ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「任天堂」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「任天堂」に関する情報が集まったページです。

「スマブラSP」の大手攻略サイト「Smashlog」、“任天堂からの指摘”により更新停止中であることを明かす
プレイヤーの間にも驚きが広がっています。(2020/8/7)

「BASIC」が使える「プチコン4 SmileBASIC」、ニンテンドーeショップでセール中
スマイルブームのNintendo Switch用プログラミングソフト「プチコン4 SmileBASIC」が、8月16日までニンテンドーeショップで10%オフのセールを実施している。価格は「サーバー利用券」のセットで税込み2700円だ。(2020/8/7)

Nintendo Switch生産は「おおむね回復」も、一部で品薄続く その理由は
新型コロナの影響で支障が出ていたNintendo Switchの生産が、おおむね回復したと任天堂が発表。ただ、生産から店頭に並ぶまでのタイムラグの影響などで、一部地域で品薄の状態が続いているとしている。(2020/8/7)

巣ごもり需要:
任天堂、カプコン、ソニー 絶好調のゲーム業界、活況いつまで続く
任天堂が6日に発表した令和2年4〜6月期連結決算は、売上高が前年同期の約2.1倍にあたる3581億円、最終利益が約6.4倍の1064億円と大幅な増収増益となった。新型コロナウイルスの影響で多くの業界が苦境に陥る中、「巣ごもり需要」をとらえたゲーム関連各社の業績には好調な数字が踊る。(2020/8/7)

任天堂、巣ごもり需要で大幅な増収増益 Switch好調、ダウンロード販売やサブスクも伸長
任天堂の2021年3月期第1四半期(20年4〜6月)の連結業績は、売上高が3581億600万円(前年同期比108.1%増)、営業利益は1447億3700万円(同427.7%増)だった。「Nintendo Switch」が好調で、ダウンロード販売のソフトや有料オンラインサービスなどが伸長した。(2020/8/6)

ライブ配信サイト「Mildom」が任天堂のゲーム配信禁止に 「利用許諾契約の締結には至らず」
3月にはサイゲームスのゲーム配信が禁止になっていました。(2020/8/3)

LEGO、Nintendo Americaとのコラボで米国版ファミコンのレゴモデルを発売
LEGOが任天堂の米国法人Nintendo Americaとのコラボで「NES(Nintendo Entertainment System)」(ファミコンの海外版)のレゴモデルを発表した。8月1日に世界のレゴショップで発売する計画。米国での販売価格は229.99ドル(約2万5000円)。(2020/7/15)

“Switch”みたいな小型ゲーミングノートPC「OneGx1」 左右にコントローラーを装着可能
任天堂のゲーム機「Nintendo Switch」のように、筐体の左右にコントローラーを装着できる小型ゲーミングノートPC「OneGx1」が8月中旬から発売。メモリ8GB/SSD 256GBモデルが8万9800円、16GB/512GBモデルが10万8800円。それぞれLTEモデルも用意する。(2020/6/30)

1年先は闇:
「あつ森」で“天国”の任天堂、PS4買い控えで“地獄”のソニー 決算数値からひも解く
コロナ禍だからこそ好調なゲーム業界――。「あつ森」で“天国”の任天堂、PS4買い控えで“地獄”のソニーを決算数値からひも解く。(2020/6/26)

任天堂のなわとびゲーム、配信3日で総ジャンプ回数が「2億回」に
任天堂は、Nintendo Switch向けのなわとびゲーム「ジャンプロープ チャレンジ」で、世界中のプレイヤーが配信後3日間で合計2億回以上ジャンプしたと発表した。(2020/6/19)

マイニンテンドーストアで「Nintendo TOKYO」オリジナルグッズが買えるように! 第1弾は「どうぶつの森」シリーズ
やったー!(2020/6/18)

任天堂、無料の「なわとび」を突如リリース Switch用ソフト「ジャンプロープ チャレンジ」
運動不足を解消しよう。(2020/6/16)

任天堂、Stay Homeで運動できる“なわとび”ゲーム無料公開 在宅勤務中にUnityで開発
任天堂は、Nintendo Switch向けゲームソフト「ジャンプロープ チャレンジ」を無料で公開した。同社社員が在宅勤務期間中にゲームエンジン「Unity」を使って短期間で開発したという。(2020/6/16)

「ニンテンドーネットワークID」の不正ログイン、新たに約14万件に影響の可能性判明 4月の約16万から追加で
一部では不正な取引も行われていました。(2020/6/10)

USJ、入場者回復は来年以降か 「スーパー・ニンテンドー・ワールド」開業控える
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが営業を再開し、多くのファンらが詰めかけた。年内には「スーパー・ニンテンドー・ワールド」も控えているが、来場者数は前年を下回る見込みで、今後の見通しは依然として不透明だ。(2020/6/10)

ニンテンドーネットワークID、追加で約14万件の漏えい明らかに 不正な取引も「1%未満」
任天堂は、4月に発表した「ニンテンドーネットワークID」への不正アクセスと個人情報漏えいを巡り、新たに約14万件のアカウントが不正アクセスを受けた可能性があると発表した。(2020/6/9)

吉本興業と“にじさんじ”の配信者、任天堂タイトルのゲーム実況OKに 著作物利用の包括的許諾契約を締結
任天堂が同社の著作物の利用ガイドラインを改定。吉本興業やいちからに対し、著作物の利用を許可した。これらの事務所所属の配信者は、任天堂ゲームの実況動画などの投稿や収益化ができる。(2020/6/1)

任天堂、にじさんじの「いちから」や「UUUM(吉本興業含む)」などと新たに包括契約 公式の実況動画が可能に
任天堂がUUUM(吉本興業所属を含む)、いちから、ソニー・ミュージックマーケティング、東京産業新聞社(ガジェット通信)と新たに契約を締結。(2020/6/1)

巣ごもり需要で好調のゲーム業界 “あつ森”快進撃でも不安残る
世界各国で外出の規制や自粛が続く中、任天堂の「あつまれ どうぶつの森」が爆発的な人気となっている。巣ごもり需要で好調なゲーム業界だが、今後の開発や製造、イベント実施には悪影響が予想され、不安は残る。(2020/5/26)

「Nintendo Switch Proコントローラー」通販で巧妙な偽物が出回る 任天堂「流通していることは認識」
通販購入の際はご注意。(2020/5/25)

“参戦!!”も参戦! 任天堂から配布されている公式壁紙が大増量中、マリオにぶつ森、ゼルダやスマブラなどなど
Zoom背景に使えば「俺参戦!!」(2020/5/13)

任天堂、コロナ跳ね除け大幅増益 「ポケモン剣盾」と「あつ森」好調
任天堂の20年3月期連結業績は純利益が2586億円の黒字。Switch本体やSwitch向けゲームタイトルの販売が好調だった。同期への新型コロナの影響は限定的だったが、21年3月期はリスクを考慮して減益の予想を示した。(2020/5/7)

「あつ森」3月だけで世界1177万本の特大ヒット、Switch史上最高の滑り出し 任天堂が好決算を発表
12日間で1200万本弱を販売したことに。(2020/5/7)

やったあああ! 「あつ森」発売でプレミア化していた「どうぶつの森amiiboカード」がマイニンテンドーストアで予約販売再開
一部の人気キャラクターは3万円以上で取引きされていました。(2020/5/2)

任天堂、「ニンテンドーネットワークID」への不正ログインを報告 約16万人に影響の可能性
メールアドレスなどが第三者に閲覧された可能性があります。(2020/4/24)

ニンテンドーネットワークID最大16万件に不正ログインの恐れ 二段階認証の設定を呼び掛け
任天堂が、約16万件の「ニンテンドーネットワークID(ニンテンドー3DSシリーズやWii Uで使用するアカウント)」が不正ログインを受けた可能性があると発表。不正ログインされた可能性のあるアカウントはパスワードリセットし、ユーザーにメールで連絡している。(2020/4/24)

任天堂がアプリ「My Nintendo」配信開始 遊んだゲームの記録振り返りや任天堂商品の買い物機能など
任天堂ハードを持っているなら入れておきたい。(2020/4/22)

任天堂、品薄続くNintendo Switchの出荷再開を報告 「今週およびその後も出荷する予定」
「あつ森」セットは4月下旬出荷に。(2020/4/14)

任天堂、「Switch」出荷を告知 “あつ森”セットは4月下旬から
任天堂は4月14日、公式Twitterアカウントで「Nintendo Switch」シリーズの出荷を今週から再開すると発表した。同社は7日にSwitchシリーズについて「今週(7日週)の出荷はない」と告知していた。(2020/4/14)

任天堂、「Switch」11日ごろまで出荷なし Twitterで告知 外出自粛で客に配慮か
任天堂が公式Twitterアカウントで、ゲーム機「Nintendo Switch」シリーズについて「今週の出荷はございません」と告知した。(2020/4/8)

「任天堂プレイステーション」がオークションで36万ドル 世界で1台しかない幻のゲーム機が歴史作る
ゲーム関連のオークションとして史上最も高価なアイテムに。(2020/3/7)

米ニューヨークに「ハテナブロック」が登場し話題に USJ「スーパーニンテンドーワールド」のグローバル・イベントが開催
ハテナブロック叩いてみたい!(2020/2/22)

「Switch Lite」の新色コーラル、3月20日に発売 新型コロナで生産遅れるも「3月出荷分は生産終了」
任天堂が「Nintendo Switch Lite」の新色「コーラル」を3月20日に発売する。同社は新型コロナウイルスの影響でNintendo Switchの生産や出荷に影響が出ると発表していたが、本商品の3月末出荷分は生産を終えているという。(2020/2/19)

スマホゲーム「白猫プロジェクト」が一部操作方法を変更 任天堂との訴訟に関連
コロプラ「白猫プロジェクトのサービスが終了するということは断じてございません」(2020/2/18)

リングフィットアドベンチャーをガチでプレイした漫画が経験者に響きまくる 「このワザは1日に1回しか打てないッ……!」
任天堂が俺たちを健康にしようとしている。(2020/2/12)

「Wii」修理受付終了 予定より2カ月早く 「予想をはるかに上回る依頼」のため
任天堂は2月7日、2006年発売の家庭用ゲーム機「Wii」の修理受付を終了したと発表した。3月31日到着分まで受け付ける予定だったが、予想をはるかに上回る依頼があり、修理に必要な部品の在庫が想定よりも早くなくなったため。(2020/2/7)

任天堂、「Wii」の修理受付を予定より早く終了 予測を超える修理依頼があったため
修理に必要な部品がなくなり、予定より1カ月以上早く終了に。(2020/2/7)

「Switch」生産遅れ 新型肺炎の影響で
任天堂は2月6日、新型コロナウイルス感染症の影響でゲーム機「Nintendo Switch」の本体や周辺機器の生産や出荷の遅延が避けられない見通しだと発表した。いずれも中国で生産を行っているという。(2020/2/6)

任天堂、新型コロナウイルス感染症の影響でSwitch等の生産・出荷が遅れていることをお詫び
「あつまれ どうぶつの森セット」の予約開始日も未定に変更されています。(2020/2/6)

任天堂の無料Wi-Fiスポット「ニンテンドーゾーン」2月末で終了へ ネット環境を持たない子どもたちの救世主
11年間ありがとう。(2020/2/3)

雑誌『幼稚園』が「ニンテンドーラボ」とコラボ! ダンボールで作って動かせるピカチュウ、イーブイ、フシギダネが付録に
今月号も幼児誌とは思えないクオリティーです。(2020/2/1)

任天堂、20年3月期は増益に Switch好調で上方修正
任天堂が2020年3月期(19年4月〜20年3月)連結業績予想を上方修正。純利益が当初予想の1800億円から2100億円(前年比8.2%増)に増える見通し。(2020/1/30)

任天堂、公道カートレンタルのMARIモビリティ開発(旧:株式会社マリカー)に勝訴 賠償金が1000万円→5000万円にレベルアップ
MARIモビリティ開発側は「誠に遺憾」。(2020/1/29)

「マリカー」訴訟、二審も任天堂が勝訴 損害賠償額は1000万→5000万円に
「マリカー」の訴訟について知的財産高等裁判所は1月29日、任天堂の訴えを認め、MARIモビリティ開発に対し5000万円の支払いを命じる判決を言い渡した。(2020/1/29)

Twitterトレンドに「カービィのエアライド」 任天堂が「KIRBY AIR RIDE」を商標出願し、Switch新作への期待でファンが沸く
旧作ゲームの英語タイトルを大量に商標出願していたもよう。(2020/1/28)

任天堂、Wii本体の修理受付を終了 部品の確保が困難なため
任天堂は家庭用ゲーム機「Wii」本体の修理受付を3月末で終了する。修理に必要な部品の確保が困難になった。(2020/1/28)

任天堂、Wii本体の修理受付の終了を発表 3月31日の到着分まで
周辺機器の受付は在庫がなくなり次第。(2020/1/27)

USJ「スーパーニンテンドーワールド」プレゼンをレポート マリオのブロックはたたくと案外柔らかい
ハテナブロックは意外と柔らかくてたたきやすい。(2020/1/14)

USJ、任天堂エリアの詳細発表 スマホ連携のリストバンド活用 「ハテナブロック」叩くとコインがもらえるイベントも
USJ運営元が、「SUPER NINTENDO WORLD」の最新情報を発表。「スーパーマリオ」シリーズでおなじみの障害物「ハテナブロック」をエリア内に配置し、来園者がたたくとコインがもらえるアクティビティーなどを行うという。(2020/1/14)

USJ「スーパーニンテンドーワールド」ミュージックビデオを公開 パワーアップバンドを使ってマリオ体験
楽しそう!(2020/1/14)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。