ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「位置情報ゲーム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「位置情報ゲーム」に関する情報が集まったページです。

任天堂、コロプラ訴訟で請求額を49億→96億円に引き上げ 「白猫プロジェクト」の特許権侵害巡り
スマートフォンアプリ「白猫プロジェクト」が特許権を侵害しているとしてコロプラが任天堂からアプリの配信差し止めと損害賠償を請求されている訴訟について、同社は4月21日、請求額が49億5000万円から96億9900万円に引き上げられたと発表した。(2021/4/21)

任天堂、コロプラへの損害賠償請求額を49億5000万円から96億9900万円へと増額 特許侵害訴訟で
「白猫プロジェクト」をめぐる特許侵害訴訟で。(2021/4/21)

任天堂、コロプラへの請求金額を49億5000万円から96億9900万円に大幅増額
2月に続いて、「時間経過によって請求金額を追加した」とのこと。(2021/4/21)

全国10カ所に“推しポケモン自販機”、伊藤園とポケモン社が展開 「ポケモンGO」のジムに
ポケモン社は、伊藤園と協力して全国7道県10カ所に“推しポケモン”をデザインした災害対応自動販売機を展開する。(2021/4/9)

「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
うるせえチャーハンぶつけんぞ。(2021/4/9)

家電メーカー進化論:
日本進出7年で売上200億突破のアンカー・ジャパン、“成功の裏側”と多ブランド戦略の意図
Ankerグループは2011年創業。13年設立の日本法人は初年度売り上げ約9億円、18年には200億円超と急成長を遂げ、今やモバイルバッテリーの代名詞ブランドとなった。また家電、オーディオデバイス、モバイルプロジェクターなど、次々と新ブランドを展開。急成長の秘密と多ブランド展開の戦略と展望を、猿渡歩COOに聞いた。(2021/3/31)

名古屋に「あやなみ線」誕生、綾波レイ車両が走る 5月31日まで
名駅のナナちゃんもアスカになっています。(2021/3/17)

白猫プロジェクトを巡る訴訟:
任天堂、コロプラへの請求金額を44億円から49億5000万円に増額
「時間経過によって請求金額を追加した」とのこと。(2021/2/12)

サダタローのシェアさせていただきますR:
ダイエット中の漫画家、「テクテクライフ」の魅力を語る 位置情報ゲームなのに時間と場所に縛られない気楽さとは
漫画家のサダタローさんが、思わずSNSでシェアしたくなる話題を漫画で紹介する連載「サダタローのシェアさせていただきますR」。今回はAR位置情報ゲーム「テクテクライフ」を取り上げます。(2021/1/4)

ローソンATMが再びドラクエ仕様に 今度はウォークとコラボ 「ローソンキングスライム」出現中
ローソン銀行は、全国のローソン店舗などに設置しているATMを「ドラゴンクエストウォーク」仕様にレベルアップしたと発表した。ローソンとドラクエウォークのタイアップ企画と連携した。(2020/11/2)

コロナで方針転換:
高級椅子442脚を社員へ譲渡、朝礼も廃止──“こだわりのオフィス”を4割縮小、コロプラの決断
スマートフォンゲーム「白猫プロジェクト」などを開発・運営するコロプラは、定価で10万円以上するオフィスチェア400脚以上を社員に譲渡した。緊急事態宣言後すぐに決定した、オフィスの40%縮小がきっかけだ。もともとオフィスに強いこだわりを持っていたコロプラがオフィス縮小を決断したのには、どのような経緯があるのか。(2020/11/2)

ゲーミングスマホ「ROG Phone 3」は快適だが、ゲーム市場の異変が気になる MVNOの5G SIMも試した
ASUS JAPANから5G対応ゲーミングスマートフォンの新モデル「ROG Phone 3」が発売された。そこでROG Phone 3の各機能からゲーミングスマホの便利さ、購入時のチェックポイントを見ていこう。(2020/10/9)

「テクテクライフ」10月1日正式リリース 地図塗りゲー「テクテクテクテク」が1年4カ月ぶりに復活
涼しくて歩きやすい季節になりました。(2020/9/30)

「地図をぬる」位置情報ゲーム「テクテクライフ」10月1日公開 「三密を助長しない、外に出るタイプのゲーム」
現実世界を移動しながら、ゲーム内の地図を塗って楽しむ位置情報ゲーム「テクテクライフ」が10月1日に公開。「テクテクテクテク」をベースに、「地図を塗る」ことに特化したゲームだ。(2020/9/29)

医療機器ニュース:
活動量計のアルゴリズムを外部提供、第1号として位置情報ゲームに搭載
タニタは、活動量計の中核技術「タニタアルゴリズム」の外部提供を本格的に開始した。第1号案件として、スクウェア・エニックスが提供するスマートフォン向け位置情報ロールプレイングゲーム「ドラゴンクエストウォーク」に搭載した。(2020/9/29)

Android 11で起動できないゲーム続々 「ドラクエウォーク」「ドラクエタクト」「DQMSL」など
Googleの最新モバイルOS「Android 11」にアップデート後、ゲームアプリが起動できなくなる事例が複数報告されている。ゲーム運営会社はユーザーにアップデートを待つように呼びかけた。(2020/9/9)

ポケモンGOのNiantic、「社員の健康のため、1週間お休みします」 
「Pokemon GO」などを運営する米Nianticは、9月7日からの1週間、ほとんどの社員に休暇を取らせると発表した。コロナ禍で疲弊した社員の心身の健康ケアが目的。休みの期間中、ゲームを運営するためのサポートは一部の社員で担い、彼らは年明けに同様の休暇を取るという。(2020/9/3)

ポケGO開発のNiantic、ARと5Gのアライアンス設立 各国の通信事業者と協力
米Nianticが、5Gを活用したAR技術の在り方について議論する「Niantic Planet-Scale AR Alliance」を設立した。(2020/9/2)

マイナポイントの認知度は83.1%、設定サービス上位は「PayPay」「楽天カード」「WAON」 MMDが調査
MMD研究所は、8月14日に「マイナンバーカードとマイナポイントに関する調査」の結果を発表した。マイナポイントの認知度は83.1%で、利用意向は29.9%。設定した決済サービスや利用意向者が設定したい決済上位は「PayPay」「楽天カード」などになった。(2020/8/14)

コロプラ、3Q累計で営業利益が19倍に コロナ禍でも「ドラクエウォーク」「白猫」好調
コロプラが、2020年9月期第3四半期累計の連結決算を発表。営業利益が前年同期比18.9倍の92億9400万円に拡大した。「ドラゴンクエストウォーク」の売り上げが好調だった。(2020/8/5)

基調講演は事例が中心:
「CloudNative Days Tokyo 2020」は9月上旬に開催、イベントプラットフォームは独自構築
Kubernetesおよびクラウドネイティブ技術の活用に関するカンファレンス「CloudNative Days Tokyo」。2020年は9月8〜9日にオンラインで開催される。2日間にわたって6つの基調講演に加え、約60のセッションを展開する予定。(2020/8/5)

スライムの かまぼこが あらわれた! ドラクエウォークと老舗かまぼこメーカー鈴廣がコラボ
「スライムかまぼこ」は7月23日から11月10日までの期間限定販売。(2020/7/21)

「テクテク」復活 日本をぬるゲームになって年内配信へ βテスター募集
スマホゲーム「テクテクテクテク」が、「地図をぬる」ことに特化した「テクテクライフ」として生まれ変わる。(2020/7/1)

位置情報ゲーム「テクテクテクテク」後継作品が近くリリースか ディレクターの麻野一哉さんが「暑いうちに出したい」とツイート
待ってた!!!!!(2020/6/17)

「Google Cloud Day: Digital」で発表:
GCPのCloud Spannerで、東京・大阪の高可用性構成が実現
Google Cloudは2020年6月9日、Cloud Spanner日本におけるマルチリージョン構成をサポート開始したと発表した。東京・大阪間での同期複製によって可用性を高めることができ、金融などのアプリケーションに採用しやすくなるメリットがある。(2020/6/9)

スマホで動画視聴、約75%が定額制サービスを利用 MMDの調査
MMD研究所とコロプラは、5月20日に「動画視聴に関する実態調査」の結果を発表。定額制動画視聴サービスの利用状況は75.5%で、月額料金を払っての利用は51.9%。利用サービス上位は「Amazon Prime Video」「Netflix」「Hulu」となった。(2020/5/20)

コロプラの19年10月〜3月、営業利益は前年同期の15倍に ドラクエウォークが成功
コロプラの2019年10月〜20年3月の営業利益の累計は前年同期比約15倍の74億2200万円、純利益は52億9600万円の黒字に転換した。ドラクエウォークが成長の中心となった。(2020/5/14)

新型コロナウイルスで支払い方法に変化、現金が減りコード決済が増加 MMD調査
MMD研究所とコロプラは、4月30日に「新型コロナウイルスによる支払い方法の変化に関する調査」の結果を発表。約2割が支払い方法に変化ありと答え、うち73.6%は「現金」の利用が減った一方、「スマホ決済」の利用は増加している。(2020/4/30)

「コミックマーケット98献血応援イベント」5月21日から開催 献血するとVTuber「宝鐘マリン」や「グラブル」のポスターがもらえる
外出自粛の影響で輸血用血液の不足が深刻化し始めているとのこと。(2020/4/24)

家で遊ぶ「ポケモンGO」 「スポットライトアワー」と「ふしぎなボーナスアワー」が同時開催に
ポケモンGOでこれまで火曜日と木曜日に行っていた「スポットライトアワー」と「ふしぎなボーナスアワー」が同時開催となりました。毎週火曜日の午後6時から7時、まとめてガッツリ遊べます。(2020/4/7)

「PostPet GO」開発中 メールではなく位置情報ゲームでもなくメッセージアプリで
ペットワークスが新アプリ「PostPet GO」を開発すると明らかにした。位置情報ゲームではなく、メッセージングアプリだという。(2020/4/3)

新型コロナで岐路に立つ位置情報ゲーム ポケGOは自宅からレイドバトルにも参加できるように
「ポケモンGO」などを運営する米Nianticは、新型コロナウイルス感染症の世界的な広がりを受け、「自宅からもゲームを楽しめる環境を整える」として開発ロードマップの一部を公表した。(2020/3/31)

コロプラ、「STEINS;GATE」など開発のMAGES.を買収 IP創出力をモバイルゲーム事業に活用
MAGES.は19年にドワンゴから独立していました。(2020/3/30)

「エスパーウィーク」は自宅で新ポケモン捕獲のチャンス 家で遊ぶ「ポケモンGO」まとめ
ポケモンGOで「エスパーウィーク」が始まりました。この機会に「自宅で新ポケモン図鑑登録」に挑戦しました。(2020/3/28)

「ポンタ」のヘソの秘密に迫る位置情報ゲーム「ポンタフレンズ」、事前登録開始
共通ポイントサービス「Ponta」のキャラクターが位置情報ゲームに。2020年夏に配信予定。公式サイトで事前登録を受け付けている。(2020/3/26)

ドラクエウォークで「りゅうおう」「ロト装備」復活 半年記念イベントで 各種セールも
ドラクエウォークで配信開始から半年を記念した「ハーフアニバーサリーイベント」が始まった。初期のイベントに登場したモンスターや装備が復活している。(2020/3/12)

メカ設計用語辞典:
AR(拡張現実)
メカ設計者のための用語辞典。今回は「AR(拡張現実)」について解説する。(2020/2/28)

スマホの利用時間トップは「2時間以上3時間未満」 MMDの調査
MMD研究所は、2月18日に共同調査「2019年版:スマートフォン利用者実態調査」の結果を発表。利用時間は「2時間以上3時間未満」が21.8%と最も多く、次いで「1時間以上2時間未満」が16.9%となった。(2020/2/19)

スマホゲーム「白猫プロジェクト」が一部操作方法を変更 任天堂との訴訟に関連
コロプラ「白猫プロジェクトのサービスが終了するということは断じてございません」(2020/2/18)

コロプラ、「最果てのバベル」4月に終了へ 昨夏に“セルラン操作”で批判集める
コロプラが、ゲームアプリ「最果てのバベル」(iOS/Android)を4月30日午後3時に終了する。同タイトルは昨夏に“セルラン操作問題”で批判を集めていた。(2020/2/14)

スマホRPG「最果てのバベル」、4月30日にサービス終了へ 2019年にセールスランキング操作で炎上
1年保たず。(2020/2/13)

「ドラゴンクエストタクト」共同開発のAimingがストップ高 「ドラクエウォーク」のコロプラは好決算でも大幅安
ドラクエを巡る思惑。(2020/2/6)

コロプラの19年10〜12月期、大幅な増収増益 「ドラクエウォーク」でV字回復
コロプラの19年10〜12月の連結業績は、売上高が111億円、営業利益が38億円、純利益が26億円と増収増益。「ドラゴンクエストウォーク」の売り上げが好調だった。(2020/2/5)

「家でじっくり」が位置情報ゲームの新トレンドに ポケモンGOとドラクエウォーク
スマートフォンゲームの「ポケモンGO」と「ドラゴンクエストウォーク」が、くしくも同じ日に新機能とイベントを開始した。どちらも歩いた後、自宅でじっくり対戦できる新仕様を取り入れた。(2020/2/4)

ポケモンGO、オンライン対戦「GOバトルリーグ」詳細発表 5キロ歩くと参戦できるガチ仕様
がんばるとマスクド・ピカチュウに会える!(2020/1/29)

「ドラクエウォーク」とサントリーの自販機がコラボ、ゲームの「かいふくスポット」に ジェムやアイテムがもらえるキャンペーンも
サントリー食品インターナショナルがスクウェア・エニックスのスマートフォンゲーム「ドラゴンクエストウォーク」とコラボ。全国に約1万4000台ある同社の自動販売機が「かいふくスポット」としてゲームに登場する。(2020/1/27)

値段以上の価値がある! 画面を着脱できる2画面スマホ「LG G8X ThinQ」を使いつくす
ソフトバンクが発売している「LG G8X ThinQ」は、画面着脱式の2画面スマホであることはもちろんだが、スペックの割に手頃な価格であることから注目を集めている。その実力はどうなのか、いろいろな角度から迫る。(2020/1/8)

2019年の位置情報ゲーム:
「ポケモンGO」と「ドラクエウォーク」、互いをもっとベンチマーキングするべき
2019年は位置情報ゲームの話題が豊富だったが、中でも「ドラゴンクエストウォーク」の登場が大きい。「ポケモンGO」と比較すると、それぞれに良い面とそうではない部分が見えてくる。(2019/12/27)

Mobile Monthly Top10:
2019年を振り返る(6月編):中の人に聞く「Xperia 1」/超小型スマホにニーズはある?
6月にソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia 1」は、いつも通り(?)日本でも3キャリアから発売されました……が、グローバル発表時とは違った意味で注目を集めました。それは「ストレージ」です。(2019/12/23)

ポケモンGOのeスポーツ大会が開催決定 ポケモン集め→バトルの2段構えで体力&知力が試される
予選のポケモン集めが早かった順に上位16人が決勝トーナメントへ。(2019/12/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。