ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「株価」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「株価」に関する情報が集まったページです。

バブルの34年前とは「時価総額」も様変わり、上位10社を比べる
22日の東京株式市場で、日経平均株価がバブル経済期の平成元年12月29日のの水準を超え、史上最高値を更新した。同日時点の企業の値段を示す時価総額をみると、トヨタ自動車が57兆4450億円で圧倒的首位に立ち、上位10社には製造業から通信、アパレルまで幅広い業種が入った。(2024/2/23)

株価一時最高値も「好景気」実感できず、なぜ?
22日午前の東京株式市場で日経平均株価が平成元(1989)年12月の史上最高値(終値ベース)を一時、更新した。だが、バブル景気に沸いた34年前のような好景気の実感はない。(2024/2/22)

スピン経済の歩き方:
「株価がバブル超え!」と騒いでいるうちは、日本経済が上向かないワケ
株価上昇や春闘でベア獲得など、「大企業」「上場企業」に焦点を当てた報道が目立っている。しかし、このままでは残念ながら日本経済が上向くことはない。残る利益アップの道は……。(2024/2/21)

本来は減税が有効策:
株価はバブル肉薄! 専門家「ますます消費は悪化する」
16日の東京株式市場は米株高を好感して買われ、日経平均株価は午前9時7分現在、前日終値比701円63銭高の3万8859円57銭と大幅続伸して取引された。(2024/2/17)

証券業界の合い言葉は「38915」 どういう意味?
16日の東京株式市場の日経平均株価は続伸した。上げ幅は一時700円を超え、終値ベースで史上最高値を付けたバブル経済期の平成元年12月29日の3万8915円87銭に50円程度までに迫る場面もあった。(2024/2/17)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
“時代の寵児”から転落──ワークマンとスノーピークは、なぜ今になって絶不調なのか
日経平均株価が史上最高値の更新を目前に控える中、ここ数年で注目を浴びた企業の不調が目立つようになっている。数年前は絶好調だったワークマンとスノーピークが、不調に転じてしまったのはなぜなのか。(2024/2/16)

所属VTuberが契約解除で、ANYCOLOR「業績への影響は極めて軽微」と発表 株価は下落続く
VTuberグループ「にじさんじ」を運営するANYCOLORは、VTuber・Selen Tatsukiさんとの契約解除について、同社の業績に与える影響は極めて軽微であると発表した。(2024/2/7)

古田拓也「今さら聞けないお金とビジネス」:
不正発覚しても、なぜトヨタの株は暴落しないのか
2024年に入って、トヨタグループ各社で不祥事が発覚し、その信頼性が揺らぐ事態を招いている。世界的な自動車グループの不正といえば、15年に発覚したドイツのフォルクスワーゲン社による排ガス不正問題が記憶に新しいが、トヨタグループは比較的、株価に影響がないようだ。なぜこのような差が生まれているのか、(2024/2/2)

現状の株高は「バブル」なのか? SNS上では極端な見方が散見
日本株の強さが際立っている。日経平均株価は一時、1990年代のバブル経済崩壊後の高値を超えて3万6000円台を記録した。(2024/2/1)

バブル期のNTT超え:
トヨタ株、時価総額が日本企業で歴代最大に 背景に何が?
東京株式市場では、日経平均株価が史上最高値を更新するのかどうかが話題だが、個別株は一足先に「バブル超え」を果たした。トヨタ自動車の株式時価総額が23日、終値ベースで48兆7981億円に達し、バブル期の1987年にNTTが付けた記録を上回って日本企業の歴代最大を更新した。(2024/1/24)

金融庁、SBI証券に一部業務停止命令 IPOの株価操作で
金融庁は、SBI証券に対し一部業務停止命令と業務改善命令の行政処分を行った。SBI証券が引受主幹事を務めた3銘柄の新規上場株式(IPO)において、初値を釣り上げるなど株価を操作したとされる。(2024/1/12)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「バブル超え」なるか 日経平均“34年ぶり高値”を市場が歓迎できないワケ
日経平均株価が3万5000円に達し、バブル経済後の最高値を連続で更新し続けている。バブル期の史上最高値超えも射程圏内に入ってきたが、ここまで株価が高くなっている点について懸念の声も小さくない。(2024/1/12)

新NISA元年、デフレ脱却期待で“日本買い”株価4万円予測も 懸念は?
10日の東京株式市場の日経平均株価は大幅続伸し、前日比678円54銭高の3万4441円72銭で取引を終えた。バブル経済崩壊後の最高値を2日連続で更新した。市場関係者に展望を聞くと……。(2024/1/10)

バブル期の史上最高株価、年内に超える可能性
10日の東京株式市場で日経平均株価の終値は、前日比678円54銭高の3万4441円72銭だった。バブル経済崩壊後の最高値を2日連続で更新した。専門家の間では、年内にも日経平均がバブル期の史上最高値(3万8915円)を更新するとの観測も広がっている。(2024/1/10)

大和証券グループ本社・中田誠司社長「株価4万円でデフレ脱却象徴も」
日本は、特定指標の動きに連動した成果を目指すパッシブ運用が中心だった。これからは、運用の高度化と商品の多様化が必要になる。(2023/12/22)

AI・機械学習の用語辞典:
移動平均(Moving Average)とは? SMA/WMA/EMAの違い
用語「移動平均」について説明。時系列データ(例: 株価)を平滑化すること、具体的には一定期間(例:5日間)の平均値を計算することをデータポイントごとに繰り返し、計算後の一連の平均値を線でつなぐこと(移動平均線)。データの長期的な傾向や短期的な動きを把握するのに役立つ。(2023/12/21)

SBI証券、IPOめぐる株価操作報道に「認識している事実ではない」
ネット証券大手のSBI証券は13日、IPO銘柄を巡り不適切な注文を受託していたとする一部報道について「認識している事実ではない」とした。(2023/12/13)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
“元ボロ株”さくらインターネット、株価50倍の衝撃 「ここにきて急成長」のワケ
日本におけるデータの主権をリードする民間企業として知名度を急拡大させている「さくらインターネット」だが、実は元“ボロ株”。15年ほど前は40円程度で取引されており、いまいち「パッとしない」銘柄扱いだった。当時と比べ現在の株価は実に50倍以上。一流の米国株並みの成長を誇る。なぜ「今さら」、さくらインターネットに注目が集まっているのだろうか。(2023/12/8)

さくらインターネットの株価急伸 ガバメントクラウド入りで注目
さくらインターネット株が急伸している。11月27日に1200円だった株価は、、28日に値幅制限いっぱいの1500円まで上昇。29日の始値は1880円で、午前10時40分現在1900円まで上がり、2日連続のストップ高となった。(2023/11/29)

石川温のスマホ業界新聞:
中国、政府機関や国有企業で「iPhone使用制限」――ファーウェイへの禁輸措置でアメリカ企業が苦境に
中国が、政府機関や国有企業に対する「iPhone使用禁止」を拡大するとの報道があった。その影響で、Appleの株価は連日続落する結果となった。Appleにとって、非常に重要な市場の1つである中国だが、今後どうなっていくのだろうか……?(2023/9/17)

有名企業400社就職率ランク ベスト10の大半が難関大、1位は?
今回は「有名企業400社実就職率ランク」を見ていこう。有名企業400社とは、日経平均株価採用企業225社に規模や知名度、大学生の人気度をもとに大学通信が選んだもの。トヨタ自動車やソニー、三菱UFJ銀行など、いわゆる大企業をイメージしてほしい。(2023/9/16)

時価総額1000億円減:
保険不正のネクステージ、株価急落で報道機関に「法的措置を検討」
ビッグモーターでの発覚を機に、中古車販売業界で不正が相次いで発覚。時価総額1000億円以上の損失を出したとして、ネクステージが、報道機関や取材協力者らに「法的措置を検討する」と声明を発表した。(2023/9/15)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
株価下落は序章? 米国債の格下げで日本が大ダメージを受けるワケ
世界で最も安全な国債として今まで一度もデフォルト(債務不履行)になったことがない米国債。12年ぶりに発生した米国債の格下げが、世界経済に大きな影響を及ぼし、株価急落を招いた。この格下げ、日本にも大きな影響を及ぼすと考えられる。(2023/8/4)

AIに真剣に向き合うときが来た?【前編】
「ChatGPT」を恐れてはいけない? ある発言であらわになった評価の分け目
AI技術はビジネスにさまざまなメリットをもたらす半面、リスクを内包する。例えば、「ChatGPT」への言及が理由で株価が急落した企業がある。何が問題だったのか。(2023/7/19)

結局のところ「株価に影響する人的資本指標」とは何なのか
開示義務化で人的資本経営への取り組みを強化する企業が増えている。各社がさまざまな取り組みを実施しているが、中でも企業価値向上につながるのはどのような指標なのか。(2023/7/11)

日本郵政が約850億円の特別損失を計上へ 楽天グループの株式で「評価損」を認識
日本郵政が、業務資本提携を締結している楽天グループの株式の減損処理をすることになった。楽天グループの株価は、モバイル事業の苦戦もあって低迷が続いている。今後もこの状況が続く場合は、さらなる減損処理や業績面での影響が生じる可能性もある。(2023/6/30)

ChatGPTの「リスク」を警戒する経営者【後編】
「ジェネレーティブAI」(生成AI)はチャンスなのか、リスクなのか?
生成AIは業界や業種の壁を越えて、企業に価値を生成する。長期的にはビジネスのプロセスを変革する可能性を秘めているが、リスクを理解しなければサービスの内容や株価に悪影響を与えかねない。(2023/6/23)

ChatGPTの「リスク」を警戒する経営者【中編】
「ChatGPT」が理由でひどい事態に 株価を38%下落させたCEOの発言
「ジェネレーティブAI」(生成AI)をビジネスに使えば収益を拡大できる可能性がある。ただし自社のビジネスと生成AIとの関連について不用心な発言をすれば、金融市場で手痛い仕打ちを受ける可能性がある。(2023/6/16)

人的資本のガイドライン:
「ISO30414取得」発表日には株価16%上昇──他にもあった「大きなメリット」とは 日本初の認定企業に聞く
人的資本の情報開示義務化を受け、多くの企業が開示を見越した取り組みを始めている。国外にも目を向けると、開示のための国際的なガイドライン「ISO30414」の認証を受けた企業が注目されている。認証を受けたことで、どのようなメリットがあったのか。また、どんなステップを踏んで認証に至ったのか?(2023/6/15)

MRデバイス「Apple Vision Pro」でUnity株価が17%アップか Appleは急降下
米Appleが同社初のMRヘッドセット「Apple Vision Pro」(Unity製アプリ対応)を発表してから、米Unity Technologiesの株価が跳ね上がっている。(2023/6/6)

Apple株下落 MRヘッドセット「Vision Pro」発表後に 「価格高すぎ」が悪材料か
MRヘッドセット「Apple Vision Pro」を発表した米Apple。SNSなどで話題になっている一方で、株価は下落している。(2023/6/6)

天国から地獄に:
11季ぶりリーグ優勝逃し、株価3割超下落 独サッカー「ドルトムント」運営元
ドイツのプロサッカーリーグ1部ブンデスリーガの「ドルトムント」運営元の株価が急落している。リーグ最終節で、前節まで首位だった同クラブは2位に終わり、2011-12シーズン以来11季ぶりの優勝を逃していた。(2023/5/30)

NVIDIA株急伸、一夜で時価総額27兆円増加 AIゴールドラッシュの“ショベル”製造企業に
GPUなどを開発する米NVIDIAの株価が5月24日夜に急伸した。時間外取引で終値305.38ドルから390ドルまで約26%上昇した。AI向けGPUの需要好調が要因だ。(2023/5/25)

AI生成? 「ペンタゴンで爆発」画像で株価下落 Twitterで青バッジアカウント複数が投稿
Twitter上で一時「ペンタゴンで爆発があった」とする画像付きツイートが拡散した。この画像はAIによって生成された可能性が高いと指摘された。ツイートは数時間で削除されたが、この影響で株式市場は一時下落した。(2023/5/23)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
“オワコン扱い”だったのになぜ? 三菱重工の決算が「絶好調」な理由
MRJの撤退を正式に発表したことで、三菱重工の株価は一時的に下落。ちまたでも「オワコンだ」などと厳しいレッテルを貼られていたが、蓋を開ければ決算は絶好調そのものだった。どういうことなのか?(2023/5/19)

公開価格は1400円:
楽天銀行の株価が好調 一時2000円超え 東証プライム上場後の最高値更新
東京証券取引所のプライム市場に上場した楽天銀行の株価が好調だ。同社株の4月24日の終値は1988円だった。同日午前の取り引きでは一時2016円となり、上場後の最高値を更新した。(2023/4/24)

SBI証券、米国株のリアルタイム株価情報を無料提供 全銘柄の業績・財務情報も
SBI証券は4月6日、米国株および米国株価指数のリアルタイム株価情報を4月8日から無料で提供すると発表した。これまで米国株アプリとサイトの一部画面で提供していたが、外国株の個別銘柄画面、取引画面でも株価や板情報を閲覧できるようにする。(2023/4/6)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
株価が急上昇! 最先端の米医療ビジネスは何がすごい?
米国で、医療ビジネスに大きなビジネスモデルの変革の波が訪れている。この記事では、「通院・相談に勇気がいる分野」を主戦場に急成長したベンチャー企業に着目し、巨大な市場で勝ち抜くヒントを解説する。(2023/4/6)

国内陣営が買収:
東芝株が急騰、一時6.4%高に 買収提案受諾で好感
経営再建中の東芝の株価が好調だ。3月24日午前の株式市場で一時、前日比270円高(+6.4%)の4483円を付けた。(2023/3/24)

お祭りムードに:
「村神様」覚醒が株価にも影響? ヤクルト株上昇
第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝で、「侍ジャパン」が米国代表を3対2で破り14年ぶりの優勝を果たした。侍ジャパンの村上は本試合で初アーチとなるソロホームラン、前日のメキシコ戦では逆転サヨナラ打を放った。そんな「村神様」効果が、ヤクルトの株価にも影響しているようだ。(2023/3/22)

eMAXIS Slim米国株式、信託報酬を値下げ 競合に追随
三菱UFJ国際投信は3月15日、米国株価指数連動のインデックスファンド「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の信託報酬を引き下げると発表した。(2023/3/16)

H3ロケット、打ち上げ失敗 三菱重工の株価暴落
宇宙航空研究開発機構(JAXA)が三菱重工業やIHIと開発を進める、次世代国産ロケット「H3」の3月7日の打ち上げが失敗した。発射はうまくいったが、2段目のエンジンの着火が確認されず、破壊信号を出した。(2023/3/7)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「ホロライブ」運営のカバー、上場で時価総額1000億円超えの可能性も? “UUUM化”回避がカギ
「ホロライブ」のカバーが3月27日に上場する。先に上場した同業のエニーカラーは、上場以降も順調に株価を高めて時価総額は1400億円以上にも達している。順調に見えるVTuberビジネスだが、「死角」はないのか。(2023/2/24)

LINE証券、「TradingView」導入 無料でリアルタイム株価表示
LINE証券は1月19日、リアルタイム株価で日本株のチャートを表示できる「TradingView」を導入したと発表した。口座開設者はWebから無料で利用できる。ネット証券では初。(2023/1/19)

エーザイ株が急騰、一時750円高に アルツハイマー治療薬の米国承認影響か
製薬大手エーザイの株価が急騰し、一時749円高となる一幕があった。同社などが開発したアルツハイマー病の治療薬が米国で迅速承認されたことが背景にあるとみられる。最終的に同社の終値は1株8541円(前日比394円高)となった。(2023/1/10)

Tesla、発表した納車台数が予想に届かず株価がさらに下落
Teslaは2022年通年と第4四半期の車両生産、納車台数を発表した。第4四半期の納車台数は過去最高だったがアナリスト予測には届かなかった。同社の株価は一時前営業日比14%下落した。(2023/1/4)

米Tesla株急落 年初から7割下落 トヨタ3社分の時価総額吹き飛ぶ
米Teslaの株価が急落している。12月27日(現地)の取引で11.4%急落。年初からは69.93%下落した。(2022/12/28)

Twitter、「$ティッカー」や「$仮想通貨名」で価格チャート表示が可能に
Twitterが新機能として、上場企業の株価チャートや仮想通貨の価格を簡単に表示できるようにした。ティッカーシンボルや仮想通貨の名称などの前に「$」を付けて検索すると、シンボルの価格チャートが表示される。(2022/12/23)

厳しさを増す投資家の目線:
CO2削減が企業評価と株価に直結 環境経営コンサルのトップに聞いた
CO2排出量の削減度合いが投資家の企業評価につながり、株価にも影響する時代が到来した。環境経営コンサルティングビジネスが売り上げを大きく伸ばしている。環境経営のコンサルティングを手掛けるブルードットグリーンのトップに、気候変動コンサルの現状と課題を聞いた。(2022/11/11)

株価が下落すると利益 PayPay運用にインバース型の「逆チャレンジコース」
「PayPayポイント運用」に、株式相場場が下落すると値上がりする「逆チャレンジコース」が登場(2022/11/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。