ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「位置情報ゲーム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「位置情報ゲーム」に関する情報が集まったページです。

ポケモンGO、色違いのエモンガが登場するイベント「スカイスタジアム」 6月1日から開催
米Nianticの位置情報ゲーム「ポケモンGO」にて、6月1日10時から「スカイスタジアム」を開催。「Pokemon GO Fest 2024:仙台」で登場する、かくとうタイプなど一部のポケモンをはじめ、色違いの「エモンガ」が登場する。(2024/5/29)

ポケモンGO、「アーゴヨン」「ツンデツンデ」「ズガドーン」が初登場 5月23日から開催の「ウルトラスペースワンダー」にて
米Nianticの位置情報ゲーム「ポケモンGO」にて、5月23日10時から5月28日20時まで「ウルトラスペースワンダー」を開催。「アーゴヨン」「ツンデツンデ」「ズガドーン」が初めて登場する。(2024/5/20)

Pokemon GO Fest 2024で登場の「ネクロズマ」、ソルガレオ&ルナアーラと合体で別の姿に
「Pokemon GO Fest 2024」リアルイベントで「ネクロズマ(たそがれのたてがみ)」と「ネクロズマ(あかつきのつばさ)」が登場。エナジーを集めると、ポケモンが別の姿になる合体が行えるようになる。(2024/5/14)

ポケモンGOで「ひこうリサーチデイ」 ひこうタイプの色違いポケモンと出会えるチャンス
米Nianticの位置情報ゲーム「ポケモンGO」は、5月11日14〜17時(日本時間)に「ひこうリサーチデイ」を開催。タスクを達成すると「オニスズメ」「ドードー」「ホーホー」などの色違いのポケモンに出会いやすくなる。(2024/5/7)

理想的なARグラスはまだない? 3Dスキャンアプリを無料で提供する理由は? 米Niantic技術トップに聞く
同社エンジニアリング部門のシニア・バイスプレジデントであるブライアン・マクレンドン氏に話を聞いた。彼はGoogleマップやGoogle Earth、ストリートビューなどの開発をリードした人物であり、この分野では伝説的な人物でもある。(2024/5/7)

ポケモンGO、幻のポケモン「ディアンシー」と出会える無料スペシャルリサーチ開催 5月1日から
位置情報ゲーム「ポケモンGO」にて、無料で体験できるスペシャルリサーチ「ピンクの輝き」を5月1日に開始。クリアすると、幻のポケモン「ディアンシー」と出会える。(2024/4/30)

鉄道がテーマの位置情報ゲーム「TRAIN & TRAIN」今夏リリース 全国9000駅と500路線が登場
銚子電気鉄道とリアルワールゲームスは、位置情報ゲームを活用した地域活性化プラットフォーム「プロジェクトT(TRAIN)」をスタート。ゲームは今夏リリースを予定し、クラウドファンディングも行う。(2024/3/29)

『信長の野望』開発者に聞く 「シブサワ・コウ」という創業者の名を背負う重責
「スーパーマリオ」「ドラクエ」よりも長い歴史を持つ「信長の野望」シリーズ。『信長の野望 出陣』の開発者プロデューサーに「シブサワ・コウ」という創業者の名を背負う重みを聞いた。(2024/3/23)

写真を撮って電柱を“制圧”、報酬もらえる 東電が参画した位置情報ゲーム「ピクトレ」の狙い
今回、紹介するのは、東京電力とシンガポールのGreenWay Gridが共同で開発した「PicTree〜ぼくとわたしの電柱合戦〜」。ゲームを通してインフラ管理と地域活性化を同時に実現しようとする試みです。(2024/3/12)

「Pokemon GO Fest 2024:仙台」が5月30日〜6月2日に開催 通常チケットは4月上旬から販売開始
米Nianticは、位置情報ゲーム「ポケモンGO」のリアルイベント「Pokemon GO Fest 2024:仙台」を5月30日〜6月2日の日程で開催する。七北田公園と仙台市全体の2つのエリアでイベントを楽しめるという。(2024/3/8)

スマホゲームの宿命「サービス終了」をどう乗り越えるか スクエニが用意した回避策
1月14日、人気ゲーム『ドラゴンクエスト』から派生したゲームアプリを全て集めたリアルイベント「ドラゴンクエスト スマホフェス 新春感謝祭」が、東京ビッグサイトで行われた。複数のタイトルが一堂に会するリアルイベントを、なぜ配信元のスクウェア・エニックスは開催したのだろうか。(2024/3/7)

ポケモンGO、3月1日から新シーズン「ワールド・オブ・ワンダーズ」開始 パルデア地方の新ポケモン登場
米Nianticの位置情報ゲーム「ポケモンGO」は、3月1日から新シーズン「ワールド・オブ・ワンダーズ」を開始。ウルトラビーストの「ベベノム」が登場する他、アニメとのコラボイベントも実施する。(2024/2/29)

『信長の野望』誕生秘話 “斜陽産業の社長”が1000億円企業を生み出すまで
『信長の野望』はなぜ誕生したのか。どのような戦略が、後の1000億円企業への誕生につながったのか。シブサワ・コウことコーエーテクモホールディングスの襟川陽一社長に聞いた。(2023/12/15)

JR東海ともコラボ:
シブサワ・コウ明かす『信長の野望』位置情報ゲーム進出の狙い
シブサワ・コウことコーエーテクモホールディングスの襟川陽一社長、『信長の野望 出陣』の開発プロデューサー、「信長の野望」シリーズのIPプロデューサーの3人に位置情報ゲーム進出の狙いを聞いた。(2023/12/14)

生成AIはキャラに命を吹き込む──米NianticのARゲーム「ペリドット」進化 Meta「Llama 2」活用
米Nianticは15日、バーチャルペット育成ゲーム「Peridot(ペリドット)」を生成AIを使ってアップデートしたと発表した。「AIは、デジタルのキャラクターに命を吹きむこともできる」としている。(2023/11/16)

『ドラゴンクエスト』位置情報ゲーム、リアルイベントも好調なワケ スクエニに聞いた
『ドラゴンクエスト』位置情報ゲームのリアルウォーキングイベントが盛況だ。ゲームを運営するスクウェア・エニックスは、なぜリアル開催にこだわったのか。同社の柴貴正プロデューサーに開催の経緯を聞いた。(2023/11/12)

吉野家、ポケモンGOの公式スポンサーを年内で終了
吉野家が、位置情報ゲーム「Pokemon GO(ポケモンGO)」の公式スポンサーを2023年12月31日に終了する。ポケストップとジムは、2024年1月1日以降、ゲームから消去される。吉野家は、2020年10月20日からポケモンGOのオフィシャルパートナーになっている。(2023/10/30)

関西電力、「飛雷竜 トビカガチ」の目撃情報をSNS上で募集開始 ……一体、何が起こってるんです?
ふざけてはいないもよう。(2023/10/16)

スマホゲーム「ディズニー ツムツムランド」、サービス終了へ
コロプラは9月29日、スマートフォンゲーム「ディズニー ツムツムランド」について、2024年1月31日でサービスを終了すると発表した。(2023/9/29)

サダタローのゆるっとマンガ劇場:
外へ“ひと狩り”行きたいけれど……「モンハンナウ」プレイしたマンガ家が感じた不安と不満
米Nianticからスマホ用アプリ「Monster Hunter Now」が登場しました。現実世界を歩き回って楽しむ位置情報ゲームというものをあまり遊んでこなかったボクも、運動不足解消のためにプレイしてみました。(2023/9/24)

TGS 2023:
写真で分かる「東京ゲームショウ2023」 4年ぶり、幕張メッセ全館開催 会場の熱気を現地からお届け
4年ぶりに幕張メッセ全館を使っての開催となったゲーム展示会「東京ゲームショウ2023」。各社の展示はどうなっているのか、写真でレポート。(2023/9/22)

モンハンの位置情報ゲーム「Monster Hunter Now」配信開始 モンスターの迫力増す「ARカメラ機能」も
Nianticとカプコンは、位置情報ゲーム「Monster Hunter Now」を正式リリース。モンスターと遭遇する感覚をよりリアルに体験できるARカメラを搭載し、プレイヤー同士で協力できるソーシャル機能なども利用できる。(2023/9/14)

「モンハンナウ」配信開始で“リアル狩猟”解禁 βテストで要望の多かったマイセット機能など追加
米Nianticとカプコンは9月14日、AR位置情報ゲーム「Monster Hunter Now」(iOS、Android)の配信を始めた。「今までにないモンスターハンター」という。(2023/9/14)

iPhoneで「通知はないのにバイブだけ鳴る」“ゴーストバイブ”の報告が相次ぐ 原因はあのアプリ? 対処方法は
いわゆる“ゴーストバイブ”はインストールしているどれかのアプリが不具合を起こしている可能性が高く、原因を切り分けて対処する必要がある。(2023/8/31)

「ポケモンGO」でパルデア地方のポケモンが登場 2つの新イベント、色違い実装も
ポケモンGOにて9月から新シーズン「冒険の日々」が開幕。パルデア地方のポケモンが登場する。「Pokemon GO Fest 2023」でのボーナスとして、新イベント「パルデアの冒険」と「ウルトラアンロック:パルデア」も開催する。(2023/8/30)

「モンハンナウ」事前登録者が200万人を突破 “狩猟解禁”まであと3週間
米Nianticは22日、AR位置情報ゲーム「Monster Hunter Now」の事前登録者数が200万人を超えたと発表した。(2023/8/22)

ふぉーんなハナシ:
中国で「ポケモンGO」を試す 一部機能は利用できたが、対人戦で“詰んだ”ハナシ
中国では「ポケモンGO」は利用できるのか。2023年8月に訪れた際に試した。一部の機能は利用できたが、対人戦の「GOバトルリーグ」で詰んでしまった。(2023/8/18)

「Pokemon GO Plus +」レビュー:捕獲ゆるふわ勢が使って感じたメリットと不満点
「ポケモンGO」と連動するデバイス「Pokemon GO Plus +」を使ってみた。スーパーボールとハイパーボールを選べること、オートスローに対応したことが大きな特徴。特にオートスローがとても便利だが、気になることもある。(2023/8/4)

「モンハンナウ」は9月14日正式リリース 狩りは1回75秒に
米Nianticは27日、スマートフォンゲーム「Monster Hunter Now」(以下、モンハンナウ)を9月14日から提供すると発表した。(2023/7/27)

ポケモンGO、新機能「ルート」を提供 他のトレーナーが歩んだ道をたどれる
米Nianticの位置情報ゲーム「ポケモンGO」が、新機能「ルート」を提供開始。北海道札幌市や宮城県石巻市など、自治体がおすすめの場所を選定した「公式ルート」も登場する。(2023/7/21)

スペースインベーダー、現実の街に襲来? AR位置情報ゲームを18日から世界同時配信
タイトーは11日、AR位置情報ゲーム「スペースインベーダー ワールドディフェンス」を18日から世界同時に配信すると発表した。(2023/7/11)

「ポケモンGO」7周年記念イベントが7月6〜12日に開催 新衣装のポケモン登場
米Nianticの位置情報ゲーム「ポケモンGO」が、7月6日〜7月12日に7周年記念イベントを開催。新たな衣装を身にまとったポケモンが登場し、毎日その日限りのボーナスも用意される。(2023/7/5)

新たなビジネスモデル構築へ:
『ラブライブ!』切符が1分で完売 “お堅い”JR東海がアニメに活路を見いだした理由
JR東海が静岡県沼津市を主な舞台とした人気アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』とタイアップし、「沼津ゲキ推しキャンペーン」を展開中だ。なぜお堅い企業のJR東海がエンタメコラボ商品に舵を切っているのか。担当者に、『ラブライブ!』とコラボした経緯を聞く。(2023/6/15)

「Pokemon GO Fest 2023:大阪」の詳細発表 ほうせきポケモン「ディアンシー」が初登場
米Nianticの位置情報ゲーム「ポケモンGO」が8月4日〜6日に大阪で「Pokemon GO Fest」を開催。ほうせきポケモンの「ディアンシー」が初登場し、イベント限定「スペシャルリサーチ」のストーリーで出現する。(2023/6/7)

「ポケモンGO」のWebストア開設 ポケコインも値下げ
米Nianticの位置情報ゲーム「ポケモンGO」が「Pokemon GO Web Store」を開設。期間限定セールやWeb限定のボックス、限定オファーなどを取り扱う。あわせて、ゲーム内の価格も調整され、ポケコインの価格が値下がりした。(2023/5/25)

「Pokemon GO Fest」大阪で初開催 8月4〜6日、早割チケットは3000円
米Nianticは同社の位置情報ゲーム「ポケモンGO」にて、リアルイベント「Pokemon GO Fest」を8月4〜6日に大阪、8月26/27日に全世界で実施すると発表した。参加にはチケットが必要で、チケットの価格は大阪府内開催が3000円、全世界共通イベントが14.99米ドル。(2023/4/27)

Google Cloudは日本のゲーム市場をどう捉えている? 初の国内向け報道説明会で語ったこと
日本の報道関係者向けに初の説明会を開いたGoogle Cloud。そこで明かした、ゲーム業界向けの戦略の全体像とは。(2023/4/28)

ARはどこまで現実に溶け込める? ポケモンGOのNianticが手がけたペット育成ゲーム「ペリドット」の挑戦
ARはどこまで現実世界の風景に溶け込めるのか──米Nianticが5月9日から配信する「Peridot」は、現時点でその答えに最も近いスマートフォンゲームかもしれない。(2023/4/25)

9月から全世界配信:
『モンハン』新作は“位置ゲー” カプコンが『ポケモンGO』開発元とタッグ
人気ゲーム『モンスターハンター』のスマートフォンゲーム『Monster Hunter Now』が9月に登場する。『ポケモンGO』を手掛ける米ナイアンテックと共同で、シリーズ初の位置情報を使ったゲームとして全世界リリースする。(2023/4/18)

モンハンの位置情報ゲーム「Monster Hunter Now」、Nianticとカプコンが9月に配信
Nianticとカプコンは、アクションゲーム「モンスターハンター」の位置情報ゲーム「Monster Hunter Now」をリリースする。9月のグローバルサービスインを目指し、4月25日にクローズドβテストを開始する予定。(2023/4/18)

AR位置情報ゲーム「モンハンナウ」9月開始 Nianticとカプコンのタッグで 25日からβテスト
カプコンが「ポケモンGO」の米Nianticとタッグを組んだ。AR位置情報ゲーム「Monster Hunter Now」を9月から世界同時に提供する。招待制のβテストを4月25日から実施する。(2023/4/18)

位置情報ゲームで配電設備を点検を効率化できるか 「電柱聖戦」東北電力など開催
東北電力ネットワークとNPO団体のWhole Earth Foundation(WEF)は、4月21日から市民参加型イベント「電柱聖戦」を開催する。位置情報ゲーム「TEKKON」を活用、電柱の写真を集めて配電設備の巡視点検業務に代えられるか可能性を検証する。(2023/4/17)

ChatGPTで業務改善した社員に賞金 コロプラがAI活用加速、最大で月15万円
コロプラが、チャットAI「ChatGPT」を使って業務改善を実現した社員に賞金を支給する制度を導入。「業務改善を加速させ、ChatGPTの活用事例を早期に増やしていく」という。(2023/4/10)

東京メトロ、丸ノ内線でQRコードデジタル乗車の実証実験
東京地下鉄(東京メトロ)は4月10日、丸ノ内線にてQRコードを使った乗車サービスの実証実験を行うと発表した。期間は4月25日から6月25日まで。提携サービスと丸ノ内線の1日乗車券をセットで提供し、利便性を検証する。(2023/4/10)

東京メトロ、丸ノ内線でQRコード乗車券の実証実験
東京メトロは、4月25日〜6月25日に丸ノ内線でQRコードを利用した乗車サービスの実証実験を行う。スポット巡りイベントやワークスペース利用サービスと連携し、QRコードを用いた乗車サービスの実用性などを検証する。(2023/4/10)

ポケモンGO、前代未聞の課金アイテム使用制限で炎上 狙いをNianticに聞く
ポケモンGOが揺れている。7日から有料アイテムの「リモートレイドパス」をこれまでのほぼ倍に値上げし、さらに1日最大5枚という使用回数制限を設けると発表したためだ。(2023/4/4)

まるで『ポケモンGO』?:
『信長の野望』、シリーズ初の“位置ゲー”に 40周年で「新たな戦場に歩み出す」
コーエーテクモは、人気ゲーム『信長の野望』シリーズの新作としてスマホゲーム『信長の野望 出陣』を発表した。ユーザーの現実世界での位置情報をアプリ上に反映し、ゲーム内で戦国時代を疑似体験できる仕様となっている。(2023/3/30)

Innovative Tech:
レトロRPGの世界で“アニメ聖地”を巡礼できる位置情報ゲーム 札幌市立大と大阪芸術大が開発
札幌市立大学と大阪芸術大学に所属する研究者らは、実世界の位置情報データをレトロRPGゲーム風に変換する手法を提案した研究報告を発表した。(2023/3/22)

ポケモンGOの米Niantic、新作ペット育成ゲーム「ペリドット」5月配信 最新AR技術で
米Nianticは8日、最新のAR技術を投入したスマートフォン向け位置情報ゲーム「Peridot(ペリドット)」を5月9日に配信すると発表した。日本でも同時期にプレイできるようになる見通し。(2023/3/8)

東京商工リサーチ調べ:
物価高を助ける一時金「15万円」支払った太っ腹企業はどこ? 平均は6万7120円
東京商工リサーチは、物価高が顕在化した2022年7月以降、一時金などの支給や賃金引き上げを公表した上場企業を集計した。(2023/3/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。