ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「Newニンテンドー3DS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Newニンテンドー3DS」に関する情報が集まったページです。

特別デザインの「Newニンテンドー2DS LL」登場 「マイクラ」「ぶつ森」「マリカー」デザインの3種
この夏、個性的なやつらがやってくる。(2018/7/3)

国内家庭用ゲーム市場規模、前年比121.8%の約3878億円に ファミ通調べ
ハード市場だけで見ると前年比152.7%。累計400万台を突破したNintendo Switchの影響がうかがえます。(2018/4/2)

家庭用ゲームのハード/ソフト市場、11年ぶり前年増 「ドラクエ11」300万本突破やNintendo Switchがけん引
めでたいニュース。(2018/1/9)

25年前に知りたかった なぜか今ごろ投稿された「FF5」の攻略エントリがガチすぎ&ピンポイントすぎて話題に
「忍者+青魔法」のメリットについて延々説明。(2017/8/31)

任天堂「Miiverse」終了へ Wii U/3DS向け交流サービス
任天堂がネットワークサービス「Miiverse」を終了へ。投稿や閲覧、フレンドとのメッセージ機能など、全サービスが使えなくなる、(2017/8/29)

「ドラゴンクエストXI」発売2日間で208万本販売 各ハードの販売台数増にも貢献
7月29日に発売された「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」の国内推定販売本数が明らかに。【追記】(2017/8/2)

本体の着せ替えが当時話題に:
任天堂、「New ニンテンドー3DS」生産終了
任天堂が「New ニンテンドー3DS」の生産を終了したと公式サイト上で発表。今後は「New ニンテンドー3DS LL」「New ニンテンドー2DS」「ニンテンドー 2DS」の3機種で展開していく。(2017/7/13)

任天堂の携帯用ゲーム機「Newニンテンドー3DS」が生産終了
「Newニンテンドー3DS LL」と同時に2014年発売。(2017/7/13)

Newニンテンドー2DS LL、7月13日発売 3D機能以外New 3DS LLとほぼ同等、筐体も折りたたみ式
待ってました。(2017/4/28)

1万4980円:
「ニンテンドー2DS LL」発売 3D省いた折り畳み式
任天堂は、携帯型ゲーム機「Newニンテンドー2DS LL」を7月13日に発売する。(2017/4/28)

任天堂、「Newニンテンドー2DS LL」を発表 1万4980円、7月13日発売
(2017/4/28)

TechFactory 人気記事TOP10【2017年3月版】:
採用事例はチラ見の楽しさ、Nintendo Switchに組み込まれたソフト
コンテンツランキングTOP10、今回は「Nintendo Switch」に搭載された組み込みソフトの記事が人気を集めました。ファクトリーオートメーションで注目される「EtherCAT」や東芝の行方など、気になる話題をまとめてご覧ください。(2017/4/19)

TechFactory 1周年記念特別企画:
どうしても気になる! ニッポン製造業のガラパゴス化問題と「Nintendo Switch」採用技術
「TechFactory」開設1周年を記念して、サイトがオープンした2016年4月4日から2017年4月3日までの期間で掲載されたTechFactoryオリジナルコンテンツの人気/注目記事ランキングを発表します。きっと気になる記事が見つかるはず!?(2017/4/4)

任天堂“Switch”コントローラーに隠しメッセージが見つかる スティックを傾けるとゲーマーへの感謝が
見つけた方もすごい。(2017/3/6)

ACCESS NetFront Browser NX:
「Nintendo Switch」で“7回目”の採用となった組み込みソフト
任天堂のゲーム機「Nintendo Switch」には、本製品で「任天堂のゲーム機では7機種目の採用」となる組み込みソフトウェアが採用されている。(2017/3/5)

狂気すら感じる色鮮やかな世界観 仏教系シューティングゲーム「摩尼遊戯 TOKOYO」がクラウドファンディングで資金調達中
マニ車のように、プレイすることで功徳を積むことができる(かもしれない)ゲームだよ!(2016/12/19)

任天堂が3DSの脆弱性情報提供者に最大230万円の報奨金 海賊版や改造への対策に
海外で実施されたプログラムだが、英文での報告であれば日本からでも参加可能。(2016/12/13)

初の“Suica連携3DSソフト”「めがみめぐり」公開 リアル駅とのコラボも
交通系ICカードと連動するニンテンドー3DS向けゲームソフト「めがみめぐり」が公開。太宰府駅や鉄道博物館とのタイアップイベントも行う。(2016/12/8)

3DSのVCに「ライブ・ア・ライブ」など6タイトル追加 スクウェア3大悪女の一角が21世紀に降り立つ
ヨヨに比べたらかわいいもんですが。(2016/11/28)

「ライブ・ア・ライブ」がNews3DS向けバーチャルコンソールに登場
SFCの名作RPG「ライブ・ア・ライブ」がNew3DSでも遊べる。(2016/11/28)

「ロマサガ」「タクティクスオウガ」などスーパーファミコンの名作が登場 New3DS向けバーチャルコンソールに新たに13タイトル
SFC柄の3DSテーマがゲットできるキャンペーンも。(2016/11/21)

任天堂2大キャラのコラボ「マリオピカチュウ」爆誕 ついにゲーム史上最強のキャラクターが生まれてしまう
ぬいぐるみやポケモンカードのほか、「花札」「トランプ」といったグッズも。(2016/10/24)

東京ゲームショウ2016:
異色の“Suica連携ゲーム”「めがみめぐり」開発秘話、カプコンに聞く きっかけは「交通費精算」
カプコンが、「Suica」などの乗車履歴と連携するゲームソフト「めがみめぐり」を試遊できるブースを、東京ゲームショウ2016に出展。記者も実際に遊んでみた。(2016/9/15)

ICカードに宿る少女とおしゃべり カプコン、「Suica」乗車履歴と連携するゲーム「めがみめぐり」システム公開
カプコンが、交通系ICカードと連携するニンテンドー3DS向けゲーム「めがみめぐり」のシステム詳細を発表。ICカードに宿った少女「ツクモ」とのコミュニケーションが楽しめる。(2016/9/1)

カプコン、「Suica」乗車履歴と連携するゲームを開発 ニンテンドー3DS向けに
カプコンがニンテンドー3DS向けに「Suica」などと連携するゲームを開発。乗車履歴に応じてポイントがたまる仕組みで、地方のイベントとのコラボも予定する。(2016/8/24)

0時スタート:
Amazon、1日限定でプライム会員向けのタイムセール 6000以上の商品が対象
アマゾンジャパンは、7月12日にプライム会員限定のタイムセールを実施する。(2016/7/11)

「Newニンテンドー3DS LL」に新色「ライム×ブラック」「ピンク×ホワイト」 6月9日発売
任天堂が「Newニンテンドー3DS LL」の新色「ライム×ブラック」「ピンク×ホワイト」を6月9日に発売する。(2016/5/11)

Newニンテンドー3DS LLに新色「ライム×ブラック」「ピンク×ホワイト」追加
6月9日より。(2016/5/11)

Weekly Access Top10:
スーパーファミコンが手のひらサイズに
外箱も再現とは……さすが任天堂様。(2016/4/18)

スーファミと見せかけて……3DS! 「Newニンテンドー3DS LL スーパーファミコン エディション」、受注販売受付開始
ナイスカモフラージュ。(2016/4/12)

スーパーファミコン風「Newニンテンドー3DS LL」受注販売スタート 2万1600円
任天堂が、スーパーファミコンの本体をモチーフにした「Newニンテンドー3DS LL スーパーファミコン エディション」の受注販売を始めた。(2016/4/12)

New3DS向け、SFCタイトルのバーチャルコンソール配信 「MOTHER2」「スーパーマリオワールド」など
任天堂が、Newニンテンドー3DS向けに、スーパーファミコン「スーパーマリオワールド」など5タイトルのバーチャルコンソール配信を開始した。(2016/3/4)

これは欲しい! SFCカラーの3DSLL受注販売決定 3DS専用バーチャルコンソールにSFCタイトル配信を記念
3DS専用バーチャルコンソール、まずは3月4日から「スーパーマリオワールド」「F-ZERO」など5タイトル。(2016/3/4)

新ゲーム機「ニンテンドー2DS」で遊ぶべきオススメゲーム5選とは? ダウンロードゲーム専門メディア「Nxゲーマーズ」編集部に聞いてみた【PR】
「勇者なのに目立つと死ぬゲーム」や「雪男の子どもを投げてレベルアップするゲーム」など一癖ある隠れた良ゲームを紹介します。(2016/2/26)

マイクラで作った「俺たちの新国立競技場」、フード販売に薬草やポーション 「闘会議2016」の詳細発表
ゲームイベント「闘会議2016」の各エリアの詳細や協賛企業企画などが発表されました。(2015/12/16)

「モンスターハンタークロス」はNew3DSだとどれくらい速くなる? 任天堂が比較動画公開、フレームレートにも違いが
さあモンハンのためにNew 3DSを買うんだ!(2015/12/1)

【本日限定】Amazonで「ニンテンドー3DS」全5色が9999円で販売中 ってあれ?
安い……けどあれ? ※追記あり(2015/11/25)

女の子になったリンク!? 幻のキャラ「リンクル」が「ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ」に登場
「ゼルダ無双」では使われなかったリンクの妹的存在。(2015/11/13)

半径300メートルのIT:
2020年、公衆無線LAN普及で知っておくべきこと
観光地などで「誰でも、登録なしで簡単に」利用できる公衆無線LANサービスが広がりはじめています。同時に「日本特有の問題」も浮かび上がってきます。(2015/5/27)

Unity、「Newニンテンドー3DS」に対応
ゲーム開発プラットフォーム「Unity」が「Newニンテンドー3DS」に対応する。(2015/4/13)

任天堂、新ゲーム機プラットフォーム「NX」来年発表へ 「専用機への情熱失っていない」
任天堂の岩田社長は、新ゲーム機プラットフォーム「NX」の開発を進めていることを明らかにした。(2015/3/17)

エレクトロニクス技術の今をまとめ読み:
「ようこそUSBの世界へ」――これまでの歴史とUSB Type-C
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年3月号をご紹介。特集記事では、USBの歴史を振り返りながら今注目の「USB Type-C」について解説しています。(2015/3/9)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
USB前夜から振り返りつつ、これから世界を席巻する「USB Type-C」を知ろう
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年3月号を発行しました。Cover Storyは、「これから世界を席巻する!? USB Type-Cを知る」です。2015年半ばから急速に普及すると期待される新しいUSBコネクタ「Type-C」を、これまでのUSBの歴史を振り返りながら紹介しています。その他、これからのSoC設計に関する技術解説記事、「Newニンテンドー3DS LL」の分解記事なども掲載しています。(2015/3/9)

EE Times Japan Weekly Top10:
10nmプロセスでインテルに追い付きたいTSMC
EE Times Japanで先週(2015年2月21〜27日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2015/3/3)

EE Times Japan Weekly Top10:
売るためのモノづくりの極意、新連載が1位に
EE Times Japanで先週(2015年2月14〜20日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2015/2/23)

製品解剖:
Newニンテンドー3DS LLを分解
iFixitは、2014年10月に発売された任天堂の携帯型ゲーム機「Newニンテンドー 3DS LL」の分解を行った。富士通セミコンダクター製FCRAMなどが搭載されている。(2015/2/18)

3Dモデラボ通信(16):
歴女にモテるかもしれない“LOVEなメガネ”
3Dモデルデータ共有サービス「3Dモデラボ」事務局です。今回は、国内最大規模のハッカソンを取り上げたモデラボBLOGの紹介。そして、おなじみの人気クリエータ&作品ランキングを発表します!!(集計期間:2015年1月21日〜2月3日)(2015/2/4)

任天堂、売上高・営業益見通しを下方修正 海外で3DSふるわず
任天堂が今期の業績予想を修正し、営業益は当初予想の400億円から半減する見通しに。海外で3DSハードの販売が伸びなかった。(2015/1/28)

3Dモデラボ通信(15):
強い「バニーさん」!! 追う「ブロッコリーさん」!?
3Dモデルデータ共有サービス「3Dモデラボ」事務局です。今回は2015年1月13日から作品受付を開始した「第2回 3Dモデリングコンテスト」の告知と、デアゴスティーニの「週刊 マイ3Dプリンター」を取り上げたモデラボBLOGの紹介。そして、おなじみの人気クリエータ&作品ランキングを発表します!!(集計期間:2015年1月5〜20日)(2015/1/21)

「クラブニンテンドー」終了 新会員制サービスを今秋開始
任天堂の会員制サービス「クラブニンテンドー」が終了へ。2月1日以降発売の新商品はポイント対象外となる。(2015/1/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。