店ラッシュを迎えている。開発規制があるため、新規出店は難しいのだが、そうした中で開店が相次ぐ背景には何があるのだろうか。(2019/7/25)

「アクティビティ」までまとめて検索&予約 WILLERが観光MaaSアプリを開発、地方旅行の課題に対応
まずは「ひがし北海道エリア」と「京都丹後鉄道沿線エリア」から。(2019/7/24)

来場者が激増:
月に数人→3カ月で1万5000人になった沖縄の新観光地、課題に直面
約28メートルの高さから流れ落ちる名護市数久田の県指定名勝「轟の滝」。「轟の滝公園」として本格的にオープンして以降、来場者が増え続け、本年度は4〜6月の3カ月間で1万5000人を超えた。うれしい悲鳴が上がる一方……(2019/7/20)

えぇとこ連れてったるで! 大阪「未来都タクシー」地元ドライバーが名所を案内する「大阪コテコテ観光タクシー」ツアー発表
暑い日や雨の日もタクシーでらくらく観光。(2019/7/12)

スタバはないが:
「すなば珈琲1号店」“半地下”で復活、鳥取
鳥取県の平井伸治知事の「スタバはないがスナバはある」のダジャレをヒントに誕生し、6月に閉店した鳥取市の喫茶店「すなば珈琲」1号店が、約100メートル先で再オープンした。待ちわびた観光客らでにぎわった。(2019/7/10)

ドローン:
スーパーから無人島へ商品を届ける、ドローン配送サービスを発表
楽天と西友は、離島の観光客にドローンで商品を届ける配送サービスを実施する。利用者がスマートフォンで注文・決済した商品を、横須賀市内の西友店舗から無人島「猿島」まで専用ドローンが配送する。(2019/7/9)

組み込み開発ニュース:
キングジム、最適な翻訳エンジンを自動選択する72言語対応の対話型翻訳機を発売
キングジムは、対話型翻訳機「ワールドスピーク」を2019年7月19日から販売開始すると発表した。2台1組の据え置きタイプが特長で、ホテルや観光施設の窓口業務での利用など法人顧客向けに展開する。(2019/7/5)

72言語に対応:
窓口のインバウンド対応に特化した「翻訳機」 キングジム、参入の狙いは?
キングジムは7月19日、対話型翻訳機「ワールドスピーク」を発売する。外国人観光客を対面で接客する場所に2台1組で設置して使用。窓口接客を伴う幅広い法人向けに訴求する。(2019/7/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。