ニュース
» 2016年07月12日 16時32分 UPDATE

「Pokemon GO」で任天堂の株価がぐーんとあがった! 2日連続の年初来高値更新

7月12日の株式市場で任天堂(東証1部)の株価が引き続き好調。「Pokemon GO」の米国人気を受け、2日連続で年初来高値を更新した。

[ITmedia]

 任天堂(東証1部)の株価が「Pokemon GO」の米国人気を受けて好調だ。7月12日の株式市場では午前に一時前日終値を割ったが、午後に復調して大幅に値を上げ、2580円高(+12.73%)の2万2840円で大引けを迎えた。午後1時台には2万3045円を付け、年初来高値を2日連続で更新した。

2日連続で年初来高値を更新した任天堂(東証1部)

 任天堂の株価は7月8日から上昇傾向にあり、11日に急騰し2万270円を付けて5カ月ぶりに年初来高値を更新したが、12日も引き続きの上昇となった。売買代金ランキングは、3088億円を超えて全市場中1位。12日終値ベースの時価総額は3兆2357億円と、3営業日で約1兆1300億円も増えた計算だ。

売買代金ランキングは全市場中1位

 任天堂の急上昇を受け、任天堂株を保有するDeNAや京都銀行も買われる展開になっている

 任天堂株好調の原因であるスマートフォン向けゲーム「Pokemon GO」は、シリーズ初の位置情報ゲーム。米国ではサービス開始後すぐに爆発的な人気となり、アクティブユーザーがTwitterに迫るほどともいわれている。日本でのサービス開始時期はまだ正式に告知されていない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集