ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ポケットモンスター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ポケットモンスター」に関する情報が集まったページです。

ポケモンGO、3月1日から新シーズン「ワールド・オブ・ワンダーズ」開始 パルデア地方の新ポケモン登場
米Nianticの位置情報ゲーム「ポケモンGO」は、3月1日から新シーズン「ワールド・オブ・ワンダーズ」を開始。ウルトラビーストの「ベベノム」が登場する他、アニメとのコラボイベントも実施する。(2024/2/29)

ポケモンカードを集められるスマホアプリ「Pokemon Trading Card Game Pocket」2024年内配信
ディー・エヌ・エーらは、スマホアプリ「Pokemon Trading Card Game Pocket」を2024年内にリリースすると発表。ポケモンカードを手軽にコレクション可能で、本作のみの完全新規カードも登場する。(2024/2/28)

「ポケモンカード」がデジタルに ポケカをコレクションできるスマホアプリ、2024年にリリース
バトルもできる!(2024/2/27)

ポケモン新作ゲーム「ポケモンレジェンズZ-A」発表 2025年にリリース
舞台はミアレシティ。ということは……?(2024/2/27)

“ポケモンカード”のスマホアプリ登場 2024年内にリリース 開発はクリーチャーズとDeNA
ポケモン社は、スマートフォン向けアプリ「Pokemon Trading Card Game Pocket」(iOS/Android)を発表した。(2024/2/27)

知る人ぞ知る携帯ゲーム機! ピカチュウカラーらしき筐体を洗浄すると……「元はこんな色だったとは」
そうか、これ“黄ばみ”なのか……。(2024/2/27)

ポケモンカードゲームの公認ラウンジが渋谷にオープン オリジナル対戦席でゲーム可能、グッズの販売も
4月25日オープン予定としています。(2024/2/26)

肋骨に激痛 → 身動き取れず“ポケモンのパジャマ”で病院へ行くことになってしまった人が話題に 「かわいそうなのに笑ってしまう」
検査の結果は大事無かったとのこと。(2024/2/11)

【劇場版ポケットモンスター】“約17年前”に公開されたのはどっち?
想像と違う? 違わない?(2024/2/10)

ポケモンバトルに特化したAI、ポケモン社が将棋AIの会社と開発 「竜王戦」ライブ配信に活用
ポケモン社は9日、ポケモンバトルに特化したAI「Pokemon Battle Scope」(PBS)を開発したと明らかにした。(2024/2/9)

Innovative Tech:
AIがポケモンバトルをしたら? 15年以上の熟練プレイヤーとの戦いで勝率56% 米研究者ら「PokeLLMon」開発
米ジョージア工科大学に所属する研究者らは、ポケモンバトルのようなコマンドバトルゲームで人間並みの性能を達成する大規模言語モデル(LLM)を搭載した自律型AIエージェントを提案した研究報告を発表した。(2024/2/7)

ピカチュウがすっぽり包まれるラッピング技術が見とれるほどお見事 「全てのプレゼントをラッピングしてほしい」「これは天才的」
この技術は身につけたくなる。(2024/2/6)

サダタローのゆるっとマンガ劇場:
ポケモンに似て…ねぇ! 噂の「スジモンバトル」、「龍が如く」大好き漫画家も満喫中
「パルワールド」の裏で、もう一つポケモンっぽい要素を含んだゲームが登場しているのをご存知ですか? それが「スジモンバトル」。セガ「龍が如く8」のミニゲームです。(2024/2/4)

マックのハッピーセットに「ポケモン」! 「ポケモンメザスタ」と「ポケピース」のおもちゃ
2月9日からハッピーセット「ポケモンメザスタ」「ポケピース」を販売。(2024/2/2)

「ポケモンスリープ」7カ国の睡眠時間を調査 世界平均は6時間28分、日本は?
睡眠ゲームアプリ「Pokemon Sleep」を提供するポケモン(東京都港区)は、世界7カ国のユーザー10万人以上のプレイ初期7日間におけるユーザーデータを元に、国別の平均睡眠時間を算出した。世界の平均睡眠時間は6時間28分だった。(2024/1/27)

「ポケモンスリープ」で計測した睡眠時間、日本は3カ月で平均1時間10分増 「やればできるんだ」と専門家
ポケモン社は26日、「ポケモンスリープ」による睡眠習慣の変化について、7カ国約15万人を調査した結果を発表した。(2024/1/26)

「ポケモンスリープ」ユーザーの睡眠時間、世界7カ国で日本は最下位
睡眠ゲームアプリ「Pokemon Sleep」のユーザー10万人以上から算出した世界7カ国の平均睡眠時間ランキングが発表。日本は世界平均の6時間28分より36分少なく最下位だが、3カ月以上の継続プレイで睡眠時間は増加するという。(2024/1/26)

ポケモン社「ポケモンのいかなる利用も許諾しておりません」 類似が指摘される「他社ゲーム」についてコメント
「他社ゲーム」について具体的なタイトルは挙げていませんが、ポケットペアの「パルワールド」とみられます。(2024/1/25)

ポケモン社「他社ゲームに利用許諾出していない」 公式サイトで声明 「パルワールド」では“パクリ疑惑”浮上中
ポケモン社は、他社ゲームに関する問い合わせについて声明を発表した。1月に発売した他社のゲームを巡って「ポケモンに類似している」などの問い合わせが相次いでいるという。(2024/1/25)

ポケモンセンターがピカチュウのフェイスポーチやぬいぐるみ付きチョコ、1月20日発売
ポケモンセンターオンラインでは既に完売も。(2024/1/18)

ポケモンモチーフの京菓子がかわいい! 冬の行事とポケモンたちを再現 一部商品はオンライン先行販売を実施
「ポケモン上生菓子 冬」は抽選販売のみです。(2024/1/15)

野生のポケモンのようすがおかしい! 「ポケモンSV」で起きた珍現象に「怖いw」「ホラー映画すぎる」
大きな影が出現する瞬間が恐ろしすぎる……。(2024/1/15)

ポケモンユナイトに「コイキング」参戦 ピチピチ跳ねて高速移動する姿がシュールで人気に
頑張ってる感がすごい。(2024/1/3)

長毛種の猫2匹のケンカは“でんきタイプのポケモンバトル”!? すさまじい光景に「まさに火花散る」「発電機?」
10ニャンボルト!(2023/12/27)

原宿竹下通りのポケモンイベント主催が謝罪 使用イラストが他者の写真に酷似と指摘
イラストは複数の写真などを参考にして制作したとのこと。(2023/12/22)

App Storeの年間ランキング発表 「マイナポイント」や「ポケモンスリープ」が上位に
Appleが12月12日、2023年に日本のApp Storeで最も多くダウンロードされたアプリとゲームを発表した。無料アプリでは1位が「マイナポータル」、2位が「マイナポイント」。無料ゲームの1位には「Pokemon Sleep(ポケモンスリープ)」が入った。(2023/12/14)

「ポケモンスリープ」ユーザーは睡眠時間が約26分増加、睡眠改善に意欲も LINEヤフーが調査
LINEヤフーの提供する「ヤフー・データソリューション」が、睡眠ゲームアプリ「ポケモンスリープ」に関するレポートを公開。ユーザーの推定睡眠時間が約26分増加し、睡眠活動改善に関連する関心も高いことが分かった。(2023/12/13)

「ポケモンスリープ」で睡眠時間が26分増えた LINEヤフー、ビッグデータ分析結果を公表
LINEヤフーは13日、睡眠ゲームアプリ「ポケモンスリープ」のプレイヤーは、サービス開始後に睡眠時間が平均26分増えたとするリポートを発表した。(2023/12/13)

パルデア地方のポケモンやモンスターボールのチョコが作れる! クッキングトイ「チョコたま」に新作登場
ニャオハ、ホゲータ、クワックスなどの型が入った「パルデア地方のなかまたちセット」。(2023/12/13)

よみうりランドに「ポケパーク」 ポケモン社ら3社が発表 「世界中のファンが一緒に楽しめる空間を」
ポケモン社とよみうりランド、読売新聞東京本社は12日、「よみうりランド」内に「ポケパーク」を作ると発表した。(2023/12/12)

よみうりランドに「ポケパーク カントー」 「世界中のポケモンファンが楽しめる空間」
最初の地方名「カントー」とよみうりランドの立地にちなんで命名。(2023/12/12)

ポケモンカフェに「シャリタツの押しずし」新登場→“別の作品”を思わせるデザインに悲鳴「上昇負荷が……」
押しずしにシャリタツが隠れているイメージなのだけど……。(2023/12/12)

“ポケモンマスターを目指すやつ”みたいな子ども部屋がすてき 相棒はニャース(日本のすがた)?
10歳の誕生日を迎えた朝に冒険が始まりそう。(2023/12/9)

「乗るなエース 戻れ!」 『ONE PIECE』の名場面をポケモンで“完全再現”したバトルが「完璧すぎる」と話題
取り消せよ……今の言葉……!(2023/12/8)

ポケモンGOの浅草イベントが楽しい 「巨大絵巻」に人力車ならぬ「カイリキー車」も 現地の盛り上がりは?
東京・浅草で、スマートフォンゲーム「ポケモンGO」のリアルイベントが12月10日まで開催されています。ゲーム内の“公式ルート”を辿ると、浅草観光も満喫できるようなイベントでした。(2023/12/2)

何で分かるの? そっくりな「ピカチュウ」のぬいぐるみを見分ける母とのLINEがじわじわくる
愛を感じるやり取り。(2023/12/1)

【松本梨香】11月30日は55歳の誕生日 声優デビューは1988年放送の「おそ松くん」松野チョロ松役【2023年】
歌手として「ポケモン」シリーズの主題歌も担当。(2023/11/30)

ポケモンスリープに新曲「ピカチュウのこもりうた」登場 【歌詞の全文書き起こしあり】
ポケモン社は、スマートフォン向け睡眠計測アプリ「Pokemon Sleep」(ポケモンスリープ)で「ピカチュウのこもりうた」を実装した。(2023/11/29)

ゲーム大会「ポケモン竜王戦」予選が中止 “意図しない挙動”発生 SV発売から約1年、いまだバグ消えず
ポケモン社は、ゲーム大会「ポケモン竜王戦2024 挑戦者決定戦」の開催を中止すると発表した。原因は、ゲーム内で不具合が発覚し、その原因調査と対応のため。(2023/11/28)

ポケモングッズ入り「ミスド福袋」12月発売 ドーナツ引換券はアプリで家族や友人とシェアできる
ミスタードーナツを運営するダスキンは27日、ポケモンのオリジナルグッズとドーナツ引換カードをセットにした「ミスド福袋」を12月26日から一部を除く全国の店鋪で販売すると発表した。(2023/11/27)

ポケモンコラボの「ミスド福袋」が今年も登場 カビゴンやヌオーがかわいいグッズ付きで12月26日発売
2400円から5900円まで3種類をラインアップ。(2023/11/27)

ミスドが「福袋2024」を発売、特徴は?
ダスキンが運営する「ミスタードーナツ」は、12月26日からポケモンとコラボした「ミスド福袋2024」を数量限定で販売する。ラインアップは、2400円、3600円、5900円の3種類。(2023/11/27)

大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
すごい身体能力!(2023/11/27)

「ポケモンGO」が浅草とコラボ 浮世絵風ポケモンが浅草をジャック!
ポケモンGO内の浅草エリアにはマップ風絵巻に描かれたポケモンが登場します。(2023/11/24)

ポケモンGOで“浅草イベント”25日から 現地では既に限定ポケストップ出現 ギフトも
25日から「『ポケモン GO』 浅草ルート八景」イベントが開催されますが、現地を訪ねたところ、既に限定ポケストップが出現していました。(2023/11/22)

ポケモン「ヤクデ」が座椅子になった! ひらたいフォルムやお尻の炎もしっかり再現
42段階のリクライニング機能付き。(2023/11/21)

ポケモン「アンノーン」が動くLINE絵文字に 「金・銀」発売から24周年の日に
ポケモン社は、LINE上で使える絵文字「動く!アンノーン絵文字」を発売した。(2023/11/21)

Galaxy Budsのポケモン「モンスターボール」デザインケース、Samsungオンラインショップで限定販売
サムスン電子は、Galaxy Budsシリーズのイヤフォンケース「Poke Ball Cover」をSamsungオンラインショップで限定販売。「ポケモン」のモンスターボールをデザインし、価格は4480円(税込み)。(2023/11/20)

「スリーパーかあ」「ピカチュウだよ」 夫婦の間で起きた“まさかのすれ違い”に「理解するまで時間がかかった」と混乱
おわかりいただけただろうか……。(2023/11/18)

ポケモンスリープのアンケート企画に不満噴出 「先着1万人にプレゼント配布」でGoogleフォームにアクセス集中、回答進まず【追記あり】
ポケモン社のスマートフォン向け睡眠計測アプリ「Pokemon Sleep」(ポケモンスリープ)が11月16日から実施しているアンケート企画に対し、ユーザーから不満の声が相次いで上がっている。(2023/11/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。