ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「位置情報ゲーム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「位置情報ゲーム」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「テクテク」復活 日本をぬるゲームになって年内配信へ βテスター募集
スマホゲーム「テクテクテクテク」が、「地図をぬる」ことに特化した「テクテクライフ」として生まれ変わる。(2020/7/1)

位置情報ゲーム「テクテクテクテク」後継作品が近くリリースか ディレクターの麻野一哉さんが「暑いうちに出したい」とツイート
待ってた!!!!!(2020/6/17)

「Google Cloud Day: Digital」で発表:
GCPのCloud Spannerで、東京・大阪の高可用性構成が実現
Google Cloudは2020年6月9日、Cloud Spanner日本におけるマルチリージョン構成をサポート開始したと発表した。東京・大阪間での同期複製によって可用性を高めることができ、金融などのアプリケーションに採用しやすくなるメリットがある。(2020/6/9)

スマホで動画視聴、約75%が定額制サービスを利用 MMDの調査
MMD研究所とコロプラは、5月20日に「動画視聴に関する実態調査」の結果を発表。定額制動画視聴サービスの利用状況は75.5%で、月額料金を払っての利用は51.9%。利用サービス上位は「Amazon Prime Video」「Netflix」「Hulu」となった。(2020/5/20)

コロプラの19年10月〜3月、営業利益は前年同期の15倍に ドラクエウォークが成功
コロプラの2019年10月〜20年3月の営業利益の累計は前年同期比約15倍の74億2200万円、純利益は52億9600万円の黒字に転換した。ドラクエウォークが成長の中心となった。(2020/5/14)

新型コロナウイルスで支払い方法に変化、現金が減りコード決済が増加 MMD調査
MMD研究所とコロプラは、4月30日に「新型コロナウイルスによる支払い方法の変化に関する調査」の結果を発表。約2割が支払い方法に変化ありと答え、うち73.6%は「現金」の利用が減った一方、「スマホ決済」の利用は増加している。(2020/4/30)

「コミックマーケット98献血応援イベント」5月21日から開催 献血するとVTuber「宝鐘マリン」や「グラブル」のポスターがもらえる
外出自粛の影響で輸血用血液の不足が深刻化し始めているとのこと。(2020/4/24)

家で遊ぶ「ポケモンGO」 「スポットライトアワー」と「ふしぎなボーナスアワー」が同時開催に
ポケモンGOでこれまで火曜日と木曜日に行っていた「スポットライトアワー」と「ふしぎなボーナスアワー」が同時開催となりました。毎週火曜日の午後6時から7時、まとめてガッツリ遊べます。(2020/4/7)

「PostPet GO」開発中 メールではなく位置情報ゲームでもなくメッセージアプリで
ペットワークスが新アプリ「PostPet GO」を開発すると明らかにした。位置情報ゲームではなく、メッセージングアプリだという。(2020/4/3)

新型コロナで岐路に立つ位置情報ゲーム ポケGOは自宅からレイドバトルにも参加できるように
「ポケモンGO」などを運営する米Nianticは、新型コロナウイルス感染症の世界的な広がりを受け、「自宅からもゲームを楽しめる環境を整える」として開発ロードマップの一部を公表した。(2020/3/31)

コロプラ、「STEINS;GATE」など開発のMAGES.を買収 IP創出力をモバイルゲーム事業に活用
MAGES.は19年にドワンゴから独立していました。(2020/3/30)

「エスパーウィーク」は自宅で新ポケモン捕獲のチャンス 家で遊ぶ「ポケモンGO」まとめ
ポケモンGOで「エスパーウィーク」が始まりました。この機会に「自宅で新ポケモン図鑑登録」に挑戦しました。(2020/3/28)

「ポンタ」のヘソの秘密に迫る位置情報ゲーム「ポンタフレンズ」、事前登録開始
共通ポイントサービス「Ponta」のキャラクターが位置情報ゲームに。2020年夏に配信予定。公式サイトで事前登録を受け付けている。(2020/3/26)

ドラクエウォークで「りゅうおう」「ロト装備」復活 半年記念イベントで 各種セールも
ドラクエウォークで配信開始から半年を記念した「ハーフアニバーサリーイベント」が始まった。初期のイベントに登場したモンスターや装備が復活している。(2020/3/12)

メカ設計用語辞典:
AR(拡張現実)
メカ設計者のための用語辞典。今回は「AR(拡張現実)」について解説する。(2020/2/28)

スマホの利用時間トップは「2時間以上3時間未満」 MMDの調査
MMD研究所は、2月18日に共同調査「2019年版:スマートフォン利用者実態調査」の結果を発表。利用時間は「2時間以上3時間未満」が21.8%と最も多く、次いで「1時間以上2時間未満」が16.9%となった。(2020/2/19)

スマホゲーム「白猫プロジェクト」が一部操作方法を変更 任天堂との訴訟に関連
コロプラ「白猫プロジェクトのサービスが終了するということは断じてございません」(2020/2/18)

コロプラ、「最果てのバベル」4月に終了へ 昨夏に“セルラン操作”で批判集める
コロプラが、ゲームアプリ「最果てのバベル」(iOS/Android)を4月30日午後3時に終了する。同タイトルは昨夏に“セルラン操作問題”で批判を集めていた。(2020/2/14)

スマホRPG「最果てのバベル」、4月30日にサービス終了へ 2019年にセールスランキング操作で炎上
1年保たず。(2020/2/13)

「ドラゴンクエストタクト」共同開発のAimingがストップ高 「ドラクエウォーク」のコロプラは好決算でも大幅安
ドラクエを巡る思惑。(2020/2/6)

コロプラの19年10〜12月期、大幅な増収増益 「ドラクエウォーク」でV字回復
コロプラの19年10〜12月の連結業績は、売上高が111億円、営業利益が38億円、純利益が26億円と増収増益。「ドラゴンクエストウォーク」の売り上げが好調だった。(2020/2/5)

「家でじっくり」が位置情報ゲームの新トレンドに ポケモンGOとドラクエウォーク
スマートフォンゲームの「ポケモンGO」と「ドラゴンクエストウォーク」が、くしくも同じ日に新機能とイベントを開始した。どちらも歩いた後、自宅でじっくり対戦できる新仕様を取り入れた。(2020/2/4)

ポケモンGO、オンライン対戦「GOバトルリーグ」詳細発表 5キロ歩くと参戦できるガチ仕様
がんばるとマスクド・ピカチュウに会える!(2020/1/29)

「ドラクエウォーク」とサントリーの自販機がコラボ、ゲームの「かいふくスポット」に ジェムやアイテムがもらえるキャンペーンも
サントリー食品インターナショナルがスクウェア・エニックスのスマートフォンゲーム「ドラゴンクエストウォーク」とコラボ。全国に約1万4000台ある同社の自動販売機が「かいふくスポット」としてゲームに登場する。(2020/1/27)

値段以上の価値がある! 画面を着脱できる2画面スマホ「LG G8X ThinQ」を使いつくす
ソフトバンクが発売している「LG G8X ThinQ」は、画面着脱式の2画面スマホであることはもちろんだが、スペックの割に手頃な価格であることから注目を集めている。その実力はどうなのか、いろいろな角度から迫る。(2020/1/8)

2019年の位置情報ゲーム:
「ポケモンGO」と「ドラクエウォーク」、互いをもっとベンチマーキングするべき
2019年は位置情報ゲームの話題が豊富だったが、中でも「ドラゴンクエストウォーク」の登場が大きい。「ポケモンGO」と比較すると、それぞれに良い面とそうではない部分が見えてくる。(2019/12/27)

Mobile Monthly Top10:
2019年を振り返る(6月編):中の人に聞く「Xperia 1」/超小型スマホにニーズはある?
6月にソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia 1」は、いつも通り(?)日本でも3キャリアから発売されました……が、グローバル発表時とは違った意味で注目を集めました。それは「ストレージ」です。(2019/12/23)

ポケモンGOのeスポーツ大会が開催決定 ポケモン集め→バトルの2段構えで体力&知力が試される
予選のポケモン集めが早かった順に上位16人が決勝トーナメントへ。(2019/12/17)

「スマホを使うのがダサい時代になってほしい」 未来を先取りするVR・AR開発者たちの思い
VR・AR関連イベント「XR Kaigi 2019」が開催。基調講演にVR・AR開発者らが登壇し、これらの技術が普及した未来について語った。(2019/12/4)

ドラクエウォークが1000万ダウンロードを突破、リリースから約2カ月で
スクウェア・エニックスは、位置情報ゲーム「ドラゴンクエストウォーク」が、リリースから約2カ月で1000万ダウンロードを突破したと発表した。最大3000ジェムがもらえるログインボーナス実施中。(2019/11/15)

ガンホーの19年度3Q、最終利益59%増 「パズドラ」「Ragnarok M」など堅調
ガンホーの2019年1〜9月期の連結業績は、最終利益が58.5%増の168億円だった。主力のスマホゲーム「パズドラ」や、海外向けRPG「Ragnarok M: Eternal Love」が堅調に推移した。競合他社が苦戦する中、増収増益を維持している。(2019/11/14)

PR:「あと半年も持たない」 データの急増に追い詰められたコニカミノルタの技術者たち、起死回生の一手
(2019/11/18)

ドラクエウォークで効率良く「もみじ」を狩る方法
ドラクエウォークで「秋の行楽イベント もみじこぞう出現!!」が行われている。「もみじこぞう」を倒した数に応じ、ゲーム内の自宅で使える家具やキャラクターの装備品になるアクセサリーが手に入る。(2019/11/11)

コロプラ、19年9月期は最終利益74.5%減 「ドラクエウォーク」が救世主になるか
コロプラが2019年9月期の通期連結業績を発表。売上高が前年比15.0%減の389億2000万円、営業利益が57.5%減の29億5200万円、最終利益が74.5%減の10億7000万円と減収減益だった。既存タイトルが不調だったが、9月12日に「ドラゴンクエストウォーク」をリリースしてから改善の兆しを見せている。(2019/11/6)

「Galaxy Fold」の使い勝手をじっくりと検証する 24万円の価値はある?
サムスン電子の折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」が10月25日に発売された。閉じた状態は4.6型のディスプレイが表示され、開くと7.3型のワイドなディスプレイを利用できるのが最大の特徴。約4日と短期間ながら試用する機会を得たので、実際の使用感をお伝えしたい。(2019/11/4)

「ドラクエウォーク」、イベントスポットが私有地に配置されトラブルに スクエニの対応は
「賃貸物件の通路にまでプレイヤーが入り込んで迷惑をしている」といったツイートが広まり、問題が明らかとなりました。(2019/11/1)

石野純也のMobile Eye:
ソフトバンク秋冬モデルの戦略を解説 ハイエンドが多く、ミッドレンジが少ない理由は?
ソフトバンクは秋冬モデルで、他社も導入している「Xperia 5」「AQUOS zero2」「AQUOS sense3 plus」に加え、2画面端末になる「LG G8X ThinQ」をそろえた。これらに加え、同社が強烈にプッシュしているのが「Pixel 4」「Pixel 4 XL」だ。秋冬商戦に対する同社の戦略を聞いた。(2019/10/26)

「ドラゴンクエストウォーク」公開1カ月の売り上げは93億円? 米調査会社が推計
あらためて日本のドラクエ人気を裏付ける結果に。(2019/10/18)

コロプラ株価が大幅安 「ドラクエウォーク」セルラン順位が下がる
相場は一段落?(2019/10/16)

米Niantic、新ツール「Niantic Wayfarer」のテストを「Ingress」で開始 年内に「ポケモンGO」にも
米Nianticは、「Ingress」のポータルや「Pokemon GO」(ポケモンGO)のポケストップとして申請された場所をレビューするツール「Niantic Wayfarer」を発表した。年内にはポケモンGOにも展開するとしている。(2019/10/11)

スマート工場最前線:
未来予測で組み立て生産の効率1.5倍に、変種変量生産を高度化する富士通小山工場
需要が急変する変種変量生産にどう対応するか――。多くの日本の工場が今課題として抱える問題である。これらの課題に対し、AIやIoTなど先進技術を活用しながら「人」を中心に位置付ける「ヒューマンセントリックスマートものづくり」により、生産性を大きく改善させ続けている工場がある。富士通で通信機器などを製造する富士通 小山工場でのスマート工場への取り組みを紹介する。(2019/10/9)

ドラクエ勇者とポケモントレーナーの兼業あるある
「ドラゴンクエストウォーク」と「ポケモンGO」、どちらもプレイしている人にありがちな現象をまとめました。(2019/10/3)

今日のリサーチ:
オンラインフードデリバリー、直営店以外で利用が多いのは「出前館」「Uber Eats」の順――MMD研究所調べ
MMD研究所とコロプラは、「2019年9月 インターネットでのフードデリバリーサービスに関する調査」を実施しました。(2019/10/3)

コロプラ株価、高値更新から一転して急落 「ドラクエウォーク」がセルラン1位陥落 KLabは2日連続の大幅安
値動きがジェットコースター。(2019/10/1)

コロプラまたストップ高 「ドラクエウォーク」リリース翌日から株価2.6倍に
「ドラクエウォーク」は好調を維持しています。(2019/9/30)

「DQウォーク」ランドマークにお寺の有料エリア 寺は無断入山禁止の張り紙するも「選んでくれて光栄」と仏回答
拝観料はかかるが、ドラクエのために入山するのはOKだそうです。(2019/9/26)

「ドラクエウォーク」セルラン1位継続でコロプラまたストップ高 5営業日で70%超の値上がり
スクエニも上昇中。(2019/9/24)

ドラクエウォーク、500万DL突破 リリースから1週間で
スマホゲーム「ドラゴンクエストウォーク」のダウンロード数が500万件を突破。同タイトルは12日にリリースされたばかりで、そのペースにネット上では驚く声が上がっている。(2019/9/19)

コロプラ株価がストップ高 「ドラクエウォーク」セルラン1位、順調な滑り出し好感
ランセール姫もお喜びかと。(2019/9/17)

ポケモンGOに「BW」のイッシュ地方ポケモン到来 ツタージャ、ポカブ、ミジュマルなど
ヤナップ、ヒヤップ、バオップは地域限定で、日本ではヤナップが出ます。(2019/9/17)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。