ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「観光」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「観光」に関する情報が集まったページです。

五輪会場周辺をオンライン観光 活躍の場失ったボランティアが案内
ほとんどの競技が無観客開催となった東京五輪・パラリンピックで、会場に来られない国内外の人々に観光気分を味わってもらおうと、都市ボランティアが会場周辺の地元を案内するオンラインによる観光ツアーが30日から始まる。(2021/7/28)

五輪会場周辺をオンライン観光 活躍の場失ったボランティアが案内
ほとんどの競技が無観客開催となった東京五輪・パラリンピックで、会場に来られない国内外の人々に観光気分を味わってもらおうと、都市ボランティアが会場周辺の地元を案内するオンラインによる観光ツアーが始まる。(2021/7/28)

上期の旅行業休廃業・解散が最多 企業「あきらめ」
1〜6月に休廃業・解散した旅行業の企業が前年同期に比べて約2倍の96件となり、過去最多になったことが26日、帝国データバンクの集計で分かった。ホテル・旅館業も約1.6倍の104件で過去2番目の多さ。新型コロナウイルス禍で政府の観光支援策「Go To トラベル」の停止や、東京五輪・パラリンピックの海外観客の受け入れ断念などで事業の先行きが見通せず、「あきらめ型」の企業活動停止が増えたとみられる。(2021/7/26)

水際対策を求める声:
「緊急事態」下の4連休、沖縄へ観光客戻る兆し
緊急事態宣言下の沖縄県で4連休を控える中、観光客が一定戻る兆しがある。航空関係者によると……。(2021/7/21)

疲弊した業界に追い打ち:
「補償がなければ経営維持はもうできない」観光業界、消えた夏の特需 
東京都に発令された4度目となる新型コロナウイルスの緊急事態宣言(8月22日まで)が、疲弊した観光業界に追い打ちをかけている。今年も消えた「夏の特需」。耐えかねた関係者らは国に強く補償を求めている。(2021/7/19)

分身ロボで「瞬間移動」 ANA系企業が夏休みに新サービス
ANAグループのロボットベンチャー、アバターインは15日、分身ロボ「newme(ニューミー)」を遠隔操作することで離れた場所の観光施設に実際にいるかのような体験ができる世界初の「瞬間移動サービス」を夏休みの期間限定で試験的に実施すると発表した。(2021/7/16)

分身ロボで「瞬間移動」 ANA系企業が夏休みに新サービス
ANAグループのロボットベンチャー、アバターイン(東京都中央区)が、分身ロボ「newme」を遠隔操作することで離れた場所の観光施設に実際にいるかのような体験ができる「瞬間移動サービス」を夏休みの期間限定で試験的に実施すると発表した。(2021/7/16)

「あつ森」に「JTB島」登場 浅草・横浜・草津温泉など再現 社員が2カ月かけて作成
JTBは任天堂のゲーム「あつまれどうぶつの森」内に浅草や横浜など東京近郊の観光名所を再現した「JTB島」を公開した。コロナ禍で旅行が難しい中、旅の楽しさを伝えるのが目的。(2021/7/14)

湖池屋プライドポテトの素材をめぐる仮想ツアー
新型コロナウイルスの蔓延(まんえん)で各地の観光地がダメージを受けるなか、菓子メーカーとのコラボで、地域を活気づけようという取り組みに注目が集まっている。(2021/7/13)

湖池屋「プライドポテト」の素材を巡る仮想ツアー
新型コロナウイルスの蔓延で各地の観光地がダメージを受ける中、菓子メーカーとのコラボしたオンラインツアーで、地域を活気づけようという取り組みに注目が集まっている。記者発表会もオンラインバスツアー形式で行われると聞き、仮想空間のバスに乗り込んでみた。(2021/7/13)

KDDI、富士登山を疑似体験できるバーチャルガイドツアーを提供 山頂の360度映像も生配信
静岡県御殿場市とKDDIが、コロナ禍でも安全に富士山観光を楽しめる「勝俣州和の富士山バーチャルガイドツアー」を始めとするデジタルコンテンツの提供を開始した。8月8日の「山の日」には、「au XR Door」を利用して、富士山頂の360度映像を生配信する。(2021/7/12)

「鬼滅の刃」が浅草でイベント 老舗店舗のコラボ商品登場、会場は“炭治郎カラー”にライトアップ
TVアニメ「鬼滅の刃」が東京の浅草で7月16日から「鬼滅の刃×浅草」コラボイベントを実施する。浅草観光連盟が協力し、老舗店舗も商品を発売する街ぐるみのイベント。(2021/7/9)

東京で4度目の緊急事態:
五輪無観客で900億円が水の泡 飲食&観光業、復調気配も消えた
政府は8日夕、東京都に4度目の新型コロナウイルス緊急事態宣言を12日から発令することを決める。都が当初見込んでいた五輪のチケット収入はパーになりそうだが、酒類を提供する飲食業や、復調の兆しもあった観光業への打撃はより深刻だ。(2021/7/8)

納得できない:
「生活犠牲にしてオリンピックやるのか」緊急事態の延長、観光業界から驚きと不満
沖縄に出している緊急事態宣言について、政府は8月22日まで再延長する方針を固めた。このことに対し、観光業界や、飲食業界からは「納得できない」「国民の生活より東京五輪を優先している」などと憤る声が上がった。(2021/7/8)

関東編を発表:
訪日タイ人に人気の「関東の観光スポット」 3位「東京タワー」、2位「浅草寺」、1位は?
訪日タイ人を対象にした「人気観光ランキング」の関東編が公開された。3位は東京タワー、2位は浅草寺だった。1位は?(2021/7/9)

QRコードだけで神戸観光 非接触型の電子チケット「KOBE 観光スマートパスポート」販売
神戸港や有馬温泉などを含む神戸市内の最大46の観光施設で適用。(2021/7/3)

副業としてのニーズは高い:
若い世代の観光業界離れが加速? 転職時、他業界を希望する30代が61.3%
やまとごころキャリアが、サイト会員を対象に「観光業界で働くことへの意識調査」を実施した。(2021/7/3)

東京都内の路線価8年ぶり下落 浅草・雷門通りは11.9%減
東京国税局は1日、相続税や贈与税の算定基準となる令和3年分の都内の路線価を公表した。都内標準宅地の対前年平均変動率は1.1%マイナスで、8年ぶりの下落となった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、歓楽街の飲食を中心とした需要減やインバウンド(訪日外国人客)の激減などが大きく影響したとみられる。最高路線価の下落率トップは、コロナ禍前まで観光客らでにぎわった台東区浅草1丁目の雷門通りで11.9%だった。(2021/7/2)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
“鉄道観光ビジネス”再起動、失われた2年間をどう取り戻すのか
沖縄県を除く緊急事態宣言解除、新型コロナウイルスワクチン接種の進ちょくを見越して、鉄道旅行ビジネスが活気づいてきた。冷え切った観光需要を「元通り」にするには、「元通り」の商品展開では足りない。そこで「工場夜景ツアー」「観光急行列車」「おみやげ品割引」など、注目の事例を紹介しつつ、今後の新施策に期待したい。(2021/7/2)

旅行観光は打撃:
昭文社HD、夏季賞与ゼロに 賞与引当金の取り崩しで、営業損失を軽減へ
昭文社ホールディングスは、7月に支給予定だった夏季賞与(ボーナス)を支給しないと発表した。「旅行観光業界の本格的な回復時期は、しばらく不透明」と判断し、手元流動性の確保を最優先する。(2021/6/30)

見据える先はジブリパーク:
猛暑の愛知で冷やし旅? コロナ影響続くJR東海「奇策」の狙い
JR東海は愛知県と「あいち冷やし旅」キャンペーンを立ち上げた。今年の7〜9月に愛知県を舞台に展開する観光キャンペーンだ。担当者に狙いを聞いた。(2021/6/29)

北海道・東北編:
訪日タイ人に人気の「北海道の観光スポット」 3位「さっぽろ雪まつり」、2位「小樽運河」、1位は?
訪日タイ人を対象にした「人気観光ランキング」の北海道・東北編が公開された。北海道の1位はラベンダー畑で有名な場所だった。(2021/6/28)

貸し切り:
HIS、東武鉄道と「SL大樹」ツアー発売 “脱・飛行機中心”で需要創出
HISが東武鉄道と協業し、国内旅行商品のラインアップを拡充。6月26日から、人気観光列車「SL大樹」の貸し切りツアーなどの商品を販売する。(2021/6/26)

西武多摩川線でも実施:
富士急行で「サイクルトレイン」の実証実験 新しい観光スタイルの確立目指す
富士急行は6月24日、自転車やロードバイクと一緒に乗車できるサービス「富士急サイクルトレイン」の実証実験を開始すると発表した。(2021/6/24)

「A列車で行こう はじまる観光計画」に大型アップデート、公式の「遊び方動画」からいきなり楽しそう
まだプレイしていない人はこれからぜひー。(2021/6/23)

スマホアプリで混雑確認、“密”避けて観光 NTTと京急がMaaS実験
NTTドコモと京浜急行電鉄、京浜急行バスがMaaSの実証実験を横須賀・三浦で行う。専用のスマホアプリ上で観光施設の混雑確認ができ、「密」を避けた旅行が可能になるという。(2021/6/21)

「ピカチュウジェット」沖縄の空へ ポケモン社全面協力 版権使用料なしで観光支援
ポケモン社は、沖縄県の観光産業を支援する「そらとぶピカチュウプロジェクト」を発表しました。まずスカイマークがピカチュウを機体に描いた「ピカチュウジェット BC」を就航。観光施設とのコラボも始まります。(2021/6/21)

コロナ収束後に行きたい:
タイ人が行きたい日本の観光スポット1位は「富士山」、2位は?
タイ人に人気の日本の観光スポットはどこか? 2300人に聞きました。その結果は?(2021/6/17)

え!? ちっちゃ〜!! 英国の小さすぎるSL観光列車に思わず二度見
鉄道模型かな? と思うくらいでした。(2021/6/16)

コロナで撤退が続く:
観光客頼みのビジネスモデルはどうなる? 沖縄「国際通り」の動き
新型コロナウイルスの感染拡大で人通りが減り、閉店や休業が相次ぐ那覇市の国際通りで、新規出店の動きが出ている。(2021/6/15)

“アバター化”したコンシェルジュがリモートで観光案内 9月まで都庁内などで実証実験
パナソニック システムソリューションズ ジャパン(東京都中央区)が、遠隔地にいるコンシェルジュが操作するアバターで利用者に観光情報を案内するサービスの実証実験を、9月まで東京都庁内などで行うと発表。(2021/6/14)

VTuberを“バーチャル観光大使”に 埼玉県が7月に公募 若手職員が発案
埼玉県は県内の観光業を盛り上げるため、県公認のバーチャルYouTuber(VTuber)を7月1日から7月20日まで特設サイト上で公募すると発表した。採用されたVTuberは「埼玉バーチャル観光大使」として、県内の観光地や特産品を動画で紹介する。(2021/6/9)

ワクチン接種を済ませたらチャンス:
コロナ禍で京都の宿泊料金に異変 高級ホテルが1人1泊1100円相当も
世界的な観光都市、京都の宿泊施設に異変が起きている。有名観光地や繁華街近くでも数千円で泊まれるホテルが相次ぎ、一部では「1泊1100円」という価格破壊に等しい料金設定もある。(2021/6/7)

中国人投資家が日本に照準、不動産「爆買い」再燃か
 中国発の新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)以来、中国人観光客が日本に押し寄せる姿はなくなった。だが、中国の投資家は日本のマンションなど不動産投資を虎視眈々と狙っており、「爆買い」が再燃しつつあるという。その背景には「灰色のサイ」ともいわれる中国の不動産バブルの崩壊懸念という深刻な事情もあるようだ。(2021/6/7)

うどん×粒あん×かまぼこ 老舗が共闘、オンラインツアー
観光タクシーがうどん店をめぐる様子をウェブ中継して、自宅にいながら食事も楽しむという琴平バスの「オンラインうどんタクシー」のツアーに新たな名物が登場した。(2021/6/4)

先が見通せない:
「苦渋の判断だった」沖縄のテーマパーク、売り上げ8割超減で90人解雇
沖縄県恩納村にある観光テーマパーク琉球村が、昨年9〜10月に計約90人のパート従業員や契約社員を整理解雇していたことが分かった。(2021/6/3)

工場ニュース:
任天堂が宇治小倉工場用地を資料館に転用、過去商品を展示する観光施設へ
任天堂は2021年6月2日、任天堂宇治小倉工場(京都府宇治市小倉町)の用地と建屋を資料館施設に転用することを発表した。(2021/6/3)

うどん×粒あん×かまぼこ 老舗が共闘、オンラインツアー
観光タクシーがうどん店をめぐる様子をWeb中継して、自宅にいながら食事も楽しむという「オンラインうどんタクシー」のツアーに新たな名物が登場した。新型コロナウイルスの感染拡大で、長期にわたってダメージを受ける観光産業だが、事業者同士で手を取り合って活路を模索する取り組みにもなっている。(2021/6/3)

ノウハウを生かす:
観光の盛り上げは任せて! 那覇空港に近い糸満市、JTBから職員を受け入れ
沖縄県の糸満市はJTB沖縄と「地域活性化企業人」の協定を結び、同社の職員1人を受け入れている。(2021/6/2)

発売初日で1か月分の売り上げ:
価格は「そのまま」なのに、なぜ沖縄のブルーシールは「容量20%増」に踏み切ったのか
沖縄のアイスクリーム専門店「ブルーシールアイスクリーム」を展開するフォーモスト・ブルーシールが、店頭販売向けのカップアイスをリニューアル。内容量を20%増量し、発売初日で「例年の1カ月分」の売り上げた。コロナ禍で沖縄を訪れる観光客数が激減する中、なぜ増量に踏み切ったのか――。山本隆二社長に聞く。(2021/6/1)

コロナ禍、就活生“明暗” デジタル人材は引く手あまた
デジタル人材の採用が広がる一方、打撃を受けた観光、運輸などは採用を絞る動きが目立ち、就活生の明暗が分かれそうだ。(2021/5/31)

Afternoon Tea LIVINGから「SNOOPY IN TOKYO」がテーマのコラボ雑貨 観光スタイルのスヌーピーがキュートです
こだわりのメイドインジャパンのアイテム。(2021/5/31)

視点:
来たるべきマイクロモビリティ社会の未来〜先行するグローバル事例からの示唆〜
グローバルで普及が進む「マイクロモビリティ」。都市観光のみならず、地域住民の足としても利用価値が高いが、普及するには飛び越えるべき2つの溝がある。(2021/5/31)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
西武園ゆうえんちで再確認、観光アクセス鉄道の役割と効果
5月15日、西武鉄道はレオライナーこと山口線で「西武園ゆうえんちラッピング電車」の運行を、19日開業の西武園ゆうえんちのアクセスルートとして開始した。観光地と観光アクセス路線は、力を合わせて発展する。ワクチン接種が終わり、観光が再び活性化する前に、観光地とアクセス路線と整備しておきたい。(2021/5/21)

プロジェクト:
南麻布で緑豊かな高齢者施設が開業、スマートシニアハウジング構想適用の第1号物件
ヒューリックは、開発を進めていた老人ホーム「チャームプレミアグラン南麻布」が2021年2月に竣工したことを公表した。同社は、4Kビジネス(高齢者、観光、環境、教育)の1つとして高齢者施設の開発に注力しており、今回の物件を含め3600室超の居室を所有している。チャームプレミアグラン南麻布は、AI・IoTのテクノロジーを活用して先進的な高齢者施設を実現するスマートシニアハウジング構想を具体的に適用した第1号の物件で、睡眠センサーや顔認証カメラによる入退館管理システムなどの導入により、入居者と運営者双方への新たな付加価値を提供している。(2021/5/21)

温泉地の地域活性化、「温泉むすめ」とNFTで 暗号通貨活用も
観光業や温泉地の活性化にNFTや暗号通貨を活用するため、NFTマーケットプレースを運営するスマートアプリは、「温泉むすめ」プロジェクトを展開するエンバウンドなど3社と提携する。(2021/5/12)

調査で判明:
ワーケーション実施者の4割が「隠れワーケーター」 観光業界にも明るい兆し?
クロス・マーケティングと山梨大学の研究グループは、直近1年間にワーケーションを実施した1000人を対象に行った「ワーケーションに関する調査」の結果を発表した。(2021/5/8)

うさぎ号:
国内初! JALの客室乗務員がタクシーに乗って、出雲市をガイド
JALと出雲市は、JALの客室乗務員が出雲周遊観光タクシー「うさぎ号」のガイドとして出雲市内の観光業務に従事する事業を発表した。(2021/5/2)

部屋にロボホンがいる「ロボホンルーム」宿泊プラン発売 持ち出して一緒に観光もできる
室内にロボホンが設置された「プレミアムロボホンルーム」が「ホテル京阪 京都駅南」に登場。ロボホンを持ち出して一緒に京都観光することもできる。(2021/4/27)

ため息が漏れる:
「もう限界」2日間でキャンセル160件のホテルも まん延防止がGWの沖縄観光を直撃
新型コロナ感染症の「まん延防止等重点措置」が沖縄に適用され、沖縄県内のホテルや旅行社では予約のキャンセルが相次いだ。(2021/4/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。